技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

育毛剤・発毛剤 技術開発実態分析調査報告書

特許情報分析 (パテントマップ) から見た

育毛剤・発毛剤 技術開発実態分析調査報告書

~テーマ別動向予測シリーズ~
育毛剤・発毛剤 技術開発実態分析調査報告書の画像

概要

本調査報告書は、「育毛剤・発毛剤」に関するパテントマップ、パテントチャートを作成し、技術開発動向、最近の注目技術など具体的なデータを提供しております。

ご案内

1. 調査目的

「育毛剤・発毛剤」に関する公開件数、発明者、および特許分類などに対し、時系列推移、技術分布図など様々な観点から分析したパテントマップおよび、パテントチャートを作成し、

  • (1). どの育毛剤・発毛剤関連企業にどのような技術の公開があるか、
  • (2). 各企業の技術開発動向はどのように推移しているか、
  • (3). 共同出願人間の連携状況はどのようになっているか、
  • (4). 最近注目の技術は何なのか、
  • (5). この技術分野に強い弁理士 (特許事務所) は誰か、
  • (6). 各企業がどの弁理士 (特許事務所) を利用しているか、
    等を明確にして、知財の現状に付き具体的データを提供し、今後の開発の指針決定に役立てようとするものである。

2. 特許情報の収集方法

 本調査報告書は、「育毛剤・発毛剤」に関する過去10年間 (国内公開日:2002年1月1日~2011年12月23日) に及ぶ公開特許について、「特許検索ASPサービスSRPARTNER」 ( (株) 日立システムズ 製) を使用し、検索、収集した。
 また、報告書作成には、パテントマップ作成支援ソフト 「パテントマップEXZ」 (インパテック (株) 製) を使用した。
 特許情報公報の総数は3,474件である。

3. 報告書の構成

本報告書は、以下の3つの部分から構成されている。

  • 1. パテントマップ編
    • A. 全般分析
    • B. 上位20出願人分析
    • C. 上位5出願人個別分析
    • D. 特定2社比較分析 (2位ライオン、4位花王)
    • E. 上位20特許分類分析
    • F. 特定特許分類分析
    • G. キーワード分析
      (発明の名称、要約、請求の範囲から抽出) においては、下記3グループの観点から分析を行った。
      • (1). 種類系キーワード (抗炎症剤、殺菌剤など9個)
      • (2). 成分系キーワード (アミノ酸、エタノールなど17個)
      • (3). 目的・効果系キーワード (安全性、脱毛防止など6個)
    • H. 直近2年間の動向分析 (2010年1月~2011年12月)
    • I. 弁理士 (特許事務所) の動向分析
  • 2. パテントチャート編
  • 3. 総括コメント

4. 本報告書の特徴

  • 「育毛剤・発毛剤」に関する最近10年間、さらには直近2年間 (最新月まで) の技術動向が 分かりやすく把握できる
  • 「育毛剤・発毛剤」分野に関連する弁理士 (特許事務所) の動静が読み取れる
  • パテントマップおよびパテントチャートで視覚的に理解しやすい
  • パテントマップViewer (添付ソフト) により、パテントマップおよびパテントチャートの当該部分に含まれる特許の詳細内容を調べることができる

