技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

地球環境問題の包括的理解と製品開発への投影

環境関連の教養を科学の視点と共に身に着ける

地球環境問題の包括的理解と製品開発への投影

オンライン 開催

視聴期間は2023年7月18日〜31日を予定しております。
お申し込みは2023年7月18日まで承ります。

開催日

  • 2023年7月18日(火) 10時30分 2023年7月31日(月) 16時30分

プログラム

 科学的証明が難しい「地球温暖化現象」をトリガーとして、さまざまな国際政治、経済活動、利益誘導が展開されています。「振れ幅の大きい気候変動」の原因を、CO2排出量増加に求める論調は既に主流です。世界のエネルギー源の首位は石炭ですが、それを排除しようとする動きが国際社会に歪まで与えています。
 一方、日本では B to C 企業のマーケティング素材として、SDGsや脱プラスチック宣言が利用され、ブームの様相を呈しています。このような状況下、自身の環境問題に対する知識と情報に問題意識を抱く企業人は増加傾向にあります。
 本セミナーは、地球環境問題の全体像を正確に客観的に理解するために企画されました。多面的な関連情報の提示を通して “ 環境問題への対応力と判断力を備えた企業人 ” を目指すことを、講義の最終目的に置いています。

  1. 多様な環境問題 多彩な論点
    1. IPCCと温室効果ガス
    2. COP 京都議定書とパリ協定
    3. Basel条約と廃プラスチック問題
    4. LCAの概念と生活用品への適用
    5. 国連主導のM・SDGsと日本の商業利用
    6. 国際炭素税に見るEUの政治戦略
  2. 科学で見極める 環境因子の定量化
    1. 温度計測と気象観測の信頼性
    2. 温室効果ガス 全7種類の性質と排出源
    3. カーボンニュートラルという概念
    4. 百家争鳴「本当に、地球は温暖化に向かっているのか」
      • Coffee Break with Quiz
        自身の理解度を知る 「環境クイズ」
  3. 失速した過去の環境技術 その教訓
    1. 生分解性プラスチックの右往左往
    2. ガソリン車よりもCO2排出量が増えるFCV
    3. バイオエタノールにみる日本林業の産業構造
    4. 籾殻シリカ 起承転結
  4. 報道に惑わされない教養 および これからの製品構想
    1. 環境政策 異質先進国 日本
    2. プラスチック悪役論の論理と病理
    3. 静かに進むバイオミネラリゼーション
    4. 製品設計に求められる環境調和技術
    • 質疑応答・名刺交換

講師

  • 渡辺 聡志
    材料技術研究所
    技術コンサルタント

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 47,500円 (税別) / 52,250円 (税込)
複数名
: 43,000円 (税別) / 47,300円 (税込)

複数名受講割引

  • 2名様でお申込みの場合、1名あたり 43,000円(税別) / 47,300円(税込) で受講いただけます。
  • 3名様以上でお申込みの場合、1名あたり 40,000円(税別) / 44,000円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 47,500円(税別) / 52,250円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 86,000円(税別) / 94,600円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 120,000円(税別) / 132,000円(税込)
  • 同一法人内 (グループ会社でも可) による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」とご記入ください。
  • 他の割引は併用できません。

受講特典

本講演は “アフターフォロー” が特別に付いた「安心セミナー」です。
講演後 1 か月間は直接メールで、講師に講演内容の再質問ができます。
もちろん回数制限などありません。親切で的確な対応は折り紙つきです。
※アーカイブ受講の方は、視聴開始日から1か月間になります。

アーカイブ配信セミナー

  • 「ビデオグ」を使ったアーカイブ配信セミナーとなります。
  • 当日のセミナーを、後日にお手元のPCなどからご視聴ができます。
  • お申し込み前に、 視聴環境 をご確認いただき、 視聴テスト にて動作確認をお願いいたします。
  • 後日(開催終了後から10日以内を目途)に、ID,パスワードをメールにてご連絡申し上げます。
  • 視聴期間は2023年7月18日〜31日を予定しております。
    ご視聴いただけなかった場合でも期間延長いたしませんのでご注意ください。
  • セミナー資料は印刷・送付いたします。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2024/3/4 機械学習による高分子の劣化診断、予測技術 オンライン
2024/3/5 粘弾性挙動によるプラスチック成形品の残留応力の発生と解放のメカニズム オンライン
2024/3/6 高分子材料のレオロジー (粘弾性) の基礎と動的粘弾性測定 オンライン
2024/3/8 高分子材料の物性分析、分子構造解析技術の基礎と材料開発、物性改善への応用 オンライン
2024/3/8 プラスチック系の複合材料を使いこなす勘所 オンライン
2024/3/11 UV硬化型樹脂の基礎と硬化過程の測定法及び評価・解析手法 オンライン
2024/3/11 熱伝導性フィラーを用いたポリマー系コンポジットの設計・開発ノウハウ オンライン
2024/3/12 高周波対応基板に向けた材料の表面処理、接着技術 オンライン
2024/3/12 高分子材料 (樹脂・ゴム材料) 中におけるブリードアウト & ブルーム現象の発生メカニズムの解明と防止・対策技術 オンライン
2024/3/12 ポリウレタンの基礎知識および応用展開と高機能化技術 オンライン
2024/3/12 ポリマーアロイにおける相溶性の基礎と構造・物性制御 オンライン
2024/3/13 日米欧におけるプラスチック容器包装リサイクルの現状と法規制、戦略 オンライン
2024/3/14 単細胞緑藻細胞を直接的に利用し生産される細胞プラスチックス オンライン
2024/3/15 ポリ乳酸の自己組織化が切り拓くバイオプラスチックの未来 オンライン
2024/3/15 高分子の劣化・変色メカニズムと対策技術、評価方法 オンライン
2024/3/15 食品接触材料の規制動向と溶出試験 オンライン
2024/3/15 カップリング剤によるフィラーの表面処理と樹脂への複合化、分散性評価 オンライン
2024/3/15 プラスチックスのリサイクルやバイオマス利用などの環境対策の現状と技術動向、および今後の展望 オンライン
2024/3/15 乳化重合・ソープフリー重合の基礎とポリマー微粒子の合成技術 オンライン
2024/3/18 固体高分解能 (13C) NMR法の基礎と測定・解析ノウハウ オンライン