技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

自動車の電動化に向けた中国の取組みと国際社会への示唆

自動車の電動化に向けた中国の取組みと国際社会への示唆

オンライン 開催

開催日

  • 2024年1月12日(金) 13時00分 17時00分

受講対象者

  • 自動車産業に関係する方
    • 自動車部品
    • 完成車製造
    • 使用済み蓄電池処理等
  • エネルギー産業、ガソリンスタンド業界、充電インフラ業界、商社
  • 中国の自動車電動化の真相を知りたい方
  • 日本の自動車産業の再興と炭素排出実質ゼロの実現のヒントを得たい方

修得知識

  • 中国の自動車電動化の戦略目標、取組みと将来展望および世界における立ち位置
  • 自動車ビジネスで生き残るためのヒント
  • 中国と自動車関連ビジネス (部品や電池調達なども含む) を展開する場合のヒント
  • 中国における自動車関連ビジネスに関する示唆
  • ご自身の会社の比較優位性、比較劣位性を確認する手掛かり
  • 自動車電動化における日中の違い

プログラム

 脱炭素化は世界的な流れである。日本も中国も例外ではない。実現するには、あらゆる分野での脱化石燃料化が不可欠である。当然、石油系内燃機関車 (ICEV) から新エネルギー自動車 (NEV:電気車 (BEV) 、プラグインハイブリッド車 (PHEV) と水素燃料電池車 (FCV) を含む。ハイブリッド車 (HV) を含まない) への転換という自動車の電動化は避けて通れない。
 日本は、2019年ノーベル化学賞受賞者吉野彰氏が指摘したように、リチウムイオン電池等部品や素材の技術開発で世界をリードしているが、最終製品の産業化や国際競争力の面で立ち遅れてしまった。それに対し、中国は、脱炭素社会の実現と自動車「大国」から「強国」への変貌の一環として、NEVの産業育成と普及を戦略的に推進し、世界最大のNEV生産・販売国、保有国、輸出国に成長した。2023年1〜6月では、中国の自動車輸出台数が日本を抜いて世界首位となった。決して偶然ではない。内燃機関車が退場していくにつれ、業界の勢力図が大きく変わり、中国が自動車強国になるのはもはや夢物語ではなくなりつつある。
 本講座では、なぜ中国が自動車の電動化で世界の先頭に躍り出られたのか、NEV世界一の座を維持し続けられるのか、世界全体の自動車電動化、日本を含む先進国中心の自動車業界にどのような影響を与えうるのかなどについて解説する。また、NEV普及に不可欠な充電・電池交換インフラの整備、NEVによる脱炭素化に欠かせない化石電源から再生可能エネルギー電源への転換、車載用蓄電池に必要なリチウム資源確保、車載用蓄電池の安定供給、使用済み蓄電池の処理 (回収・再利用・リサイクル) 等の万国共通の課題に向けた中国の取組みも紹介する。合わせて、米国カリフォルニア州の取組みを参考に導入したNEV販売目標規制とクレジット取引制度、中国の実情や固有性を踏まえて展開している「NEV下郷 (NEVを農村部に普及させる) 」事業についても解説する。
 本講座の目的は、受講者に、中国の自動車電動化の戦略目標、取組みと将来展望および世界における立ち位置を体系的に明示するとともに、それに対して日本企業はどう対処すべきか、ご自身の会社が生き延びるためにはどうすべきか、関連ビジネスをどう展開ないし転換すべきか、などについて考えるきっかけを提供することである。

