技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

やさしい多変量解析入門

やさしい多変量解析入門

オンライン 開催

概要

本セミナーでは、多変量解析に必要な統計の基礎から、多変量解析の基礎と応用について解説いたします。

開催日

  • 2024年3月13日(水) 10時30分 16時30分

受講対象者

  • 多変量解析に関連する技術者、品質担当者
    • 製品設計
    • 製品信頼性評価
    • 購入品評価
    • 製品企画
    • 製造準備
    • ソフトウェア評価
    • 品質管理、品質保証部門
    • 企画部門
    • 商品企画
    • 技術開発
    • マーケティング
    • 販売

修得知識

  • 多変量解析の基礎
  • さまざまな分析手法の活用法

プログラム

 多変量解析とは、数多くの変数からなるデータに対する分析手法の総称です。それらの分析手法の中から代表的なものを精選し、実用的な使い方と理屈を説明します。
 これからデータを取得しようという方にも、すでに取得済みという方にも、おすすめです。過去に多変量解析をひととおり学んだものの、実は知識にやや不安を覚えているという方にもおすすめです。受講にあたり、数学的な水準を心配する必要はありません。中学校程度の数学の知識があれば大丈夫です。

  1. 第1章 多変量解析とは?
    1. データの分類
    2. 多変量解析とは?
    3. さまざまな分析手法の概要
      1. 重回帰分析
      2. ロジスティック回帰分析
      3. 主成分分析
      4. 因子分析
      5. 数量化III類
      6. クラスター分析
  2. 第2章 統計学の基礎知識
    1. 平方和と分散と標準偏差
    2. 基準化と基準値
    3. 単相関係数
    4. データ分析の取り組み方
  3. 第3章 回帰分析 〜多変量解析の前に〜
    1. 回帰分析とは?
    2. 具体例
    3. 分析結果の精度
      1. 実測値と予測値と残差
      2. 決定係数
      3. 重相関係数
    4. 補足
      • Excelによる分析
  4. 第4章 重回帰分析 〜「数値」を予測する〜
    1. 重回帰分析とは?
    2. 具体例
    3. 分析結果の精度
      1. 決定係数と重相関係数
      2. 自由度調整済み決定係数
    4. 補足
      1. Excelによる分析
      2. 標準偏回帰係数
  5. 第5章 ロジスティック回帰分析 〜「確率」を予測する〜
    1. ロジスティック回帰分析の前に
      1. 有理数と無理数
      2. 最尤推定法
    2. ロジスティック回帰分析とは?
    3. 具体例
    4. 分析結果の精度
      1. 誤判別率
      2. 決定係数
    5. オッズ比
      1. リスク比とオッズ比
      2. ロジスティック回帰式の係数とオッズ比の関係
    6. 決定木
  6. 第6章 数量化III類 〜カテゴリカルデータを点グラフ化する〜
    1. 数量化III類とは?
    2. 具体例
      1. 計算の概要
      2. 分析結果の精度
      3. 点グラフの軸の解釈
    3. コレスポンデンス分析
  7. 第7章 クラスター分析 〜個体を分類する〜
    1. クラスター分析とは?
    2. 具体例
    3. 注意
  8. 第8章 主成分分析 〜「総合▲▲力」を編み出す〜
    1. 主成分分析とは?
    2. 注意
    3. 具体例
      1. 主成分の算出
      2. 主成分得点の算出
      3. 分析結果の精度
      4. 分析結果の検討
    4. 補足
      1. 変数の選定と第1主成分
      2. 累積寄与率の実体
  9. 第9章 因子分析 〜「データの背後に潜む説明変数」を見つけ出す〜
    1. 因子分析の前に
    2. 因子分析とは?
    3. 注意
    4. 具体例
      1. 回転前の因子負荷量の算出
      2. 回転後の因子負荷量の算出
      3. 各共通因子の意味の解釈
      4. 分析結果の精度
      5. 因子得点の算出
    5. 補足
      1. 共通因子の個数と因子負荷量
      2. 直交回転と斜交回転
      3. あらためて、因子分析とは?
    6. 構造方程式モデリング

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)
複数名
: 25,000円 (税別) / 27,500円 (税込) (案内をご希望の場合に限ります)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。

「案内の希望」をご選択いただいた場合、1名様 45,000円(税別) / 49,500円(税込) で受講いただけます。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 25,000円(税別) / 27,500円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 75,000円(税別) / 82,500円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 110,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 165,000円(税込)

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2024/4/15 アンメットメディカルニーズの発掘法と戦略構築への活用 オンライン
2024/4/18 統計学の基礎から学ぶ実験計画法 (2日間) オンライン
2024/4/19 実験計画法・ベイズ最適化を用いた効率的な実験デザイン オンライン
2024/4/22 賞味期限設定のためのアレニウス式を用いた加速試験のポイント オンライン
2024/4/22 ベイズ統計の理論と方法 入門編 オンライン
2024/4/24 技術者・研究者のための多変量解析入門講座 オンライン
2024/4/26 ExcelとPythonによる多変量解析 超入門 オンライン
2024/4/26 「統計的品質管理」総合コース2023 オンライン
2024/4/26 データサイエンスの基礎 オンライン
2024/4/26 安定性試験の評価と有効期間の設定 オンライン
2024/4/26 サンプリング試験 (ロットの合否判定方法) への応用 オンライン
2024/4/26 プロセスバリデーションと年次照査 (APR) への応用 オンライン
2024/4/26 製品品質照査の活用による製造工程、原料・資材及び製品規格の妥当性検証 オンライン
2024/4/26 分析法バリデーションへの応用 オンライン
2024/4/26 Quality by Designのための実験計画法 オンライン
2024/5/6 統計学の基礎から学ぶ実験計画法 (2日間) オンライン
2024/5/7 ベイズ統計の理論と方法 入門編 オンライン
2024/5/8 実験計画法・ベイズ最適化を用いた効率的な実験デザイン オンライン
2024/5/15 医薬品開発における製剤開発の各段階で必要となる統計解析基礎講座 オンライン
2024/5/16 ISO 13485:2016が要求する医療機器サンプルサイズの根拠を伴う統計学的手法 (全2コース) オンライン