技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

気象庁の防災情報発信に関する業務継続性の確保

気象庁の防災情報発信に関する業務継続性の確保

東京都 開催 会場 開催

開催日

  • 2012年3月15日(木) 15時30分 17時30分

プログラム

 気象庁では、大規模災害時でも防災気象情報を可能な限り平常時と同等な内容とするとともに、利用者へ確実に提供することについて、従前からシステム面・作業習熟面双方を重視し取り組んできたところです。東日本大震災では、気象庁の地方官署・施設において少なからず被害が生じましたが、この取り組みにより、国民・防災関係機関等に対する情報提供への影響を最小限に留めることができました。一方で、大震災で顕在化した課題もあり、課題解決に向けての検討をその後進めています。
 本講演では、気象庁の業務継続性確保の観点から、その基盤である情報通信システムそして防災気象情報の現状と今後の課題等について、東日本大震災等を例に交えつつ紹介します。

  • 1. 東日本大震災で気象庁に何が起こったか
  • 2. 気象庁における業務継続性確保のための取り組み
  • 3. 被災地域、被災者向け気象情報の提供強化
  • 4. 東日本大震災を教訓とした今後の課題と取り組み
  • 5. 質疑応答

講師

会場

SSK セミナールーム
東京都 港区 西新橋2-6-2 ザイマックス西新橋ビル 4F
SSK セミナールームの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 30,000円 (税別) / 31,500円 (税込)
複数名
: 25,000円 (税別) / 26,250円 (税込)
本セミナーは終了いたしました。

関連する出版物

発行年月
2022/11/30 次世代高速通信に対応する光回路実装、デバイスの開発
2021/2/26 高速・高周波対応部材の最新開発動向
2021/2/1 QMS (手順書等) ひな形 災害対策ガイドライン
2021/2/1 QMS (手順書等) ひな形 災害対策ポリシー
2021/2/1 QMS (手順書等) ひな形 災害時システム対策本部行動基準 (サイト毎)
2021/2/1 QMS (手順書等) ひな形 災害対策計画書 (サイト毎)
2020/6/11 5GおよびBeyond 5Gに向けた高速化システムおよびその構成部材
2019/1/29 高周波対応部材の開発動向と5G、ミリ波レーダーへの応用
2014/5/10 東芝 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/5/10 東芝 技術開発実態分析調査報告書
2014/4/25 2014年版 スマートコミュニティの実態と将来展望
2012/11/5 三星電子(サムスン電子) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2012/11/5 三星電子(サムスン電子) 技術開発実態分析調査報告書
2012/1/25 火災警報器 技術開発実態分析調査報告書
2012/1/15 免震・制震・耐震技術 技術開発実態分析調査報告書
2011/12/27 携帯機器用小形アンテナの高密度実装設計
2011/11/30 NTTグループ8社 (NTTを除く) 技術開発実態分析調査報告書
2011/10/20 岩手県の被災状況と復興に向けた次世代クラウド
2011/10/15 通信機器大手3社 技術開発実態分析調査報告書
2011/4/11 スマートメータシステム