技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

ラマン分光分析の基礎と材料分析事例

ラマン分光分析の基礎と材料分析事例

~Web見学付き~
オンライン 開催 デモ付き

視聴期間は2023年8月21日〜25日を予定しております。
お申し込みは2023年8月21日まで承ります。

概要

本セミナーでは、レーザーラマン顕微鏡を使いこなすために必要な基礎知識や、ラマンスペクトルの扱い方について基礎から解説いたします。
また、講義終了後にレーザーラマン顕微鏡の説明、高分子材料の各種ラマン分光イメージング実演を行います。

開催日

  • 2023年8月21日(月) 13時00分 2023年8月25日(金) 16時00分

修得知識

  • ラマン分光法の基礎原理
  • ラマンスペクトルの解釈、解析手法
  • 炭素材料や高分子材料などにおけるラマン分光分析事例
  • サンプルに応じた分析テクニック

プログラム

 ラマン分光分析は、異物の同定をはじめ、成分分布の可視化、反応、劣化解析、経時変化のモニタ、さらには分子配向の評価まで幅広い解析に用いられる。
 本講は、レーザーラマン顕微鏡を使いこなすために必要な基礎知識や、ラマンスペクトルの扱い方の習得を目的とする。高分子や炭素材料をはじめとする様々な材料の測定事例や分析テクニック、よくあるご質問などもご紹介し、最後に実機を用いての測定の様子もご覧いただく。

  1. ラマン分光法の基礎
    1. 分子振動とラマン散乱
    2. レーザーラマン顕微鏡の光学系
    3. ラマンスペクトルとは
    4. ラマン分光法の特徴
  2. ラマンスペクトルの解析
    1. ラマンスペクトルからわかること
    2. ラマンスペクトルの解析手法
  3. 炭素材料や高分子材料などにおけるラマン分光イメージング事例
    1. ラマンイメージングとは
    2. 異物解析
    3. 層や成分分布の可視化
    4. 反応、劣化の追跡
    5. 構造変化、物性変化の評価
  4. サンプルに応じた測定条件の設定とテクニック
    1. レーザー波長
    2. 対物レンズ
    3. レーザーパワーと露光時間
    4. 共焦点スリット、ピンホールサイズ
  5. FAQ よくあるご質問

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 45,000円 (税別) / 49,500円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,750円 (税込) (案内をご希望の場合に限ります)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。

「案内の希望」をご選択いただいた場合、1名様 36,000円(税別) / 39,600円(税込) で受講いただけます。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 22,500円(税別) / 24,750円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 36,000円(税別) / 39,600円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 99,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 148,500円(税込)

アーカイブ配信セミナーをご希望の場合

  • 当日のセミナーを、後日にお手元のPCやスマホ・タブレッドなどからご視聴・学習することができます。
  • 配信開始となりましたら、改めてメールでご案内いたします。
  • 視聴サイトにログインしていただき、ご視聴いただきます。
  • 視聴期間は2023年8月21日〜25日を予定しております。
    ご視聴いただけなかった場合でも期間延長いたしませんのでご注意ください。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2024/3/5 化学分析・機器分析の実践知識と効率的な進め方 オンライン
2024/3/7 ベイズ統計及びベイズモデリングの基本的な考え方とその実践・活用 オンライン
2024/3/7 機械学習を用いたスペクトルデータ解析と材料開発への適用 オンライン
2024/3/15 分析データ、機器を用いた定量分析結果に対する統計解析の進め方 オンライン
2024/3/19 分析法バリデーション 統計解析入門と分析能パラメータの計算法 オンライン
2024/3/27 分析法バリデーション 統計解析入門と分析能パラメータの計算法 オンライン
2024/3/29 機械学習を用いたスペクトルデータ解析と材料開発への適用 オンライン
2024/4/10 FT-IR測定・同定の実務実践とアプリケーションテクニック・コツ オンライン
2024/4/15 実際の試験例を参考とした化粧品における安定性試験について オンライン
2024/4/16 企業人が使う機器分析入門 オンライン
2024/4/19 実際の試験例を参考とした化粧品における安定性試験について オンライン
2024/4/26 企業人が使う機器分析入門 オンライン
2024/4/26 「統計的品質管理」総合コース2023 オンライン
2024/4/26 データサイエンスの基礎 オンライン
2024/4/26 安定性試験の評価と有効期間の設定 オンライン
2024/4/26 サンプリング試験 (ロットの合否判定方法) への応用 オンライン
2024/4/26 プロセスバリデーションと年次照査 (APR) への応用 オンライン
2024/4/26 分析法バリデーションへの応用 オンライン
2024/4/26 Quality by Designのための実験計画法 オンライン
2024/5/30 高分子材料の構造・物性とラマン・赤外分光法による評価 オンライン