技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

2015年版 電力自由化市場・関連技術の実態と将来展望

電力自由化市場予測・発電/送電/配電/蓄電/家庭 市場実態

2015年版 電力自由化市場・関連技術の実態と将来展望

~スマート・エネルギー ~ Electricity Deregulation編~

ご案内

 2016年4月の電力小売り全面自由化を控えて、先に自由化されている大口向け販売 (新電力) で事業者の勢力図に変化が起きています。大口向けで新電力勢いのシェアは2015年4月に約5.9%と過去最高を記録。新電力の中で首位のエネット(株)のシェアは約34%と下がり、2位以下が大きく伸びました。新電力による供給が広がっているのは、電力小売りの全面自由化が背景にあります。異業種からの新規参入企業は大口向けけ販売でノウハウを蓄積していきます。大手電力会社も供給エリア外での本格販売向けて、子会社の新電力を通じた販売を広げています。大口販売の全面自由化時代への前哨戦は、今後も厳しさを増しそうです。
 大手電力会社の送配電部門を分社化する「発送電分離」を2020年4月に行うことを義務付ける改正伝記事業法が2015年6月の参議院本会議で可決、成立しました。政府が進める電力システム改革の第3弾で、改革の総仕上げとなります。1951年から続いてきた大手電力会社による発電、送配電の地域独占が崩れ、さまざまな企業が発電や電力小売り事業に新規参入しやすくなります。政府は東日本大震災後、3段階で電力システム改革を進めてきました。まず今年4月に全国の電力需給を調整する「電力広域的運営推進機関」を設立、地域をまたぐ電力融通をしやすくしました。第2弾として、2016年4月に電力の小売りが全面自由化され、需要家が自由に電気の購入先を選べるようになります。

目次

序章 電力自由化の最新動向と将来

  • 1. 電力自由化の理論的な背景と動向
    • (1) 電力自由化の理論的背景
    • (2) 世界における電力自由化
    • (3) 日本における電力自由化
    • (4) 電気事業の概要について
    • (5) 電力自由化の最新関連動向
    • (6) 電気自由化の最新企業動向
    • (7) 東京電力の電力自由化戦略
    • (8) 電気自由化ビジネスの将来

第Ⅰ章 電力自由化の市場動向と展望

  • 1. 電力自由化市場の概況と動向
    • (1) 電力自由化と発電事業
    • (2) 電力小売り自由化の効果
      • ① 新電力参入事業者数推移 (グラフ)
      • ② 新電力事業実施者数推移 (グラフ)
      • ③ 新電力販売電力量推移 (グラフ)
      • ④ 総需要電力量・電力自由化分野電力量推移 (グラフ)
      • ⑤ 電力自由化分野・新電力販売電力量推移 (グラフ)
      • ⑥ 自由化分野に占める新電力販売量シェア推移 (グラフ)
      • ⑦ 新電力販売電力量シェア (グラフ)
      • ⑧ 新電力販売量事業者別推移 (グラフ・主要10事業者)
  • 2. 事業者別新電力販売量推移 (グラフ・上位20事業者)
    • (1) 株式会社 エネット
    • (2) 株式会社 F-Power
    • (3) 丸 紅 株式会社
    • (4) JX日鉱日石エネルギー 株式会社
    • (5) 日本テクノ 株式会社
    • (6) 日本ロジテック 協同組合
    • (7) オリックス 株式会社
    • (8) 新日鉄住金エンジニアリング 株式会社
    • (9) サミットエナジー 株式会社
    • (10) ミツウロコクリーンエネルギー 株式会社
    • (11) 昭和シェル石油 株式会社
    • (12) イーレックス 株式会社
    • (13) 伊藤忠エネクス 株式会社
    • (14) ダイヤモンドパワー 株式会社
    • (15) パナソニック 株式会社
    • (16) 一般社団法人 電力託送代行機構
    • (17) 出光グリーンパワー 株式会社
    • (18) 株式会社 トヨタタービンアンドシステム
    • (19) 東京エコサービス 株式会社
    • (20) 株式会社 CNOパワーソリューションズ
  • 3. 新電力実施事業者一覧表 (2015年4月・77事業者)
  • 4. 電力自由化関連企業の動向と展望 (主要20社)
    • (1) イーレックス 株式会社
    • (2) 出光グリーンパワー 株式会社
    • (3) 伊藤忠エネクス 株式会社
    • (4) 株式会社 エネット
    • (5) 株式会社 F-Powe
    • (6) オリックス 株式会社
    • (7) サミットエナジー 株式会社
    • (8) 株式会社 CNOパワーソリューションズ
    • (9) JX日鉱日石エネルギー 株式会社
    • (10) 昭和シェル石油 株式会社
    • (11) 新日鉄住金エンジニアリング 株式会社
    • (12) ダイヤモンドパワー 株式会社
    • (13) 一般社団法人 電力託送代行機構
    • (14) 東京エコサービス 株式会社
    • (15) 株式会社 トヨタタービンアンドシステム
    • (16) 日本テクノ 株式会社
    • (17) 日本ロジテック 協同組合
    • (18) パナソニック 株式会社
    • (19) 丸 紅 株式会社
    • (20) ミツウロコクリーンエネルギー 株式会社
      • 参考: 特定規模電気事業者一覧 (2015年6月・697事業者)
  • 5. 新電力販売電力量推移・予測
    • (1) 2015年新電力販売電力量
    • (2) 新電力販売電力量推移・予測 (グラフ)
    • (3) 新電力販売シェア推移・予測 (グラフ)

