技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

画像認識技術を用いたAI外観検査の現場導入事例と精度向上技術

AI活用で劇的な品質向上が期待できる

画像認識技術を用いたAI外観検査の現場導入事例と精度向上技術

~基礎から導入そして品質保証への対応まで~
オンライン 開催
  • ライブ配信セミナーには、特典としてアーカイブ配信が付きます。
  • アーカイブ配信の視聴期間は、2024年7月16日〜22日を予定しております。
  • ライブ配信を受講しない場合は、「アーカイブ配信」をご選択ください。

概要

本セミナーでは、AI画像認識プロジェクトの進め方、画像情報の集め方、品質保証への対応、具体的なAI画像認識システムの開発例に関する知見について、製造現場での導入実績やAI外観検査の実例を踏まえ、実践的にわかりやすく解説いたします。

開催日

  • 2024年7月9日(火) 13時00分 17時00分

受講対象者

  • AI関連技術・画像認識技術による外観検査業務の効率化や自動化・無人化を検討中の方、着手し始めた方
  • 画像認識・物体解析技術の応用事例を調査している方
  • 現場への適用・実装までを見据えたデータサイエンス業務を進めたい方

修得知識

  • AI画像認識プロジェクトの進め方
  • 具体的なAI外観検査システムの開発例
  • AI画像認識プロジェクトを進めるための画像収集時の注意事項

プログラム

 ここ数年、AI (Artificial Intelligence、人工知能) の応用が急速に進展しています。劇的な認識率の向上をもたらしAI分野を発展させたのが、脳の働きからヒントを得た学習手法である「Deep Learning (深層学習) 」のアルゴリズムであり、実装が容易なライブラリの登場により、画像認識を中心に利用例が報告されています。
 かたや、製造現場ではAI外観検査 (画像識別) を中心に導入プロジェクトが立ち上がっていますが、狙った識別精度が得られず、導入に至らない例が聞かれます。学習データ (画像データ) の前処理 (データクレンジング) にかかる負担や良品・不良品データの不均衡などがおもな原因にあげられます。また、特にDeep Learningでは識別にかかる根拠がわかりにくく、品質保証の観点から導入を見送る現場も多いです。
 そこで、本講座は中小製造現場で導入実績をあげた講師が、自身が手がけたAI外観検査の取り組みを紹介。活動事例を通じて、AI外観検査の導入プロジェクトの進め方から学習データの質と量の課題、学習を意識した画像情報の集め方、品質保証への対応までを解説します。さらには、生成AIの外観検査への活用法や、導入後の運用を通じての精度向上のための考え方にも触れます。

  1. AI画像認識システムの実例
    1. パン識別システム「BakeryScan」
      1. パン識別システムの中身
      2. 開発時の課題
      3. パン画像認識システムの学習
      4. 現場導入時の課題/
      5. BakeryScanの改良
      6. 応用展開
    2. 不織布画像検査システム
      1. 不織布の異物検査
      2. 既存の画像検査システムの課題
      3. 不織布画像検査システムの構成と特徴
      4. 機械学習による異物判別
    3. 油圧部品の自動外観検査システム
      1. 外観検査の課題
      2. 画像撮影方法の検討
      3. オートエンコーダによる良品学習
      4. 誤検出の原因
      5. 二次識別器による改善
      6. 内視鏡画像検査システムへの展開
      7. Patchcoreによる異常検知
    4. 金属チェーン画像検査システム
      1. チェーンの外観検査
      2. チェーン画像検査システムの構成と特徴
      3. 良品学習による異常検知
    5. 耐火レンガの画像検査システム
      1. 構築した外観検査システム
      2. レンガ画像による寸法計測
      3. 凹凸の判定
      4. 欠け・亀裂の検出
  2. AI外観検査のはじめ方と機械学習を意識した画像
    1. AI外観検査の進め方
      1. AI外観検査の利点・欠点
      2. 検査項目の網羅・評価基準の明確化
      3. PoC:概念実証/
      4. AI外観検査の目標設定
    2. 機械学習を意識した画像データ (学習データ) の準備
      1. 「わかりやすい」画像の撮影
      2. 画像撮影時の注意
    3. 学習が難しい画像
      1. 背景による誤認識
      2. 学習データの偏り
    4. 学習しやすい画像のための前処理
      1. 前処理としての画像処理
  3. 学習データの量と質の課題
    1. 学習データの準備にかかる負荷
      • 画像の収集
      • ラベルの付与
    2. 学習データはどの程度必要か
    3. 学習データの不均衡の問題と対策
      1. アンダーサンプリング
      2. オーバーサンプリング
      3. 重み付け
      4. データクレンジング
    4. 学習データの拡張、生成AIの活用
    5. ラベル付き公開データセットと転移学習による対応
  4. 識別根拠の課題と品質保証への対応
    1. Deep Learningは内部分析が困難
    2. 説明可能性・解釈性 (XAI) に関する技術
    3. Deep Learningが着目しているところ
      • Grad-CAM
      • Vision Transformer
  5. AI画像認識システム導入の進め方 (「2」の事例をもとに)
    1. 要求定義の取りまとめ
    2. AI機能の選定
    3. 社内教育とプロジェクトの立ち上げ (産学連携助成の活用等)
    4. 学習データの準備
    5. 概念実証 (PoC)
    6. ラインでの実運用
    7. 運用による精度向上 (MLOps)
    • 質疑応答