パテントマップ実例、および本文中の実際のページ例


目次

はじめに

調査分析結果

1. パテントマップ編

  • A. 全般分析
    • A-1. 全体の技術開発ライフサイクル
    • A-2. 公開件数の推移 (年次と累計)
    • A-3. 出願人数の推移 (年次と累計)
    • A-4. 新規発明者数の推移 (年次と累計)
    • A-5. 新規FIメイングループ分類数の推移 (年次と累計)
    • A-6. 新規FIサブグループ分類数の推移 (年次と累計)
    • A-7. 新規Fターム分類数の推移 (年次と累計)
    • A-8. 出願人別公開件数ランキング (上位100)
    • A-9. 発明者別公開件数ランキング (上位50)
    • A-10. FIメイングループ分類別公開件数ランキング (上位50)
    • A-11. FIサブグループ分類別公開件数ランキング (上位100)
    • A-12. Fタームテーマコード分類別公開件数ランキング (上位50)
    • A-13. Fターム分類別公開件数ランキング (上位100)
    • A-14. 1位Fタームテーマコード (4C086) の技術分類別件数 (観点×数字)
    • A-15. 2位Fタームテーマコード (4C083) の技術分類別件数 (観点×数字)
    • A-16. 発明者別公開件数グロスランキング (上位20)
    • A-17. 出願人別参入・撤退状況 (最近40、公開件数5件以上)
    • A-18. FIメイングループ分類別出現・消失状況 (最近40、公開件数5件以上)
    • A-19. FIサブグループ分類別出現・消失状況 (最近40、公開件数5件以上)
    • A-20. Fターム分類別出現・消失状況 (最近40、公開件数5件以上)
    • A-21. 出願人別公開件数伸長率 (上位50、件数差5件以上)
    • A-22. 発明者別公開件数伸長率 (上位50、件数差8件以上)
    • A-23. FIメイングループ分類別公開件数伸長率 (上位50、件数差5件以上)
    • A-24. FIサブグループ分類別公開件数伸長率 (上位50、件数差5件以上)
    • A-25. Fターム分類別公開件数伸長率 (上位50、件数差7件以上)
    • A-26. FIメイングループ分類別発明者数伸長率 (上位50、発明者数差10名以上)
    • A-27. FIサブグループ分類別発明者数伸長率 (上位50、発明者数差20名以上)
    • A-28. Fターム分類別発明者数伸長率 (上位50、発明者数差40名以上)
  • B. 上位20出願人比較分析
    • B-1. 公開件数比較 (期間着目:2期間+全期間)
    • B-2. 公開件数の推移 (累計)
    • B-3. 共同出願人数の推移 (累計)
    • B-4. 新規発明者数の推移 (累計)
    • B-5. 新規FIメイングループ分類数の推移 (累計)
    • B-6. 新規FIサブグループ分類数の推移 (累計)
    • B-7. 新規Fターム分類数の推移 (累計)
    • B-8. 新規キーワード数の推移 (累計)
    • B-9. 上位20FIメイングループ分類との公開件数相関
    • B-10. 上位20FIサブグループ分類との公開件数相関
    • B-11. 上位20Fターム分類との公開件数相関
    • B-12. 上位2Fタームテーマコード分類における公開件数比較
    • B-13. 種類系キーワードとの公開件数相関
    • B-14. 成分系キーワードとの公開件数相関
    • B-15. 目的・効果系キーワードとの公開件数相関
    • B-16. 種類系キーワードとの発明者数相関
    • B-17. 成分系キーワードとの発明者数相関
    • B-18. 目的・効果系キーワードとの発明者数相関
    • B-19. 公開件数占有率
    • B-20. 公開件数の伸びと1位Fターム分類[4C086AA01]に関する構成率比較
    • B-21. 発明者数*FIサブグループ分類数の比較 (上位20)
  • C. 上位5出願人個別分析
    • C-1-1. 【アストラゼネカ】FIサブグループ分類別公開件数ランキング (上位50)
    • C-1-2. 【ライオン】FIサブグループ分類別公開件数ランキング
    • C-1-3. 【バーテクスPHARM】FIサブグループ分類別公開件数ランキング (上位50)
    • C-1-4. 【花王】FIサブグループ分類別公開件数ランキング (上位50)
    • C-1-5. 【ノヴァルティス】FIサブグループ分類別公開件数ランキング
    • C-2-1. 【アストラゼネカ】Fターム分類別公開件数ランキング (上位50)
    • C-2-2. 【ライオン】Fターム分類別公開件数ランキング (上位50)
    • C-2-3. 【バーテクスPHARM】Fターム分類別公開件数ランキング (上位50)
