技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

医薬・農薬・電子材料分野における企業化のための製造研究・実験法

医薬・農薬・電子材料分野における企業化のための製造研究・実験法

~論文ベースの実験がスケールアップトラブルを起こす~
医薬・農薬・電子材料分野における企業化のための製造研究・実験法の画像

ご案内

 製造研究というのは各社秘密なのでなかなか技術レベルが分からないものであるが,どうも文献ベースの実験が多く,スケールアップトラブルの元になっていることが分かった。
 論文の化学実験法では,企業化はできないと言っていい。企業化には企業化の実験方法がある。1つは計画である。経済性の計画,スケジュールの計画,実験の設計,各実験の計画,問題点解決の計画,パイロットの計画,プラント建設の計画,最初から最後まで計画である。
 論文と企業化では実験方法の違いがある。企業で行うスケールアップとはラボ実験どおりパイロット実験することで,データの伝達が重要である。実験したとおり工場に伝えることである。理屈も分かった方がよい。その為,反応形式は恒温滴下反応が重要である,温度が一定だとそれだけでトラブル,事故はほとんどなくなる。たくさん実験することが,人と技術のレベルアップ,トラブルの未然防止になる。その為には実験スピードが早くないといけない。技術のレベルアップ,ブレークスルー,スケジュール管理にも実験スピードは極めて重要である。
 論文の化学実験を忘れて,企業化のための実験を実施しないとスケールアップトラブルは起きる。

 トラブルで重要なことは,未然防止である。
 本書ではラボ実験だけでできるトラブルの未然防止法を,製造研究格言集風にまとめてみた。考え方,実験方法,トラブルの原理などわかるであろう。
 かつて,ある人から「あなたの失敗は公開した方がよい,日本中で失敗するロスは国として無駄である」と言われたことがある。秘密保持契約があるので,そうも行かないが。もう1 度言う,ラボ実験だけでスケールアップトラブルの未然防止はできる。 ~まえがきより

目次

  • まえがき

第1章 企業化

  • 1.1 企業化は研究費をお金に換える作業
  • 1.2 研究が企業化する可能性は少ない
  • 1.3 企業化しないと分からない物がある
  • 1.4 企業化は組織学である
  • 1.5 製造研究は1つの歯車である

第2章 会社の風土,研究風土,学会の風土

  • 2.1 さん付けで呼ぼう
  • 2.2 益川さんのさん付け
  • 2.3 ドクターのこと
  • 2.4 学校を忘れなさい

第3章 製造研究とスケールアップ検討

  • 3.1 スケールアップとは
  • 3.2 スケールアップの倍率は?
  • 3.3 パイロットは高いし時間がかかる
  • 3.4 製造研究の目的は研究を儲けにすること
  • 3.5 他社の製造研究のレベルは分からない
  • 3.6 事故に関して安全は絶対
  • 3.7 プロからプロへ引き継ぎ企業化
  • 3.8 製造研究に工場経験は必要であろう
  • 3.9 化学は大切な30%
  • 3.10 製造研究者はなかなかできない

第4章 スケールアップの原理

  • 4.1 なんだか分からないけど心配だ
  • 4.2 ラボ実験だけでできるスケールアップ
  • 4.3 スケールアップの大原則「同じ事をすれば同じ結果」
  • 4.4 スケールアップトラブルのもう1 つの原則
  • 4.5 情報伝達は正しく,実験通りマニュアルを書く
  • 4.6 パイロットを始める為に
  • 4.7 反応形式は恒温滴下反応,最重要
  • 4.8 スケールダウン
  • 4.9 原因が分かると改良はほとんどの場合簡単にできる

第5章 大きな装置

  • 5.1 パイロット装置は余り物からできている
  • 5.2 多目的装置
  • 5.3 専用装置は1 番安くできる
  • 5.4 大量製造装置の大変な点は物質移動
  • 5.5 畳の上の水練
  • 5.6 トラブルは思ったより時間がかかる
  • 5.7 ラボ実験の装置は工夫が要る
  • 5.8 装置でできないから実験しない