第Ⅱ章 発電システムの市場動向と技術

  • 1. 発電システムの概要と技術動向
    • (1) 発電の原理について
    • (2) 水力発電について
    • (3) 火力発電について
    • (4) 原子力発電について
    • (5) 新エネルギー導入の意義
      • 参考: 新エネルギー導入量 (経済産業省)
  • 2. 太陽光発電国内市場の動向と展望
    • (1) 太陽光発電 (メガソーラー) の概要と動向
    • (2) メガソーラーの設置・稼動動向 (表・1MW以上)
    • (3) メガソーラー市場の最新動向
    • (4) メガソーラー関連メーカーの動向
      • ① メガソーラー国内市場推移・予測 (出荷量)
      • ② メガソーラー国内市場推移・予測 (金額)
      • ③ メガソーラー向け架台国内市場推移・予測 (金額)
      • ④ メガソーラー向け架台国内シェア (2013~14年度)
      • ⑤ メガソーラー向けパワーコンディショナー国内市場・予測
      • ⑥ メガソーラー向けパワーコンディショナー国内シェア
      • ⑦ メガソーラー国内市場推移・予測 (金額・製品別)
  • 3. 風力発電国内市場の動向と実態
    • (1) 国内風力発電市場概況と動向
    • (2) 国内風力発電市場推移・予測 (グラフ)
      • ① 風力発電導入容量 (年別) 推移 (10kW以上)
      • ② 風力発電導入基数 (年別) 推移 (10kW以上)
      • ③ 風力発電導入容量 (累積) 推移 (10kW以上)
      • ④ 風力発電導入基数 (累積) 推移 (10kW以上)
      • ⑤ 風力発電国内導入量長期推移予測 (容量)
      • ⑥ 風力発電国内導入量長期推移予測 (基数
    • (3) 風力発電機メーカーシェア (国内)
      • ① 大型~小型風力発電機メーカーシェア (単年)
      • ② 大型~小型風力発電機メーカーシェア (累積)
      • ③ 大型~小型風力発電事業者国内シェア (累積)
  • 4. バイオマスエネルギーの動向と展望
    • (1) バイオマスエネルギーの概況と背景
    • (2) 海外の木質バイオマス動向
    • (3) 国内の木質バイオマス事例
      • 参考: バイオマス発電関連メーカーの動向 (表)
  • 5. コージェネレーション市場と技術動向
    • (1) コージェネレーションについて
    • (2) 政策におけるコージェネレーション
    • (3) 我が国におけるコージェネレーションの/普及状況
      • 参考: コージェネレーション設備の導入実績 (グラフ)

