技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

空飛ぶクルマ (eVTOL) の開発、使われる部材と要素技術の動き、その可能性

空飛ぶクルマ (eVTOL) の開発、使われる部材と要素技術の動き、その可能性

~複合材料、モーター、バッテリー、制御用電子デバイス、航続距離の向上、騒音対策など今後求められる素材や電子デバイスとは~
オンライン 開催

概要

本セミナーでは、「空飛ぶ車」の日米欧の最新開発動向とその実現性、ビジネスチャンスについて解説いたします。
また、規制緩和の動き、有人飛行時の課題、海外での研究開発動向なども解説いたします。

開催日

  • 2023年12月11日(月) 10時00分 17時00分

プログラム

基調講演: 第1部 空飛ぶクルマの社会実装に向けた研究開発の取り組み

(2023年12月11日 10:00〜11:00)

 空飛ぶクルマはヒト・モノの新しい移動手段として、機体開発や運航管理技術などの研究開発や実証実験、法整備などのルール作りが進んでおり、今後の市場拡大が期待されています。NEDOにて研究開発中の要素技術、および、技術を社会実装につなげるための国際標準化への取り組みについて紹介します。

  1. 空飛ぶクルマに関連する国内外の状況
  2. 研究開発プロジェクト
  3. 研究開発中の要素技術
    1. 機体技術
    2. 性能評価技術
    3. 運航管理技術
  4. 国際標準化への取り組み
  5. 研究開発成果の発信
    • 質疑応答

第2部 コンポジット技術が活きる空飛ぶクルマ

(2023年12月11日 11:15〜12:15)

  1. 東レ・カーボンマジックの紹介
  2. 炭素繊維複合材料の概要
  3. 次世代モビリティとの関わり
  4. 空飛ぶクルマへの適用可能性と課題
  5. 今後の展望
    • 質疑応答

第3部 空飛ぶクルマ (e-VTOL) における推進・操縦系統技術と安全性設計のポイント

(2023年12月11日 13:15〜14:45)

 空飛ぶクルマは、従来のヘリコプターや固定翼航空機とは異なったコンフィギュレーションをもった 航空機であるため、安全性の設計においても従来航空機の設計をベースに十分な安全性をもったもの でなければならない。 このための安全性設計ポイントを説明する。

  1. 型式証明と安全性
  2. e-VTOL機の安全性設計
    1. 従来航空機との違い
    2. 安全性の要求
    3. 安全性解析
      • FHA
      • FMEA
      • FTA
      • CMA
  3. 推進・操縦系統
    1. 従来航空機の推進系統と操縦系統
    2. e-VTOL機の推進・操縦系統
    3. 故障確率と冗長性
  4. e-VTOL 期の安全性設計のポイント
    1. 構造設計 (プライマリ・ストラクチャーとクリティカルパーツ)
    2. システム設計
    3. 鳥衝突
    4. 耐雷、電磁干渉
    • 質疑応答

第4部 「空飛ぶクルマ」の研究開発の動きと展望 〜人が乗った状態での浮上実験の御紹介を含めて〜

(2023年12月11日 15:00〜17:00)

 ドローンと呼ばれているマルチコプタの制御技術を用いた空飛ぶクルマの開発について、その歴史的な経緯、分類や技術的な背景について講演します。また、技術的な背景については、なるべく簡易な説明で詳細に解説を致します。

  1. 空飛ぶクルマ SkyCarとFlying Vehicle
  2. SkyCarの歴史とその種類
  3. 空飛ぶクルマの原理 揚力
  4. 固定翼機と回転翼機
  5. マルチコプタの発展
  6. 空飛ぶクルマの現状
  7. 日本での空飛ぶクルマと展望
  8. 「友人浮上実験」の紹介
    1. 実験の概要、目的
    2. 機体スペック、実験環境
    3. 実験風景の紹介、結果の考察、今後の課題など
    • 質疑応答

講師

  • 平山 紀之
    国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構 (NEDO) ロボット・AI部
    主査
  • 奥 明栄
    東レ・カーボンマジック株式会社
    代表取締役
  • 吉田 裕一
    PDエアロスペース株式会社
    CTO直轄 PM
  • 三輪 昌史
    徳島大学 大学院 社会産業理工学研究部
    准教授
  • 山中 建二
    徳島大学 大学院 社会産業理工学研究部
    助教

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 60,000円 (税別) / 66,000円 (税込)
複数名
: 55,000円 (税別) / 60,500円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 55,000円(税別) / 60,500円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 60,000円(税別) / 66,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 110,000円(税別) / 121,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 165,000円(税別) / 181,500円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。

アカデミック割引

  • 1名様あたり 30,000円(税別) / 33,000円(税込)

日本国内に所在しており、以下に該当する方は、アカデミック割引が適用いただけます。

  • 学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院、短期大学、附属病院、高等専門学校および各種学校の教員、生徒
  • 病院などの医療機関・医療関連機関に勤務する医療従事者
  • 文部科学省、経済産業省が設置した独立行政法人に勤務する研究者。理化学研究所、産業技術総合研究所など
  • 公設試験研究機関。地方公共団体に置かれる試験所、研究センター、技術センターなどの機関で、試験研究および企業支援に関する業務に従事する方
  • 支払名義が企業の場合は対象外とさせていただきます。
  • 企業に属し、大学、公的機関に派遣または出向されている方は対象外とさせていただきます。

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は郵送にて前日までにお送りいたします。
  • 開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
    ライブ配信の画面上でスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
    印刷物は後日お手元に届くことになります。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

関連する出版物

発行年月
2022/6/30 自動運転車に向けた電子機器・部品の開発と制御技術
2022/5/31 自動車マルチマテリアルに向けた樹脂複合材料の開発
2022/5/6 EV、PHEV、HEVと燃料電池車の環境・走行性能分析 (書籍+PDF版)
2022/5/6 EV、PHEV、HEVと燃料電池車の環境・走行性能分析 (書籍版)
2022/4/15 2022年版 スマートモビリティ市場の実態と将来展望
2022/2/4 世界のxEV、車載用LIB・LIB材料 最新業界レポート
2021/9/30 自動車室内の静粛性向上と、防音・防振技術、材料の開発
2021/4/13 GAFA+Mの自動運転車開発最前線
2021/1/31 次世代EV/HEV用モータの高出力化と関連材料の開発
2020/12/25 次世代自動車の熱マネジメント
2019/12/13 2020年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例
2018/12/14 2019年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2018/11/30 EV・HEV向け電子部品、電装品開発とその最新事例
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2017/11/17 2018年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2017/5/31 車載センシング技術の開発とADAS、自動運転システムへの応用
2016/12/16 2017年版 次世代エコカー市場・技術の実態と将来展望
2016/11/16 2017年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2016/4/28 ドライバ状態の検出、推定技術と自動運転、運転支援システムへの応用