第6章 実験のスピードアップ

  • 6.1 データ取りは1工程でなく1操作で
  • 6.2 結論は分析で出す
  • 6.3 小さな実験
  • 6.4 どこからでもいつでも実験できる
  • 6.5 パイロットまで1 ヶ月しかない,何もできない
  • 6.6 ブレークスルーの武器
  • 6.7 マスバランスを取る
  • 6.8 現状認識作業の意義とやり方
  • 6.9 上司の言うこととやりたいことが違う
  • 6.10 並列実験は実験のスピードアップである
  • 6.11 実験補助員を使う

第7章 反応検討

  • 7.1 なぜ100%でないの?
  • 7.2 製造研究,何をして良いか分からない
  • 7.3 素人でも結果が分かる実験にする
  • 7.4 心配だからやらない
  • 7.5 ガス量の測定
  • 7.6 反応理解の計画はマトリックスで
  • 7.7 反応式に書けない副反応は起きない
  • 7.8 1 つ1つ丹念に検証
  • 7.9 反応検討の最初は実験形式である。恒温滴下反応という
  • 7.10 トラブルは発熱制御の失敗である
  • 7.11 反応では温度データが絶対
  • 7.12 安ければ可能性がなくとも試してみる
  • 7.13 あれこれ論争をしない,実験すると半日でどちらが正しいかすぐ分かる
  • 7.14 接触水添は加圧でやる物
  • 7.15 酸素水を避けるにはドライボックスでの実験
  • 7.16 防げる副反応,仕方がない副反応
  • 7.17 原料が存在したら反応は行く
  • 7.18 攪拌テストの仕方
  • 7.19 有機金属反応,金属は酸化被膜に覆われている
  • 7.20 誘導期のある反応は非常に危険

第8章 後処理,抽出,濃縮

  • 8.1 簡単が1番
  • 8.2 抽出は熱時抽出が普通
  • 8.3 抽出で必要なデータは溶解度,分配率
  • 8.4 トラブルとしては分液不良がある
  • 8.5 スケールアップ時固体のドライアップはできない
  • 8.6 濃縮時の注意
  • 8.7 蒸留精製は晶析より効率がよい

第9章 晶析

  • 9.1 晶析は工業的にはしたくない作業
  • 9.2 個体を取り出すパターン
  • 9.3 濾過3 日,乾燥5 日は立派なトラブル
  • 9.4 酸沈は滴下晶析
  • 9.5 有機溶媒中での塩酸塩の生成,ナトリウム塩の生成
  • 9.6 良溶媒に溶解しそれに貧溶媒を加える
  • 9.7 結晶多形の制御には滴下晶析
  • 9.8 壁付着性結晶の解決
  • 9.9 30%晶析法は非常に有効
  • 9.10 溶解度曲線を活用した晶析考察

第10章 トラブルの未然防止と事故の未然防止

  • 10.1 ラボ実験とパイロット実験同じであれば成功
  • 10.2 新入社員の安全教育
  • 10.3 事故の未然防止
  • 10.4 トラブル対応
  • 10.5 東電の事故
  • 10.6 はやぶさ神話
  • 10.7 金星衛星
  • 10.8 電車のこと
  • 10.9 トラブルは解明しないといけない
  • 10.10 原料としてなにが来てもできる製造法はない
  • 10.11 いざとなったら自社製造できるようにしておく
  • 10.12 トルエン,ヘプタン系晶析の安全確保

第11章 フローシートの作成

  • 11.1 フローシートのレベルは様々である
  • 11.2 創薬と学校のフローシートは無視して良い
  • 11.3 2つの化学
  • 11.4 フローシートは装置設計の基本
  • 11.5 プラントの担当者との打ち合わせ
  • 11.6 化工屋に教えられたこと

第12章 計画

  • 12.1 想定価格と想定販売量がないと製造研究はできない
  • 12.2 ジグザグ研究ではなく公平なデータ取り
  • 12.3 現状認識作業は製造研究の90%
  • 12.4 実験計画
  • 12.5 理屈の構築
  • 12.6 計画の回答は報告書
  • 12.7 思った通りに製造する