第Ⅲ章 送電・配電システムの動向と技術

  • 1. 送電・配電の概要と技術動向
    • (1) 送電システム概要と技術
    • (2) 配電システム概要と技術
  • 2. 国内スマートコミュニティの関連動向と展望
    • (1) スマートグリッド導入の意義
    • (2) 国内のスマートコミュニティ関連動向
      • ① スマートグリッド世界・国内市場推移予測 (金額・拠点)
      • ② スマートコミュイニティ国内市場推移・予測
  • 3. スマートグリッドの動向と展望
    • (1) スマートグリッドの目的と方法
    • (2) スマートグリッド構成市場の分類
  • 4. スマートグリッド国内市場の動向と展望
    • (1) スマートグリッド国内市場の業界構造
    • (2) スマートグリッド国内構成市場の概要
      • ① スマートグリッド国内構成市場予測
      • ② スマートグリッド構成市場構成比率 (グラフ)
    • (3) スマートグリッド国内構成市場別推移・予測
      • ① スマートメーター国内市場推移・予測/予測シェア
      • ② 電力効率・制御機器国内市場推移・予測/予測シェア
      • ③ 超伝導ケーブル国内市場推移・予測/予測シェア
      • ④ インバータ関連国内市場推移・予測/予測シェア
      • ⑤ 蓄電システム国内市場推移・予測/予測シェア
      • ⑥ 電圧調整関連機器市場推移・予測/予測シェア

第Ⅳ章 蓄電システムの市場動向と技術

  • 1. 大容量二次電池の種類と特徴
    • (1) リチウムイオン電池の特徴と種類
    • (2) 大型ニッケル水素電池 (Ni-MH) 電池の動向
    • (3) レドックス・フロー電池の動向
    • (4) NAS (ナトリウム硫黄) 電池の動向
  • 2. タイプ別二次電池世界市場推移・予測 (全体)
    • (1) タイプ別二次電池出荷数量推移・予測
    • (2) タイプ別二次電池出荷金額推移・予測
  • 3. タイプ別二次電池世界市場推移・予測 (個別)
    • (1) タイプ別二次電池世界市場推移・予測 (数量・金額)
    • (2) リチウムイオン電池世界市場推移・予測 (数量・金額)
    • (3) リチウムイオン電池世界メーカーシェア (数量・金額)
    • (4) タイプ別リチウムイオン電池市場推移・予測
    • (5) ニッケル水素電池世界市場推移・予測 (数量・金額)
    • (6) ニッケル水素電池世界メーカーシェア (数量・金額)
    • (7) タイプ別ニッケル水素電池世界市場推移・予測
    • (8) 用途別ニッケル水素電池世界市場推移・予測
    • (9) 鉛蓄電池世界市場推移・予測 (数量・金額)
    • (10) 鉛蓄電池世界メーカーシェア (数量・金額)
    • (11) 用途別鉛蓄電池世界市場推移・予測
    • (12) NAS (ナトリウム硫黄) 電池世界市場推移・予測 (数量・金額)
    • (13) レドックス・フロー電池世界市場推移・予測 (数量・金額)

第Ⅴ章 住宅用エネルギーシステムの動向と技術

  • 1. 住宅用エネルギーシステムの概要と動向
    • (1) HEMS (Home Energy Management System) の概要と動向
    • (2) BEMS (Bullding Energy Management System) の概要と動向
    • (3) HEMS・BEMS・FEMS・CEMSの無線化
    • (4) HEMSアライアンス (共同検討体制)
    • (5) 環境共創イニシアチブ (SII) について
    • (6) HEMS機器導入支援事業
    • (7) メーカー別・暦年別補助対象機器台数 (表)
      • ① HEMS世界/国内市場推移・予測 (台数・金額)
      • ② HEMS国内市場推移・予測 (台数)
      • ③ HEMS国内市場推移・予測 (金額)
      • ④ HEMS国内メーカーシェア (台数)
      • ⑤ HEMS国内市場推移・予測 (金額)
  • 2. スマートハウスの導入意義
    • (1) スマートハウスの背景と定義
    • (2) スマートハウスを活用する事業
    • (3) スマートハウス内のシステム構成
    • (4) スマートハウスの参入企業状況
      • ① スマートハウス世界/国内市場推移・予測
        • 参考: 電力自由化関連団体について

