技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

光学用透明樹脂の基礎、屈折率制御および光吸収・散乱メカニズムと高透明化

光学用透明樹脂の基礎、屈折率制御および光吸収・散乱メカニズムと高透明化

~光学用透明ポリマー材料の開発、設計に必要な基礎知識を理解する講座~
オンライン 開催

概要

本セミナーでは、光技術分野へ透明ポリマーを応用する際、重要となる光学特性 (透明性、屈折率、複屈折) について、高分子構造と関係づけて定量的に解説し、理想的な光学特性を実現するにはどのようにして構造を制御し、どのような分子設計を行ったらよいのかについて解説いたします。

開催日

  • 2024年2月20日(火) 10時30分 16時30分

受講対象者

  • 透明ポリマーの応用製品に関連する技術者
    • ディスプレイ用光学フィルム
    • 光ディスク
    • 光学レンズ
    • 光ファイバー
    • LED照明
    • タッチパネルなどのデバイス開発
  • 光学材料の技術者・研究者

修得知識

  • 光学用透明樹脂の開発、設計に必要な基礎知識
  • 理想的な光学特性を実現するための構造制御、分子設計
  • ポリマーの光学特性の高性能化
    • 屈折率制御、複屈折制御、高透明化

プログラム

 透明ポリマーが、ディスプレイ用光学フィルム、光ディスク、光学レンズ、光ファイバーなど各種光学部材に用いられている。さらに、次世代照明、フレキシブルディスプレイなど次世代光技術の実用化においても、透明ポリマー材料の果たす役割は大きい。各種光学部材の機能を高め、次世代技術を実用化させるには、屈折率制御、複屈折制御、高透明化などポリマーの光学特性を高性能化する必要がある。
 本セミナーでは、光技術分野へ透明ポリマーを応用する際、重要となる光学特性 (透明性、屈折率、複屈折) について、高分子構造と関係づけて定量的に解説し、理想的な光学特性を実現するにはどのようにして構造を制御し、どのような分子設計を行ったらよいのかについて理解していただく。光学用透明ポリマー材料の開発、設計に必要な基礎知識を理解していただくことが本講座の目的である。また、ポリマーを構成する原子の種類とその数をパソコンに入力するのみで、屈折率および透明性が計算できる『透明ポリマーの光物性値予測システム』についてもご紹介させていただく。

  1. 第1講 透明樹脂の基礎
    1. 透明になるポリマーとは
    2. 非晶構造とガラス状態
  2. 第2講 屈折率制御と低複屈折化
    1. 屈折率制御
    2. 屈折率と分子構造
    3. 屈折率の波長依存性
    4. 屈折率の温度依存性
    5. 屈折率の制御、高屈折率化
    6. 透明ポリマーの屈折率予測
    7. 低複屈折化
    8. 複屈折と屈折率楕円体
    9. 配向複屈折
    10. 応力複屈折
    11. 複屈折の低減化
  3. 第3講 光吸収・散乱メカニズムと高透明化
    1. 光吸収損失
    2. 電子遷移吸収
    3. 原子振動吸収
    4. ポリマーの分子構造と光吸収損失
    5. 光吸収損失の低減化
    6. 光散乱損失
    7. 光散乱法による高次構造解析
    8. 屈折率不均一構造と光散乱損失
    9. 高透明化のための高次構造制御
    10. ポリマーの分子構造と光散乱損失
    11. 光散乱損失の低減化
    12. 高透明化
    13. 高透明ポリマーに要求される分子特性
    14. 高透明化のための分子設計
    15. 透明ポリマーの透明性予測
  4. 第4講 透明ポリマーのエイジング
    1. ガラス状態とガラス転移温度
    2. 高分子ガラスの物理的エイジング
    3. エイジングによる光学特性変化
    4. 光学特性の安定性・信頼性
  5. 第5講 透明ポリマーの光物性値予測システム
    1. 透明ポリマーの屈折率予測システム
    2. 透明ポリマーの透明性予測システム
    • 質疑応答

講師

  • 谷尾 宣久
    公立 千歳科学技術大学 理工学部 応用化学生物学科
    教授

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 36,200円 (税別) / 39,820円 (税込)
複数名
: 25,000円 (税別) / 27,500円 (税込)

複数名受講割引

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 25,000円(税別) / 27,500円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 36,200円(税別) / 39,820円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 75,000円(税別) / 82,500円(税込)
  • 同一法人内 (グループ会社でも可) による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」とご記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
  • サイエンス&テクノロジー社の「2名同時申込みで1名分無料」価格を適用しています。

アカデミー割引

教員、学生および医療従事者はアカデミー割引価格にて受講いただけます。

  • 1名様あたり 10,000円(税別) / 11,000円(税込)
  • 企業に属している方(出向または派遣の方も含む)は、対象外です。
  • お申込み者が大学所属名でも企業名義でお支払いの場合、対象外です。

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は郵送にて前日までにお送りいたします。
  • 開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
    ライブ配信の画面上でスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
    印刷物は後日お手元に届くことになります。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2024/2/26 樹脂・ゴム材料中におけるブリードアウト&ブルーム現象の発生メカニズムの解明と防止・対策技術 オンライン
2024/2/26 高分子材料の物性分析、分子構造解析技術の基礎と材料開発、物性改善への応用 オンライン
2024/2/26 熱伝導性フィラーを用いたポリマー系コンポジットの設計・開発ノウハウ オンライン
2024/2/27 プラスチック/フィルムにおける応力・ひずみ発生のメカニズムとその評価、応用 オンライン
2024/2/28 高分子材料 (樹脂・ゴム材料) 中におけるブリードアウト & ブルーム現象の発生メカニズムの解明と防止・対策技術 オンライン
2024/2/28 ポリマーアロイにおける相溶性の基礎と構造・物性制御 オンライン
2024/2/28 樹脂の硬化反応におけるレオロジー解析 オンライン
2024/2/28 流動場での、高分子の結晶化挙動の基礎と成形プロセス中の結晶化解析事例 オンライン
2024/2/28 再生医療のための機能性高分子バイオマテリアルの基礎と最新動向 オンライン
2024/2/28 プラスチックリサイクル技術の現状・課題・最新動向 オンライン
2024/2/29 高分子・複合材料の熱膨張メカニズムと低膨張化 オンライン
2024/2/29 高分子成形加工を理解するための高分子レオロジー入門 オンライン
2024/3/1 架橋技術 オンライン
2024/3/5 粘弾性挙動によるプラスチック成形品の残留応力の発生と解放のメカニズム オンライン
2024/3/6 ディスプレイ用光学材料・フィルムの基礎と原理、及び最近の動き、今後の予測・展望 オンライン
2024/3/6 高分子材料のレオロジー (粘弾性) の基礎と動的粘弾性測定 オンライン
2024/3/8 プラスチックレンズの基礎とトラブル対策事例 オンライン
2024/3/8 機械学習による高分子の劣化診断、予測技術 オンライン
2024/3/8 高分子材料の物性分析、分子構造解析技術の基礎と材料開発、物性改善への応用 オンライン
2024/3/8 プラスチック系の複合材料を使いこなす勘所 オンライン

関連する出版物