技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

在宅でのCDTM (共同薬物治療管理) の実践と薬局・薬剤師の次世代モデル

在宅でのCDTM (共同薬物治療管理) の実践と薬局・薬剤師の次世代モデル

東京都 開催 会場 開催

開催日

  • 2013年5月31日(金) 13時00分 17時00分

プログラム

1. 新たな薬局薬剤師の役割

(2013年5月31日 13:00〜13:55)

国際医療福祉総合研究所長
国際医療福祉大学大学院 教授
武藤 正樹 (むとう まさき) 氏

 団塊の世代が後期高齢者となる2025年へ向けて、医療と介護のあるべき姿をめぐる議論が、社会保障制度改革国民会議の中で進んでいる。2025年への向けてのあるべき姿への推進エンジンは2つ、診療報酬改定・介護報酬改定と医療計画・介護保険事業計画である。2012年の同時改定、そして2013年より始まる新医療計画が、そのスタートを告げる号砲でもある。
 さて保険薬局は今、時代の追い風をうけて調剤報酬バブルの時期と言ってもよい。しかしこのバブルも次の報酬改定でははじけるかもしれない。いまこそ、保険薬局の次なる新モデルを打ち出す時機だ。
 本セミナーでは次世代モデルの薬剤師と薬局モデルを一緒に考えてみよう。

  1. 在宅医療と薬剤師
  2. 医療計画と薬局・薬剤師
  3. 共同薬物治療管理 (CDTM)
  4. 地域包括ケアシステムと薬剤師
  5. 終末期ケア連携と薬剤師

2. 超高齢社会に求められる薬局・薬剤師像

(2013年5月31日 14:00〜14:55)

ファルメディコ株式会社 代表取締役社長
狭間 研至 (はざま けんじ) 氏

 医療崩壊に対する解の一つは、社会資源としての薬局・薬剤師の活用と、多職種連携・情報共有による医療の全体最適である。在宅医療と薬局運営・薬剤師教育での経験をもとに、これからの薬局・薬剤師のあり方について述べる。

  1. 社会資源としての薬局・薬剤師
  2. 薬学教育6年制がもたらすもの
  3. 薬剤師に必要な「謎解き力」
  4. 共同薬物治療管理という新たな連携
  5. 薬剤師のパラダイムシフト

3. 地域医療計画と薬局

(2013年5月31日 15:00〜15:55)

社団法人東京都薬剤師会 会長
山本 信夫 (やまもと のぶお) 氏

 2013年4月より、新たな参酌標準に基づく地域計画がスタートした。新たな計画では、今後急速に進行する超高齢社会に適切に対応可能な、地域医療提供体制の在りようについて、様々な医療職種の連携を進めて過不足なく地域への医療が提供できるよう「地域包括ケア・システム」という概念が提言されている。
 この考え方の中では、これまで以上に地域の薬局・薬剤師に大きな期待が寄せられていると認識している。そこで、地域医療計画の中で求められる役割に的確に対応できる薬局の姿について考えてみたい。

  1. 地域医療計画と地域薬局
  2. 地域薬局への期待と担う役割
  3. 多職種との連携・協働の推進
  4. 安心・安全な薬物治療継続に向けたチーム医療の確保

4. 地域連携によるCDTMの実践に向けて

(2013年5月31日 16:05〜17:00)

日本大学薬学部 実践薬学系 医療コミュニケーション学研究室 教授
亀井 美和子 (かめい みわこ) 氏

 在宅医療は地域の複数機関の多職種連携による患者の治療支援の仕組みである。CDTMとして、職種共通の役割、職種固有の役割を明確にし、 治療への関わり方を予め決めておくことで、各職種の訪問がより有益になる。異なる施設間のCDTMについて検討する。

  1. 疾病管理とCDTM
  2. CDTMに期待されるアウトカム
  3. 治療支援の取り組み事例
  4. 地域連携によるCDTMに向けた課題

講師

  • 武藤 正樹
    社会福祉法人日本医療伝道会衣笠病院グループ グループ本部
    相談役
  • 狭間 研至
    ファルメディコ株式会社
    代表取締役社長
  • 山本 信夫
    社団法人日本薬剤師会
    副会長
  • 亀井 美和子
    日本大学薬学部 実践薬学系 医療コミュニケーション学研究室
    教授

会場

SSK セミナールーム
東京都 港区 西新橋2-6-2 ザイマックス西新橋ビル 4F
SSK セミナールームの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 30,000円 (税別) / 31,500円 (税込)
複数名
: 25,000円 (税別) / 26,250円 (税込)

