技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

未利用熱の有効活用技術とエネルギーおよびコストの削減効果

未利用熱の有効活用技術とエネルギーおよびコストの削減効果

~機器・システム開発と導入事例からの検証~
東京都 開催

開催日

  • 2014年7月10日(木) 10時00分 16時05分

受講対象者

  • 産業廃熱・工場廃熱の有効活用に関連する技術者

プログラム

【第1部】 第二種吸収ヒートポンプによる蒸気の生成と活用効果

(2014年7月10日 10:00〜11:00)

荏原冷熱システム (株) 冷凍機藤沢工場 冷凍機設計室 副参事
福住 幸大 氏

 工場から排出される排熱のうち、特に100℃以下の温水を有効利用するため、第2種吸収ヒートポンプによって排熱を昇温し、蒸気を発生する技術を紹介する。単段昇温サイクルと多段昇温サイクル (NEDOのプロジェクトで早稲田大学と共同開発中) 、また蒸気エゼクタと組み合わせたシステム (東京ガス、三浦工業と共同開発) について説明し、実証試験についても触れる。

  1. 排熱の現状と開発経緯
  2. 吸収ヒートポンプ式蒸気発生装置の導入イメージ
  3. 第2種吸収ヒートポンプサイクル (単段昇温) の説明
  4. 吸収ヒートポンプの特徴
    • 省エネ
    • コスト削減
    • 環境性能
  5. 吸収ヒートポンプの製品仕様例
  6. 吸収ヒートポンプの環境負荷低減効果
  7. 多段昇温吸収ヒートポンプサイクルの動作原理、単段サイクルとの比較
  8. 2段昇温吸収ヒートポンプの開発事例 (NEDO)
  9. 2段昇温吸収ヒートポンプの運転試験結果 (NEDO)
  10. 3段昇温吸収ヒートポンプの開発事例 (NEDO)
  11. 3段昇温吸収ヒートポンプの運転試験結果 (NEDO)
  12. 蒸気エゼクタと吸収ヒートポンプを組合せたシステムの原理、適用例
  13. 蒸気エゼクタと吸収ヒートポンプを組合せたシステムの特徴、仕様例、経済性
  14. 蒸気エゼクタと吸収ヒートポンプを組合せたシステムの導入事例紹介

【第2部】 水熱源を用いたヒートポンプによる未利用熱利用の活用効果

(2014年7月10日 11:10〜12:10)

ゼネラルヒートポンプ工業 (株) 再生可能エネルギー研究所所長 常務取締役
NPO法人地中熱利用促進協会 理事
地下水・地下熱資源活用強化研究会 副理事長
柴 芳郎 氏

 未利用熱はいままであまり利用されていなかった熱であり、これを有効活用する場合にヒートポンプ技術を用いることにより様々な熱利用が可能となる。
 省エネ、省ランニングコストのシステムが構築可能であり、徐々にこのような未利用熱を利用したヒートポンプシステムが市場に導入されてきている。

  1. ヒートポンプで利用できる未利用熱
    1. 地中熱の利用方法
    2. 地下水の利用方法
    3. 温泉熱の利用方法
    4. 下水熱の利用方法
  2. 未利用熱の有効性の原理
    1. 温度の違いによるヒートポンプ効率の違い
    2. 熱回収 (冷却・加熱同時) の原理
  3. 未利用熱利用ヒートポンプシステムの導入事例
    1. 地中熱の導入事例
    2. 地下水の導入事例
    3. 温泉熱の導入事例
    4. 下水熱の導入事例

<休憩・昼食>

【第3部】 小型蒸気発電機や小型バイナリ―発電による中低温排熱の活用

(2014年7月10日 13:00〜14:00)

神鋼リサーチ (株) 産業戦略事業本部 主席研究員
上原 一浩 氏

 スクリュ式小型蒸気発電機およびその派生製品であるスクリュ式バイナリ発電装置を中心に中低温排熱の活用事例を紹介する。

  1. 蒸気発電システム
  2. スクリュ式小型蒸気発電装置
  3. バイナリ発電システム
  4. ランキンサイクル
  5. カリーナサイクル
  6. タービンの種類
  7. 小型バイナリ発電システム
  8. 低位熱発電システムの事例紹介

