技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

都市ガス熱需要の代替燃料e-methane

都市ガス熱需要の代替燃料e-methane

オンライン 開催

開催日

  • 2024年3月12日(火) 13時30分 16時30分

受講対象者

  • 事業企画、経営企画、環境 SDGs、TCFD担当者

修得知識

  • メタネーション技術の基礎
  • 再エネ水素 (水電解装置)
  • カーボンニュートラル
  • メタネーションによる二酸化炭素削減効果
  • 社会実装への道筋 (適用例の紹介)

プログラム

 地球温暖化防止は地球規模で解決する喫緊の課題であり、化石燃料のエネルギー消費から再生可能エネルギーを主たるエネルギー原とした社会の構築が地球規模で求められている。しかしながら、エネルギー消費の60%以上が化石燃料を直接燃焼する熱需要であって、この熱需要の代替燃料を再生可能エネルギーから作り出す必要がある。このような背景のもと第6次エネルギー基本計画では、2030年までに都市ガスに1%、2050年までに90%e-methaneを注入すると具体的目標が掲げられた。
 特に水素・アンモニア燃料よりも、e-methaneは利用インフラが都市ガス産業に存在し、水素大量導入の際に水素利用の一形態として注目される技術でもある。
 e-methaneは再エネ水素とCO2の合成で製造されるので、再エネ水素の製造単価を如何に引き下げるかが、e-methaneの普及のカギを握る。
 本企画では低価格化に向けた再エネ水素を製造する水電解やe-mehtnaneの実証試験、複数の企業が参加したe-methaneを船舶の代替燃料とする導入可能性調査研究などの内容を紹介するとともに、e-methaneの普及に向けた官民の動向、国際的な動向を紹介する。

  1. メタネーション技術
    • 脱炭素技術、メタネーションとは? 当社の触媒の特徴
    • メタネーション技術のメリット
    • カーボンニュートラルとメタネーション
    • CO2削減効果
  2. メタネーション技術開発の歴史
    • 世界初のPower to Methane0.1Nm3-CH4/h
    • 東北工業大学1Nm3-CH4/h
    • 世界におけるメタネーション技術の実証試験
    • 東京ガス殿へのメタネーション反応器を納入 (2010年)
    • 2012年NEDO事業とPTTEP共同開発
    • NEDO高効率メタン化触媒を用いた水素・メタン変換
    • 日立造船のメタネーション技術の歴史
  3. 再エネ水素〜グリーン水素水電解開発の歴史
    • 日立造船の水電解開発の歴史•再エネからの水素変換
    • 再エネ水素の実証試験における納入実績
    • PEM型水電解装置の大型化
    • 山梨県企業局のNEDO実証事業への協力/連携
  4. 第6次エネルギー基本計画に向けたメタネーション技術の政策動向
    • これまでのメタネーション技術の政策動向
    • 2050年ゼロエミ宣言と2030年46%削減
    • 脱炭素社会の実現に向けて〜第6次エネルギー基本計画
**「2050年に向けたガス事業の在り方研究会」ガスの役割イメージ
  • ガスの役割を果たすための取り組み日本ガス協会提出資料
  • 2050年に向けたガス事業の在り方研究会」中間議論まとめ〜第6次エネルギー基本計画の策定に向けて〜
  • メタネーション推進官民協議会
  1. 日立造船が取り組むナショナルプロジェクト
    • NEDO CO2有効利用技術開発事業
    • 実証試験評価、事業評価 NEDO CO2有効利用技術開発事業
    • 現時点での技術開発シナリオ NEDO CO2有効利用技術開発事業
    • 環境省「清掃工場から回収した二酸化炭素の資源化による炭素循環モデルの構築実証」事業
    • 清掃工場から回収した二酸化炭素の資源化による炭素循環モデルの構築実証
    • 小田原市清掃工場実証試験設備完成予想図
    • NEDO「中国におけるメタネーション技術の導入可能性調査」事業
  2. メタネーション技術の普及・拡大
    • CCR研究会メタネーション技術の普及・拡大
    • CCR研究会「船舶カーボンリサイクルWG」の活動例
    • メタネーション推進官民協議会
    • 船舶WGの活動例の背景〜運輸部門での特筆すべきトピックス〜
    • 船舶用代替燃料に関する現在の評価•社会実装に向けた課題及び提言
  3. 今後の課題
    • 改定「水素基本戦略」の具体的水素導入目標
**「水素基本戦略」に示された炭素集約度とは?
  • 水素の多様な利用形態