  1. 自動車電動化は中国の国家戦略
    1. 自動車電動化は石油安全保障の確保に欠かせない
    2. 自動車排ガス汚染を根絶するには自動車の電動化しかない
    3. 自動車分野の脱炭素化を実現するには自動車の電動化しかない
      • 中国が国連に提出した温暖化防止目標の推移
      • なぜ脱炭素「3060目標」が設定されたか?
    4. 自動車「大国」から「強国」への転換は電動化を避けて通れない
    5. NEV技術開発を国家戦略として推進:「863計画」
      • 内燃機関車では比較優位性がない
      • 電動化なら勝算ある:NEVは内燃機関車の延長線上ではなく、新世代の車
      • 中国の電動化はハイブリッド自動車 (HV) を含めない
    6. NEV産業育成と普及に向けた政府の取組み
      • 2009年から政府補助によるNEV導入実験事業を展開
      • 購入時補助金は2023年に廃止
      • NEVに対する自動車税が2012年から免除、現在に至る
      • 2013年から利用促進事業を86都市に拡大、その後全国展開
      • 2014年からNEVに対する自動車取得税を免除、減免は2027年まで
      • 2014年からNEV充電インフラ整備を本格化
      • NEV目標規制とクレジット取引制度を導入:自動車産業政策革命
      • NEV下郷 (NEVを農村部に普及させる) 」事業を2020年から展開
      • 中長期目標と実現ロードマップの明確化
  2. 自動車電動化の世界における中国の位置付け:先頭に躍り出た中国
    1. 中国はNEV生産・販売・保有台数が2015年から8年連続世界最大
    2. BYD等中国系は世界トップのNEVメーカーの列に
    3. CATL等中国系が世界トップの車載用蓄電池メーカーの列に
    4. 世界における車載用電池部材の供給動向:
      中国抜きにしてリチウムイオン電池の4大部材の安定供給を語れない
      • 正極材
      • 負極材
      • 電解液
      • セパレーター
    5. 世界におけるNEVモーター材料の供給動向:
      中国抜きにしてレアアースの安定供給を語れない
    6. 世界におけるNEVパワー半導体材料の供給動向:核心鉱物の脱中国依存は困難
    7. リチウム資源確保に向けた中国の取組み
      • 資源量は世界の上位:残存可採埋蔵量は4位、発見量は6位
      • 資源の地域分布、種類別分布と品位
      • リチウム産業発展に関する政府の基本方針と中長期計画
      • リチウム市場動向:生産量、需給バランス
      • 使用済みリチウムイオン電池からの資源回収
      • 海外リチウム開発における中国の取組み
  3. なぜ中国が世界の自動車電動化の先頭に立っているか:中国モデル
    1. ICEV販売台数は2017年をピークに減少
    2. なぜNEVが売れているか
      • 補助金の役割はもう終わった
      • ICEVが大都会で規制されているから、NEVが売れたとは、本当か
      • 多様なニーズに対応できるNEVの提供:車種・型式数、価格帯、航続距離分布
      • ICEVに対するNEVの比較優位性:取得コスト、保有コスト、走行コスト
      • NEV利便性の向上:航続距離の延伸、充電・電池交換インフラの充実
      • NEV目標規制とクレジット取引制度がNEVシフトを後押し
    3. なぜ中国製NEVが海外で売れているか
      • 価格性能比でみる国際競争力の高さ
      • 認知されつつあるBYD等中国系NEVブランド:輸出と現地生産
      • NEVサプライチェーンの強靭性による安定供給力
      • 炭素排出実質ゼロに向けた取組み強化が追い風
      • グローバルサウスに再生可能エネルギー電源とNEVを同時に提供できる
    4. NEVシフトの中国モデル:特徴と課題
      • 特徴1:自動車電動化を国家戦略として推進
      • 特徴2:理論的に有効、または国際的に有効と実証された対策を貪欲に導入
      • 特徴3:中国の実情や固有性に合わせた対策を試行錯誤的に模索し続ける
      • 課題
  4. 中国が電動化で世界一の自動車強国になれるか?
    1. どこが自他ともに認められている自動車強国なのか
    2. 自動車強国とは何か
    3. 将来展望:中国にとって自動車強国はもはや夢物語ではなくなりつつある
    4. 「弱肉強食」を促すNEV目標規制とクレジット取引制度の2023年改正
      • 制度改正のポイント
      • 2024年は後発者にとって中国市場で生きられるかどうかの正念場
    5. 今後の課題
  5. 国際社会への示唆
    1. 暫定的示唆:中国の経験は「他山の石」
    2. 進む電動化と先頭に立つ中国にどう対応すべきか
      • NEVシフトを総力戦で挑む
      • 先行者との連携
      • 中国事業の整理、撤退
      • 中国のNEVクレジット取引市場の活用で捲土重来を図る
  • 付録 自動車電動化に関するよくある誤解
    • 「火力発電中心だから意味がない」のではなく、電動化と電源脱炭素化を同時推進
    • 「NEV増えれば電力不足」ではなく、電力を再生可能エネルギー電源で供給できる
    • 「電動化で雇用を守れない」のではなく、電動化しなければ会社が生き延びられない