講師

  • 森本 雅和
    兵庫県立大学 大学院 工学研究科
    准教授

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 40,000円 (税別) / 44,000円 (税込)
複数名
: 35,000円 (税別) / 38,500円 (税込)

複数名同時申込割引について

複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 35,000円(税別) / 38,500円(税込) で受講いただけます。

  • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 40,000円(税別) / 44,000円(税込)
  • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 70,000円(税別) / 77,000円(税込)
  • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 105,000円(税別) / 115,500円(税込)

テキスト送付に係る配送料

ライブ配信・アーカイブ配信受講の場合、別途テキストの送付先1件につき、配送料 1,100円(税別) / 1,210円(税込) を頂戴します。

ライブ配信対応セミナー / アーカイブ配信対応セミナー

  • 「Zoom」を使ったライブ配信またはアーカイブ配信セミナーのいずれかをご選択いただけます。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。

ライブ配信セミナーをご希望の場合

  • セミナー資料は、郵送にて前日までにお送りいたします。
  • 開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
    ライブ配信の画面上でスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
    印刷物は後日お手元に届くことになります。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。

アーカイブ配信セミナーをご希望の場合

  • 当日のセミナーを、後日にお手元のPCやスマホ・タブレッドなどからご視聴・学習することができます。
  • 配信開始となりましたら、改めてメールでご案内いたします。
  • 視聴サイトにログインしていただき、ご視聴いただきます。
  • 視聴期間は2024年7月16日〜22日を予定しております。
    ご視聴いただけなかった場合でも期間延長いたしませんのでご注意ください。
  • セミナー資料は別途、送付いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2024/7/27 外観検査のデジタル化・自動化 オンライン
2024/7/30 自己位置推定・環境地図作成のためのコンピュータビジョン・画像処理 オンライン
2024/7/30 回帰モデルを用いた化学データの特性予測と実験条件探索 オンライン
2024/7/30 研究者・開発者の能力を拡張するための機械学習と材料DXへの展開 オンライン
2024/7/30 マルチパーパスプラントの設備設計と洗浄バリデーション オンライン
2024/7/31 Pythonを用いたスペクトルデータ解析 オンライン
2024/7/31 機械学習による適応的実験計画 オンライン
2024/8/1 ニューラルネットワークを用いた3次元モデリング/自由視点画像生成 オンライン
2024/8/2 特許調査、分析への生成AI活用とノイズ除去 オンライン
2024/8/2 ベイズモデリングの入門 & 実践講座 オンライン
2024/8/2 少量データを有効活用する機械学習の実践方法 オンライン
2024/8/5 機械学習 (ディープラーニング) の基礎・活用・実践 (全3回) オンライン
2024/8/5 機械学習 実践編 オンライン
2024/8/6 医薬品の要求品質の明確化と外観検査のポイント 東京都 会場・オンライン
2024/8/7 機械学習による物理代替モデル構築の考え方と実践 オンライン
2024/8/7 医療機器QMSにおける統計手法の適用とサンプルサイズ決定方法 オンライン
2024/8/8 回帰モデルを用いた化学データの特性予測と実験条件探索 オンライン
2024/8/13 Pythonを用いたスペクトルデータ解析 オンライン
2024/8/23 機械学習の基本と回転機器の異常検知への応用 オンライン
2024/8/26 点群レジストレーションとオブジェクト認識 オンライン

関連する出版物

発行年月
2024/4/8 画像認識技術・システム 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2024/4/8 画像認識技術・システム 技術開発実態分析調査報告書
2023/6/30 生産プロセスにおけるIoT、ローカル5Gの活用
2022/12/31 機械学習・ディープラーニングによる "異常検知" 技術と活用事例集
2022/11/14 外観検査技術 (CD-ROM版)
2022/11/14 外観検査技術
2022/1/12 製造DX推進のための外観検査自動化ガイドブック
2021/10/25 AIプロセッサー (CD-ROM版)
2021/10/25 AIプロセッサー
2021/7/30 マテリアルズインフォマティクスのためのデータ作成とその解析、応用事例
2021/7/14 AIビジネスのブレークスルーと規制強化
2021/6/30 人工知能を用いた五感・認知機能の可視化とメカニズム解明
2021/6/28 AI・MI・計算科学を活用した蓄電池研究開発動向
2020/8/11 化学・素材業界におけるデジタルトランスフォーメーションの最新調査レポート
2020/7/31 生体情報センシングと人の状態推定への応用
2020/4/30 生体情報計測による感情の可視化技術
2020/3/26 ビッグデータ・AIの利活用に伴う法的留意点
2020/3/24 リアルワールドデータの使用目的に応じた解析手法 - 各データベースの選択と組み合わせ -
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例
2018/5/31 “人工知能”の導入による生産性、効率性の向上、新製品開発への活用