    • C-2-4. 【花王】Fターム分類別公開件数ランキング (上位50)
    • C-2-5. 【ノヴァルティス】Fターム分類別公開件数ランキング (上位50)
    • C-3-1. 【アストラゼネカ】FIサブグループ分類別公開件数の推移 (上位20、累計)
    • C-3-2. 【ライオン】FIサブグループ分類別公開件数の推移 (上位20、累計)
    • C-3-3. 【バーテクスPHARM】FIサブグループ分類別公開件数の推移 (上位20、累計)
    • C-3-4. 【花王】FIサブグループ分類別公開件数の推移 (上位20、累計)
    • C-3-5. 【ノヴァルティス】FIサブグループ分類別公開件数の推移 (上位20、累計)
    • C-4-1. 【アストラゼネカ】Fターム分類別公開件数の推移 (上位20、累計)
    • C-4-2. 【ライオン】Fターム分類別公開件数の推移 (上位20、累計)
    • C-4-3. 【バーテクスPHARM】Fターム分類別公開件数の推移 (上位20、累計)
    • C-4-4. 【花王】Fターム分類別公開件数の推移 (上位20、累計)
    • C-4-5. 【ノヴァルティス】Fターム分類別公開件数の推移 (上位20、累計)
    • C-5-1. 【アストラゼネカ】FIサブグループ分類別出現・消失状況 (最近40)
    • C-5-2. 【ライオン】FIサブグループ分類別出現・消失状況 (最近40)
    • C-5-3. 【バーテクスPHARM】FIサブグループ分類別出現・消失状況 (最近40)
    • C-5-4. 【花王】FIサブグループ分類別出現・消失状況 (最近40)
    • C-5-5. 【ノヴァルティス】FIサブグループ分類別出現・消失状況 (最近40)
    • C-6-1. 【アストラゼネカ】キーワード別出現・消失状況 (最近40、公開件数5件以上)
    • C-6-2. 【ライオン】キーワード別出現・消失状況 (最近40、公開件数5件以上)
    • C-6-3. 【バーテクスPHARM】キーワード別出現・消失状況 (最近40、公開件数5件以上)
    • C-6-4. 【花王】キーワード別出現・消失状況 (最近40、公開件数5件以上)
    • C-6-5. 【ノヴァルティス】キーワード別出現・消失状況 (最近40、公開件数5件以上)
    • C-7-1. 【アストラゼネカ】独自FIサブグループ分類別公開件数ランキング
    • C-7-2. 【ライオン】独自FIサブグループ分類別公開件数ランキング
    • C-7-3. 【バーテクスPHARM】独自FIサブグループ分類別公開件数ランキング
    • C-7-4. 【花王】独自FIサブグループ分類別公開件数ランキング
    • C-7-5. 【ノヴァルティス】独自FIサブグループ分類別公開件数ランキング
    • C-8-1. 【アストラゼネカ】独自キーワード別公開件数ランキング (上位50)
    • C-8-2. 【ライオン】独自キーワード別公開件数ランキング (上位50)
    • C-8-3. 【バーテクスPHARM】独自キーワード別公開件数ランキング (上位50)
    • C-8-4. 【花王】独自キーワード別公開件数ランキング (上位50)
    • C-8-5. 【ノヴァルティス】独自キーワード別公開件数ランキング (上位50)
    • C-9-1. 【アストラゼネカ】共同出願人との連携
    • C-9-2. 【ライオン】共同出願人との連携
    • C-9-3. 【バーテクスPHARM】共同出願人との連携
    • C-9-4. 【花王】共同出願人:0人
    • C-9-5. 【ノヴァルティス】共同出願人との連携
  • D. 特定2社比較分析 (2位ライオン、4位花王)
    • D-1. 2社の上位10FIサブグループ分類別公開件数の推移 (年次)
    • D-2. 2社のライオン上位10FIサブグループ分類別公開件数比較
    • D-3. 2社の花王上位10FIサブグループ分類別公開件数比較
    • D-4. 2社のFIサブグループ分類別出現・消失状況 (公開件数上位20)
    • D-5. 2社のFターム分類別出現・消失状況 (公開件数上位20)
    • D-6. ライオンの公開件数伸び変遷
    • D-7. 花王の公開件数伸び変遷
    • D-8. 2社とFターム分類 (上位20) との公開件数相関
    • D-9. Fターム分類別公開件数グロスランキング (上位10)
  • E. 上位20特許分類分析
    • E-1. FIメイングループ分類別公開件数比較 (上位20) (期間着目:2期間+全体)
    • E-2. FIサブグループ分類別公開件数比較 (上位20) (期間着目:2期間+全体)
    • E-3. Fターム分類別公開件数比較 (上位20) (期間着目:2期間+全期間)
    • E-4. FIメイングループ分類別公開件数の推移 (上位20、累計)