【第4部】 排熱回収式ヒートポンプによる高温水の生成と活用効果

(2014年7月10日 14:10〜15:10)

東京電力 (株) 技術統括部 技術開発センター エネルギー変換技術G
スペシャリスト (熱エネルギー利用技術)
梅沢 修一 氏

 ヒートポンプメーカと共同で開発した排熱回収ヒートポンプを工場の生産工程に導入した。省エネ等の活用成果について報告する。

  1. ヒートポンプ
  2. 排熱回収
  3. 省エネルギー
  4. 高温
  5. 生産工程

【第5部】 ソニーにおける未利用熱の有効利用によるエネルギー・コスト削減効果

(2014年7月10日 15:20〜16:05)

ソニーコーポレートサービス (株) 総務シェアード部門 ファシリティ&セーフティ部
エネルギーソリューション課 統括課長
工藤 千寿 氏

 下水熱を空調に活用し電気料金だけでなく水道代の低減に効果を上げているソニー本社、大気熱を冷却に利用しているソニーセミコンダクタ (株) 熊本テクノロジーセンターなどソニーグループで取り組んでいる未利用熱の有効利用について設備の概要や運用を紹介する。

  1. ソニーシティ (ソニー本社) による、下水熱を利用した熱源・空調
  2. ソニーセミコンダクタ熊本テックによる、空気熱を利用した冷却 (フリークーリング)

※講師・内容は予告なく変更することがあります。予めご了承ください。

講師

  • 福住 幸大
    荏原冷熱システム(株) 冷凍機藤沢工場 冷凍機設計室
    副参事
  • 柴 芳郎
    ゼネラルヒートポンプ工業(株)
    常務取締役 営業本部長
  • 上原 一浩
    (株)神戸製鋼所 機械事業部門 開発センター 開発企画室
    室長
  • 梅沢 修一
    東京電力(株) 技術統括部 技術開発センター エネルギー変換技術G スペシャリスト (熱エネルギー利用技術)
  • 工藤 千寿
    ソニーコーポレートサービス(株) 総務シェアード部門 ファシリティ&セーフティ部 エネルギーソリューション課
    統括課長

会場

連合会館

4階 402

東京都 千代田区 神田駿河台三丁目2-11
連合会館の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 45,000円 (税別) / 48,600円 (税込)
複数名
: 35,000円 (税別) / 37,800円 (税込)

割引特典について

S&T出版からの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。

  • STbook会員登録を希望する
    • 1名 42,500円 (税別) / 45,900円 (税込)
    • 複数名 32,500円 (税別) / 35,100円 (税込)
  • STbook会員登録を希望しない
    • 1名 45,000円 (税別) / 48,600円 (税込)
    • 複数名 35,000円 (税別) / 37,800円 (税込)
本セミナーは終了いたしました。

関連する出版物

発行年月
2018/3/30 熱利用技術の基礎と最新動向
2018/2/26 再生可能エネルギーと大型蓄電システムの技術と市場
2018/2/23 2018年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2017/11/17 2018年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2017/9/29 触媒からみるメタン戦略・二酸化炭素戦略
2017/9/22 2017年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望
2017/8/25 2017年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2017/7/21 2017年版 スマートコミュニティ市場の実態と将来展望
2017/5/26 2017年版 HEMS市場・関連機器の実態と将来展望
2017/3/24 2017年版 スマートエネルギー市場の実態と将来展望
2017/2/24 2017年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2017/1/27 2017年版 太陽光発電市場・技術の実態と将来展望
2016/11/16 2017年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2016/9/23 2016年版 スマートハウス市場の実態と将来展望
2016/8/26 2016年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2016/7/22 2016年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望
2016/5/27 2016年版 スマートコミュニティ市場の実態と将来展望
2016/2/26 2016年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2016/1/29 2016年版 太陽光発電市場・技術の実態と将来展望
2015/12/18 2015年〜2016年版 電力自由化市場総覧 (2016年 新春号)