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 45,000円 (税別) / 49,500円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,750円 (税込) (案内をご希望の場合に限ります)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。

「案内の希望」をご選択いただいた場合、1名様 42,000円(税別) / 46,200円(税込) で受講いただけます。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 22,500円(税別) / 24,750円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,000円(税別) / 46,200円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 99,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 148,500円(税込)

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は郵送にて前日までにお送りいたします。
  • 開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
    ライブ配信の画面上でスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
    印刷物は後日お手元に届くことになります。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2024/3/8 EV熱マネジメントシステムの最適化とモータ・インバータ・電池の冷却技術 オンライン
2024/3/8 「大型3Dプリンター」を用いた新しい市場、求められる成形材料、その可能性 オンライン
2024/3/8 EV用リチウムイオン電池および全固体電池のリユース・リサイクル技術 オンライン
2024/3/8 アジア主要国のオーファンドラッグ薬事規制とマーケティング戦略のポイント オンライン
2024/3/12 自動車産業のサプライチェーンと業界動向 オンライン
2024/3/13 中国における化粧品原料規制および申請・登録対応のポイント オンライン
2024/3/13 自動車の軽量化に向けた構造接着剤の設計と評価 オンライン
2024/3/14 EV用リン酸マンガン鉄リチウムイオン (LMFP) 電池の市場と技術展望 オンライン
2024/3/15 アジア主要国のオーファンドラッグ薬事規制とマーケティング戦略のポイント オンライン
2024/3/20 自動車産業のサプライチェーンと業界動向 オンライン
2024/3/21 自動車の電動化に向けた、シリコン、SiC・GaNパワーデバイス開発の最新状況と今後の動向 オンライン
2024/3/22 自動車における熱マネジメント技術と求められる技術・部品・材料 オンライン
2024/4/16 自動車のEV化とプラスチックの電磁波シールドめっき オンライン
2024/4/19 車載半導体の最新技術と今後の動向 オンライン
2024/4/25 空飛ぶクルマの市場動向と社会実装委向けた研究開発 オンライン
2024/4/26 自動車の電動化に向けた半導体封止樹脂の設計と評価 オンライン
2024/5/8 自動車の電動化に向けた半導体封止樹脂の設計と評価 オンライン
2024/5/8 空飛ぶクルマの市場動向と社会実装委向けた研究開発 オンライン
2024/5/30 EVを始めとした次世代自動車の普及展望とリチウム、コバルトなどLiB用金属資源の今後 オンライン

関連する出版物

発行年月
2023/5/19 世界の充電インフラ 最新業界レポート
2022/6/30 自動運転車に向けた電子機器・部品の開発と制御技術
2022/5/31 自動車マルチマテリアルに向けた樹脂複合材料の開発
2022/5/6 EV、PHEV、HEVと燃料電池車の環境・走行性能分析 (書籍版)
2022/5/6 EV、PHEV、HEVと燃料電池車の環境・走行性能分析 (書籍+PDF版)
2022/4/15 2022年版 スマートモビリティ市場の実態と将来展望
2022/3/9 EV用リチウムイオン電池と原材料・部材のサプライチェーン (書籍 + PDF版)
2022/3/9 EV用リチウムイオン電池と原材料・部材のサプライチェーン (書籍版)
2022/2/4 世界のxEV、車載用LIB・LIB材料 最新業界レポート
2022/1/20 脱炭素へ、EVの役割と電池・原材料の安定供給 2030/35年モデルと諸問題の検証
2021/9/30 自動車室内の静粛性向上と、防音・防振技術、材料の開発
2021/6/22 EV用リチウムイオン電池のリユース・リサイクル2021
2021/4/13 GAFA+Mの自動運転車開発最前線
2021/3/19 2021年版 モビリティ市場・技術の実態と将来展望
2021/1/31 次世代EV/HEV用モータの高出力化と関連材料の開発
2020/12/25 次世代自動車の熱マネジメント
2020/3/19 低炭素社会とバッテリーアグリゲーション
2019/12/13 2020年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2019/4/1 車載用LIBの急速充電性能・耐久性と市場
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例