    • E-5. FIサブグループ分類別公開件数の推移 (上位20、累計)
    • E-6. Fターム分類別公開件数の推移 (上位20、累計)
    • E-7. FIメイングループ分類別出願人数の推移 (上位20、年次)
    • E-8. FIサブグループ分類別出願人数の推移 (上位20、年次)
    • E-9. Fターム分類別出願人数の推移 (上位20、年次)
    • E-10. FIメイングループ分類別発明者数の推移 (上位20、年次)
    • E-11. FIサブグループ分類別発明者数の推移 (上位20、年次)
    • E-12. Fターム分類別発明者数の推移 (上位20、年次)
    • E-13. FIメイングループ分類別公開件数占有率 (公開件数上位20)
    • E-14. FIサブグループ分類別公開件数占有率 (公開件数上位20)
    • E-15. Fターム分類別公開件数占有率 (公開件数上位20)
  • F. 特定特許分類分析
    • F-1. 特定FIサブグループ分類の公開件数の推移 (年次)
    • F-2. 特定Fターム分類の公開件数の推移 (年次)
    • F-3. 特定FIサブグループ分類の新規出願人数の推移 (年次)
    • F-4. 特定Fターム分類の新規出願人数の推移 (年次)
    • F-5. 特定FIサブグループ分類の新規発明者数の推移 (累計)
    • F-6. 特定Fターム分類の新規発明者数の推移 (累計)
    • F-7. 特定FIサブグループ分類A61P17/14の公開件数伸び変遷
    • F-8. 特定FIサブグループ分類A61Q7/00の公開件数伸び変遷
    • F-9. 特定Fターム分類4C086AA01の公開件数伸び変遷
    • F-10. 特定Fターム分類4C083CC37の公開件数伸び変遷
    • F-11. 特定FIサブグループ分類A61P17/14の出願人別公開件数ランキング (上位50)
    • F-12. 特定FIサブグループ分類A61Q7/00の出願人別公開件数ランキング (上位50)
    • F-13. 特定Fターム分類4C086AA01の出願人別公開件数ランキング (上位50)
    • F-14. 特定Fターム分類4C083CC37の出願人別公開件数ランキング (上位50)
  • G. キーワード分析
    • G-1. キーワード別公開件数ランキング (上位100)
    • G-2. キーワード別出現・消失状況 (最近80、公開件数10件以上)
    • G-3. キーワード別公開件数の伸長率 (上位50、件数差20件以上)
    • G-4. 種類系キーワードの公開件数の推移 (累計)
    • G-5. 成分系キーワードの公開件数の推移 (累計)
    • G-6. 目的・効果系キーワードの公開件数の推移 (累計)
    • G-7. 種類系キーワードの出願人数の推移 (累計)
    • G-8. 成分系キーワードの出願人数の推移 (累計)
    • G-9. 目的・効果系キーワードの出願人数の推移 (累計)
    • G-10. 種類系キーワードの新規発明者数の推移 (累計)
    • G-11. 成分系キーワードの新規発明者数の推移 (累計)
    • G-12. 目的・効果系キーワードの新規発明者数の推移 (累計)
    • G-13. 種類系キーワードの公開件数の伸びと構成率比較
    • G-14. 成分系キーワードの公開件数の伸びと構成率比較
    • G-15. 目的・効果系キーワードの公開件数の伸びと構成率比較
    • G-16. 種類系キーワードと成分系キーワードの公開件数相関
    • G-17. 種類系キーワードと目的・効果系キーワードの公開件数相関
    • G-18. 成分系キーワードと目的・効果系キーワードの公開件数相関
  • H. 直近2年間の動向分析 (2010年1月~2011年12月)
    • H-1. 出願人別公開件数ランキング (上位20)
    • H-2. 出願人別公開件数占有率 (上位20)
    • H-3. FIサブグループ分類別公開件数ランキング (上位20)
    • H-4. FIサブグループ分類1位A61P17/14と他分類との相関 (上位20)
    • H-5. Fターム分類別公開件数ランキング (上位20)
    • H-6. Fターム分類1位4C086AA01と他分類との相関 (上位20)
    • H-7. 上位20出願人と上位20FIサブグループ分類との公開件数相関
    • H-8. 上位20出願人と上位20Fターム分類との公開件数相関
  • I. 弁理士 (特許事務所) の動向分析
    • I-1. 弁理士 (特許事務所) 別公開件数ランキング (上位40)
    • I-2. 上位40弁理士 (特許事務所) 別公開件数の推移 (年次)
    • I-3. 上位40弁理士 (特許事務所) と上位20FIメイングループ分類との公開件数相関
    • I-4. 上位40弁理士 (特許事務所) と上位40出願人との公開件数相関