第13章 教育

  • 13.1 整理整頓清掃
  • 13.2 匂いを出すような下手な実験をしてはいけない
  • 13.3 時間がないとすぐ言う
  • 13.4 研究はラインではない,上司部下ではなく先輩後輩である
  • 13.5 知っている人を知っている
  • 13.6 知らないと言えるほど自信を持ちなさい
  • 13.7 会議の仕方,オンザジョブトレーニング
  • 13.8 すぐできないというと言う,あとは言い訳ばかり考える
  • 13.9 普通が分かれば大したもの
  • 13.10 成功体験が必要

第14章 製造研究の為の経済性

  • 14.1 目標価格がわからないと製造研究は始まらない
  • 14.2 変動費の計算をする,できる
  • 14.3 工場における生産費用(時間の価格)の計算ができる
  • 14.4 プラントコストの理解
  • 14.5 研究費のコストを認識しておく
  • 14.6 開発費の考察
  • 14.7 パイロットのコスト
  • 14.8 生産性改良の技術ポイント

第15章 管理者

  • 15.1 研究管理とライン管理とは違う
  • 15.2 研究テーマの選択
  • 15.3 計画目標の伝達,設計
  • 15.4 技術のレベルアップ
  • 15.5 他部署との連携
  • 15.6 実験者のモチベーションを維持する
  • 15.7 どの会社でも通用する
  • 15.8 桟敷席に座って良い悪いと言う,悪けりゃよくするのが上司
  • 15.9 受けた仕事はうまく行かせる
  • 15.10 下手が教えると下手になる
  • 15.11 実験のスピードアップ
  • 15.12 中間体の調達,試薬の購入
  • 15.13 教育は自社でする
  • あとがき

執筆者

橋場 功

純正化学 株式会社

顧問

出版社

お支払い方法、返品の可否は、必ず注文前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本出版物に関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(出版社への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

体裁・ページ数

A5判 135ページ

ISBNコード

ISBN978-4-86428-041-9

発行年月

2012年5月

販売元

tech-seminar.jp

価格

3,400円 (税別) / 3,672円 (税込)

これから開催される関連セミナー

開始日時
2018/10/9 未来予測による研究開発テーマ創出の方法 東京都
2018/10/10 市場・製品・技術ロードマップの組織的かつ体系的な作成プロセスと成功のポイント 京都府
2018/10/15 研究開発マネジメントを効率化するデータサイエンス活用法 東京都
2018/10/16 IoT・AI 開発・導入における共同研究開発の進め方、留意点 東京都
2018/10/16 研究開発マネジメントの基礎、全体像とその活動 東京都
2018/10/22 研究開発体制の再編とイノベーションを生む研究所の作り方 東京都
2018/10/22 研究開発ポートフォリオの軸設定と仕組み構築およびマネジメント手法 東京都
2018/10/24 潜在ニーズの見える化、新製品開発への応用 東京都
2018/10/26 研究開発テーマにおける費用対効果の考え方とその算出方法 東京都
2018/10/29 開発新薬の市場性/事業性に関する経営層への“説明説得”と売上予測・PJ評価 東京都
2018/10/29 技術開発のためのロードマップ作成手法と実践的な活用方法 東京都
2018/10/29 経営層を説得できる・納得させる研究開発テーマのマネジメントとプロセス・評価の見える化 東京都
2018/10/30 企業人が使う機器分析入門 東京都
2018/11/7 新規事業テーマの発掘とその進め方 東京都
2018/11/7 技術者に必要な経済性工学とその実践 愛知県
2018/12/5 効率的、確実に目的を達成できる実験の考え方と具体的方法 京都府
2018/12/19 研究開発部門を対象とした情報収集のテクニック 東京都
2019/1/23 確実に成果を生むための適切な実験ノートの取り方と使い方 東京都

関連する出版物

関連する出版物がありません。