技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

ポリマーアロイにおける相溶性の基礎と物性制御ノウハウ

セミナー収録DVD、スライド

ポリマーアロイにおける相溶性の基礎と物性制御ノウハウ

概要

本セミナーDVDでは、アロイ材料の物性制御を行うために必須となる理論的な背景について、具体例を挙げながら解説いたします。

ご案内

高分子材料をアロイ化する目的は、物性の制御にある。本講演では、相溶性 (misciblility) や混和性 (compatibility) の基礎から、モルフォロジー制御の方法論、モルフォロジーと物性の関係等、アロイ材料の物性制御を行うために必須となる理論的な背景について、具体例を挙げながら解説する。

目次

  1. ポリマーアロイの基礎
    1. 序論
      • ポリマーアロイの定義と分類
      • 相溶性と相容性
      • ポリマーアロイの歴史
    2. 相溶 – 相分離の熱力学
      • Flory – Huggins理論
      • 混合自由エネルギーと相図の関係は?
      • 準安定と不安定領域
    3. 相互作用パラメーターと溶解度パラメーターの関係は?
    4. Flory – Huggins理論の限界
    5. 様々なポリマーブレンド系の相挙動
    6. 相溶化のために
    7. 相互作用パラメーターの決め方
    8. ランダム共重合体の相溶性
  2. ポリマーアロイの構造
    1. ポリマーアロイの構造形成と制御
      • 相分離の動力学
      • 変調構造
      • スピノーダル分解の応用
    2. ポリマーブレンドの界面
      • 界面厚と界面張力
      • 種々の高分子対の界面張力
    3. 流動場による構造制御
      • 流動場によるドロップレットの微分散化
      • 流動誘起相溶化
      • 流動誘起相分離
    4. 三相共存系の構造制御
      • ぬれと拡張係数
    5. ブロック共重合体のミクロ相分離構造
    6. 小角X線散乱によるミクロ相分離構造解析
    7. ABC星形ブロック共重合体のモルフォロジー
    8. 相容化剤 (Compatibilizer)
      • 相容化剤の種類と分類
      • 相容化剤の添加効果
    9. リアクティブブレンディング
      • 利用される種々の化学反応
      • 相容化機構
      • 耐衝撃性ポリスチレン (HIPS) の構造とその製法
      • リアクティブブレンディングによる高度なモルフォロジー制御
  3. ポリマーアロイの物性
    1. 相溶系の物性
      • ガラス転移温度
      • 弾性率 (レオロジー)
    2. 相分離系の物性
      • 力学モデルによる簡単な理解
      • 力学モデルとモルフォロジーの関係
    3. 相界面が物性に及ぼす影響
      • 相容化剤であるブロック共重合体の構造
      • 破壊靱性値
    4. 相構造と耐衝撃性
      • 固体高分子の変形:クレーズとせん断降伏
      • ゴム分散系のクレーズ変形
      • ゴム分散系のせん断降伏
  4. おわりに

執筆者

浦川 理

大阪大学
理学研究科
高分子科学専攻

准教授

出版社

お支払い方法、返品の可否は、必ず注文前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本出版物に関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(出版社への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

体裁・ページ数

A4判フルカラーテキスト、DVD (講演時間 約225分) 96ページ

発行年月

2016年8月

販売元

tech-seminar.jp

価格

45,000円 (税別) / 49,500円 (税込)

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2021/8/3 EUVリソグラフィの最新動向とレジスト材料の設計、評価技術 オンライン
2021/8/3 高吸水性樹脂の基礎と応用、および生分解性付与 オンライン
2021/8/5 高分子材料の劣化 オンライン
2021/8/18 トライボロジーの基礎と評価・分析方法 オンライン
2021/8/18 シランカップリング剤の効果的活用法 オンライン
2021/8/19 高分子の力学的性質と制振・防振・吸音・遮音材料の設計および評価法 オンライン
2021/8/19 廃プラスチックのリサイクル技術の動向と、SDGsに向けた対策 オンライン
2021/8/20 セルロースナノファイバーの基本特性と樹脂複合化による実用化展開 オンライン
2021/8/23 プラスチックの粘弾性挙動の時間・温度換算則とその利用法 オンライン
2021/8/23 各種機能性高分子ゲルの作製技術と特性制御及び応用展開 オンライン
2021/8/23 再生医療用機能性高分子足場材料の最新動向 オンライン
2021/8/24 高分子材料の熱分析と動的粘弾性測定入門 オンライン
2021/8/24 アニオン重合による機能性高分子の合成 オンライン
2021/8/25 発泡成形のメカニズム、気泡コンロトール、測定、応用 オンライン
2021/8/25 高分子の結晶化ダイナミクス入門講座 ポリ乳酸の結晶化速度解析・向上技術による高性能化 オンライン
2021/8/25 接着仕様の劣化寿命予測と劣化加速条件の設定方法 オンライン
2021/8/25 厄介な分散系を手懐けるコツ オンライン
2021/8/25 シリコーンの基礎と特性・応用例 オンライン
2021/8/25 高分子材料における各種添加剤の種類、選択、配合設計 オンライン
2021/8/25 CO2を原料とした樹脂材料の研究開発動向 オンライン

関連する出版物

発行年月
2020/11/30 高分子の延伸による分子配向・結晶化メカニズムと評価方法
2020/10/30 ポリウレタンを上手に使うための合成・構造制御・トラブル対策及び応用技術
2020/1/31 添加剤の最適使用法
2019/12/20 高分子の表面処理・改質と接着性向上
2019/10/31 UV硬化技術の基礎と硬化不良対策
2019/1/31 マテリアルズ・インフォマティクスによる材料開発と活用集
2018/11/30 複雑高分子材料のレオロジー挙動とその解釈
2018/11/30 エポキシ樹脂の高機能化と上手な使い方
2018/7/31 高耐熱樹脂の開発事例集
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2018/3/19 射出成形機〔2018年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2018/3/18 射出成形機〔2018年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2017/7/31 機能性モノマーの選び方・使い方 事例集
2017/7/31 プラスチック成形品における残留ひずみの発生メカニズムおよび対策とアニール処理技術
2017/6/19 ゴム・エラストマー分析の基礎と応用
2017/2/27 プラスチックの破損・破壊メカニズムと耐衝撃性向上技術
2017/1/31 放熱・高耐熱材料の特性向上と熱対策技術
2014/11/30 繊維強化プラスチック(FRP)〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/8/28 高分子の劣化・変色メカニズムとその対策および評価方法
2014/6/15 射出成形機〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)