2. パテントチャート編

  • (1). 大正製薬の時系列チャート分析 (2005年~2011年)
  • (2). 産業技術総合研究所の時系列チャート分析 (2005年~2011年)
  • (3). 大正製薬の上位3FIメイングループ分類と上位3発明者のマトリクスチャート分析 (2005年~2011年)
  • (4). 産業技術総合研究所の上位3FIメイングループ分類と上位3発明者のマトリクスチャート分析 (2005年~2011年)

3. 総括コメント

参考資料

  • 資料1 : 出願人統合リスト
  • 資料2 : パテントマップ・パテントチャートの種別と見方
  • 資料3 : パテントマップ Viewer (添付ソフト) の使い方

出版社

お支払い方法、返品の可否は、必ず注文前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本出版物に関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(出版社への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

体裁・ページ数

A4判 簡易製本 (Viewerソフトウェア添付) 245ページ

ISBNコード

ISBN978-4-904967-93-5

発行年月

2012年3月

販売元

tech-seminar.jp

価格

66,818円 (税別) / 73,500円 (税込)

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2024/5/24 他社特許侵害の判断基準と実務対応 オンライン
2024/5/24 動物用医薬品開発の為の医薬品試験データの活用法と評価 オンライン
2024/5/24 将来の環境や戦略を踏まえた医薬品売上予測 オンライン
2024/5/24 GCP調査に向けたSOPの作成と管理並びにTMFの整備 オンライン
2024/5/27 研究開発・技術部門が行う特許情報調査の基本とすすめ方、調査精度を高めるポイント オンライン
2024/5/27 mRNA/LNP (脂質ナノ粒子) 医薬品コース オンライン
2024/5/27 mRNA/核酸用DDS技術におけるLNP設計・調製とLNP製剤の品質評価法 オンライン
2024/5/28 GMP超入門 オンライン
2024/5/28 医薬品品質試験における生データの取扱いとQC実施のポイント 東京都 会場・オンライン
2024/5/28 バイオ医薬品で起こる蛋白質凝集メカニズム、凝集体形成防止・製剤安定化に関する取組み方、品質管理、ストラテジー オンライン
2024/5/28 ラボと製造におけるCSVとデータインテグリティの実務速習 オンライン
2024/5/28 新規モダリティ分野における各事業性評価手法と不確実性要素の注意点 オンライン
2024/5/28 インドの医薬品産業の最新規制と知的財産制度 オンライン
2024/5/28 ICH E6 (R3) に見る臨床開発におけるCSVの最新情報 オンライン
2024/5/28 メディカルライティング講座 (中級) オンライン
2024/5/28 メディカルライティング講座 (初級・中級) オンライン
2024/5/29 GxP領域データの (完全) 電子化プロセスとデータインテグリティ対応のポイント オンライン
2024/5/29 駄目なSOPと、あるべきSOPから学ぶヒューマンエラー防止に必要なSOPの具体的書き方の工夫と文書管理の実践 東京都 会場・オンライン
2024/5/29 改正GMP省令を踏まえたGMP適合性調査対応 効率的なGQP/GMP - QA連携とQA/QC業務範囲の明確化 オンライン
2024/5/29 医薬品と医療機器の早期承認取得のためのPMDA戦略策定のポイント オンライン

関連する出版物

発行年月
2024/4/15 テンセント (騰訊Tencent) 〔中国特許および日本特許〕技術開発実態分析調査報告書 (日本語版) (CD-ROM版)
2024/4/15 テンセント (騰訊Tencent) 〔中国特許および日本特許〕技術開発実態分析調査報告書 (日本語版)
2024/3/29 後発で勝つための研究・知財戦略と経営層への説明・説得の仕方
2024/3/22 GxP領域でのクラウド利用におけるCSV実施/データインテグリティ対応 (製本版 + ebook版)
2024/3/22 GxP領域でのクラウド利用におけるCSV実施/データインテグリティ対応
2024/3/11 アリババ (阿里巴巴 Alibaba) 〔中国特許および日本特許〕技術開発実態分析調査報告書 (日本語版)
2024/3/11 アリババ (阿里巴巴 Alibaba) 〔中国特許および日本特許〕技術開発実態分析調査報告書 (日本語版) (CD-ROM版)
2024/1/31 不純物の分析法と化学物質の取り扱い
2023/12/20 遺伝子治療用製品の開発・申請戦略 (製本版 + ebook版)
2023/12/20 遺伝子治療用製品の開発・申請戦略
2023/11/30 当局査察に対応した試験検査室管理実務ノウハウ
2023/11/29 開発段階に応じたバリデーション実施範囲・品質規格設定と変更管理 - プロセス/分析法バリデーション -
2023/11/29 開発段階に応じたバリデーション実施範囲・品質規格設定と変更管理 - プロセス/分析法バリデーション - (製本版 + ebook版)
2023/8/31 ゲノム編集の最新技術と医薬品・遺伝子治療・農業・水畜産物
2023/5/26 グローバル展開・3極規制要件の違いをふまえたRMP (日本/欧州) ・REMS (米国) 策定とリスク設定・対応 (製本版 + ebook版)
2023/5/26 グローバル展開・3極規制要件の違いをふまえたRMP (日本/欧州) ・REMS (米国) 策定とリスク設定・対応
2023/2/28 mRNAの制御機構の解明と治療薬・ワクチンへの活用
2023/1/31 新規モダリティ医薬品のための新しいDDS技術と製剤化
2023/1/31 超入門 改正GMP省令セミナー
2022/12/9 データインテグリティに適合するための電子/紙データ・記録の運用管理とSOP作成手法 (製本版 + ebook版)