割引特典について

  • 複数名同時受講割引
    • 同一団体より複数ご参加の場合、2人目以降 26,250円(税込) で受講いただけます。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/2/25 医薬品モダリティのライフサイクルマネジメント (LCM戦略) オンライン
2022/2/25 ICH Q12をふまえた医薬品の適切な技術移転の実施、及び市販後の適切な変更管理の実施 会場・オンライン
2022/2/28 医薬品の不純物試験とその分析法バリデーション オンライン
2022/2/28 サプライヤ管理の考え方とサプライヤ監査のポイント 東京都 会場
2022/2/28 ライフサイエンス領域における医療トレンドとポストコロナビジネスに求められる対応手法 オンライン
2022/2/28 海外導入品における国内CMC申請のポイント オンライン
2022/2/28 ICH M7 (変異原性不純物) エキスパートレビュー、Q3C (残留溶媒) 、Q3D (元素不純物) 対応、ガイドライン徹底解説と最新情報 オンライン
2022/2/28 バイオ医薬品凝集体の分析手法と処方検討を含む評価事例の紹介 オンライン
2022/2/28 製薬企業におけるリアルワールドデータ分析手順とデータベースの特徴・組み合わせ オンライン
2022/3/3 医薬品ライフサイクルマネジメント 入門 オンライン
2022/3/4 医薬品の回収事例から見る品質トラブル発生要因への対応と承認書と記録の齟齬の回避策 オンライン
2022/3/7 欧州医薬品規制の基礎知識およびEMAの承認申請手続き オンライン
2022/3/8 ICH Q12 ガイドラインが求める医薬品開発における変更管理の実践 オンライン
2022/3/8 医薬品Cocrystal (共結晶) の設計による物性および製剤学的特性の改善 オンライン
2022/3/8 日本および海外における体外診断薬特許戦略 オンライン
2022/3/9 試験検査室管理におけるGMP対応の重点ポイント オンライン
2022/3/9 敗血症の病態・診断・治療の現状と求める診断・治療薬像 オンライン
2022/3/10 GMP製造所の業務を進めるうえで担当者が理解すべき必須知識・GMP基礎 オンライン
2022/3/11 初めての点眼剤開発 オンライン
2022/3/15 ラボにおける研究情報管理電子化とAI活用を見据えた管理方法 オンライン

関連する出版物

発行年月
2021/11/26 改正GMP省令で要求される「医薬品品質システム」と継続的改善 (書籍 + ebook版)
2021/11/26 改正GMP省令で要求される「医薬品品質システム」と継続的改善
2021/10/28 改正GMP省令をふまえた国内/海外ベンダー・サプライヤGMP監査 (管理) 手法と事例考察 (聞き取り・観察・着眼点) (製本版 + ebook版)
2021/10/28 改正GMP省令をふまえた国内/海外ベンダー・サプライヤGMP監査 (管理) 手法と事例考察 (聞き取り・観察・着眼点)
2021/10/11 抗ウイルス薬 (CD-ROM版)
2021/10/11 抗ウイルス薬
2021/9/22 パージファクター活用 (スコアリングと判定基準) 及びニトロソアミン類のリスク評価
2021/9/22 パージファクター活用 (スコアリングと判定基準) 及びニトロソアミン類のリスク評価 (書籍版 + ebook版)
2021/8/31 創薬研究者・アカデミア研究者が知っておくべき最新の免疫学とその応用技術
2021/8/26 薬事規制・承認審査の3極比較と試験立案・臨床データパッケージ/CMCグローバル申請
2021/8/26 薬事規制・承認審査の3極比較と試験立案・臨床データパッケージ/CMCグローバル申請 (製本版+ebook版)
2021/3/30 経験/査察指摘/根拠文献・規制から導く洗浄・洗浄バリデーション:判断基準と実務ノウハウ
2020/6/30 米国での体外診断用医薬品の開発/審査対応 実務集
2020/3/30 当局要求をふまえたデータインテグリティ手順書作成の要点
2020/3/24 リアルワールドデータの使用目的に応じた解析手法 - 各データベースの選択と組み合わせ -
2020/2/27 海外データ (試験施設) /海外導入品の信頼性基準適用と効率的なデータ利用・CTD申請
2020/1/30 凍結乾燥の最適な条件設定による品質の安定化 - ラボ機と生産機の性能の違いを反映させたスケールアップ -
2019/6/27 FDAが要求するCAPA導入の留意点
2019/6/27 EU GVP Module I /ISO9001要求をふまえたQuality Management System の実装と運用
2019/4/24 洗浄バリデーション実施ノウハウと実務Q&A集