出版社

お支払い方法、返品の可否は、必ず注文前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本出版物に関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(出版社への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

体裁・ページ数

B5判 並製本 200ページ

発行年月

2015年7月

販売元

tech-seminar.jp

価格

70,000円 (税別) / 77,000円 (税込)

媒体と価格 (すべて税別)

印刷版 70,000円
CD-ROM (PDF) 70,000円
プレミアムCD-ROM (PDF + Excel) 90,000円
印刷版 + CD-ROM (PDF) 95,000円
印刷版 + プレミアムCD-ROM (PDF + Excel) 110,000円
データCD-ROM (Excelファイルのみ) 25,000円

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/5/24 地熱発電の最新動向と課題および普及拡大に向けた取り組みと技術開発 オンライン
2022/5/27 基礎・入門として学ぶ、サーマルデバイス技術 オンライン
2022/5/27 微生物燃料電池の基礎と応用および電気化学活性菌利用の最新動向 オンライン
2022/5/30 電気自動車をはじめとした次世代自動車の普及展望とLiB資源 (リチウム資源、コバルト資源) の今後 東京都 会場・オンライン
2022/6/2 バイオガスから新エネルギー オンライン
2022/6/7 ギ酸の合成技術と水素・エネルギーキャリアの可能性 オンライン
2022/6/9 ロシアによるウクライナへの軍事侵攻のエネルギー情勢への影響と原油価格、天然ガス価格見通し オンライン
2022/6/13 電気自動車をはじめとした次世代自動車の普及展望とLiB資源 (リチウム資源、コバルト資源) の今後 オンライン
2022/6/16 洋上風力発電における設備や部材の設計、騒音対策、国内外実用化の動き オンライン
2022/6/21 バッテリーマネジメント用リチウムイオン電池のインピーダンス測定の考え方 オンライン
2022/6/21 次世代キャパシタの基礎・応用・最新動向 オンライン
2022/6/23 CO2排出量の削減技術動向と火力発電における省エネ・高効率化技術 オンライン
2022/6/23 脱炭素におけるバイオマスの最新動向と今後のビジネス・チャンス オンライン
2022/6/24 水素キャリアおよび脱炭素燃料としてのアンモニア オンライン
2022/6/27 微生物を用いた発電、水素生産、有用物質生産 オンライン
2022/7/4 EVをはじめとした次世代自動車と電池資源 (リチウム、コバルト、ニッケル) の見通し オンライン
2022/7/28 水素貯蔵材料の基礎と今後の展望 オンライン
2022/8/31 脱炭素・再生可能エネルギー超大量導入時代の「エネルギー貯蔵」 オンライン

関連する出版物

発行年月
2022/2/18 2022年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2022/1/21 2022年版 太陽光発電市場・技術の実態と将来展望
2021/12/16 カーボンニュートラルに向けた中低温産業排熱の最新利用技術と実践例
2021/12/10 2022年版 スマートデバイス市場の実態と将来展望
2021/11/19 世界のカーボンニュートラル燃料 最新業界レポート
2021/9/17 2021年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望
2021/7/16 2021年版 スマートエネルギー市場の実態と将来展望
2021/4/30 世界の燃料電池・水素産業 最新業界レポート
2021/2/19 2021年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2021/1/22 2021年版 太陽光発電市場・技術の実態と将来展望
2020/12/11 2021年版 スマートデバイス市場の実態と将来展望
2020/11/13 2021年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2020/9/18 2020年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望
2020/5/22 2020年版 スマートエネルギー市場の実態と将来展望
2020/3/19 2020年版 スマート住宅市場・技術の実態と将来展望
2020/1/24 2020年版 太陽光発電市場・技術の実態と将来展望
2019/11/15 2020年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2019/9/20 2019年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望
2019/4/19 2019年版 スマートエネルギー市場の実態と将来展望
2019/1/25 2019年版 太陽光発電市場・技術の実態と将来展望