講師

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 40,000円 (税別) / 44,000円 (税込)
複数名
: 18,000円 (税別) / 19,800円 (税込) (案内をご希望の場合に限ります)

案内割引・複数名同時申込割引について

シーエムシーリサーチからの案内をご希望の方は、割引特典を受けられます。
また、2名様以上同時申込で全員案内登録をしていただいた場合、1名様あたり半額の 18,000円(税別) / 19,800円(税込)となります。

  • Eメール案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 36,000円(税別) / 39,600円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 36,000円(税別) / 39,600円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 54,000円(税別) / 59,400円(税込)
  • Eメール案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 40,000円(税別) / 44,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 80,000円(税別) / 88,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 120,000円(税別) / 132,000円(税込)

アカデミック割引

  • 1名様あたり 24,000円(税別) / 26,400円(税込)

学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2024/4/24 NOx (窒素酸化物) 対策と水素・燃料アンモニアの導入方策 オンライン
2024/4/25 二酸化炭素 (CO2) 吸収・分離・回収の基礎知識及び応用分野と、これら技術の今後のゆくえ オンライン
2024/5/9 ゼロから学ぶ再エネビジネス基礎講座 (全2回) オンライン
2024/5/9 再エネ電力・環境価値取引で抑えたい知識と実務 オンライン
2024/5/10 容量市場・需給調整市場の基礎と最前線論点 (全2回) 会場・オンライン
2024/5/10 ゼロから学ぶ電気事業と容量市場 東京都 会場・オンライン
2024/5/20 アルカリ水電解技術の基礎と開発動向・展望 オンライン
2024/5/21 再生可能エネルギー源としての木質系バイオマス利用の道標 東京都 会場・オンライン
2024/5/22 出光興産株式会社における苫小牧CCUS構想と今後の課題 東京都 会場・オンライン
2024/5/22 カーボンニュートラル (CN) 社会における水素の役割とその技術動向 オンライン
2024/5/22 核融合炉 (フュージョン・エネルギー) の最新動向と構成材料の課題 オンライン
2024/5/22 核融合発電の最新開発動向、課題と実現への見通し 東京都 会場・オンライン
2024/5/23 FIP、コーポレートPPA等、2023年4月施行を踏まえて抑えたい知識と実務 オンライン
2024/5/23 水素サプライチェーンの実用化への取り組みと将来に向けた技術開発シナリオ 東京都 会場・オンライン
2024/5/27 核融合 (フュージョン) のイノベーション技術と産業応用 オンライン
2024/5/29 エクセルギーの基礎と実践的な計算・解析方法 オンライン
2024/5/30 洋上風力発電を取り巻く最新動向と今後の事業戦略 東京都 会場・オンライン
2024/5/30 EVを始めとした次世代自動車の普及展望とリチウム、コバルトなどLiB用金属資源の今後 オンライン
2024/6/4 カーボンニュートラル (CN) 社会における水素の役割とその技術動向 オンライン
2024/6/4 核融合炉 (フュージョン・エネルギー) の最新動向と構成材料の課題 オンライン

関連する出版物

発行年月
2023/11/24 2024年版 脱炭素エネルギー市場・技術と将来展望
2023/9/8 2024年版 スマートエネルギー市場の実態と将来展望
2023/7/7 2023年版 次世代住宅市場・技術の実態と将来展望
2023/6/9 2023年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2023/5/31 アンモニアの低温・低圧合成と新しい利用技術
2023/4/7 2023年版 脱炭素社会の市場予測・技術と将来展望
2023/3/10 2023年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2023/3/10 メタンと二酸化炭素
2023/2/17 2023年版 水素エネルギーの市場予測と将来展望
2023/1/20 2023年版 太陽光発電市場・技術の実態と将来展望
2022/12/28 カーボンニュートラルに向けた水素製造・P2Gと関連技術の最新動向
2022/11/21 海洋エネルギーの活用技術 (CD-ROM版)
2022/11/21 海洋エネルギーの活用技術
2022/11/11 2023年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望
2022/9/30 水素の製造とその輸送、貯蔵、利用技術
2022/7/15 2022年版 スマートエネルギー市場の実態と将来展望
2022/5/20 2022年版 スマートコミュニティ市場の実態と将来展望
2022/2/18 2022年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2022/1/21 2022年版 太陽光発電市場・技術の実態と将来展望
2021/12/16 カーボンニュートラルに向けた中低温産業排熱の最新利用技術と実践例