技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

体外診断薬と診断技術に関する特許戦略

体外診断薬と診断技術に関する特許戦略

~広くて強い特許を国際的にどのように取得するのか~
オンライン 開催

視聴期間は2022年12月7日〜20日を予定しております。
お申し込みは2022年12月7日まで承ります。

概要

本セミナーでは、体外診断薬の特許動向 (国内・外国) と今後の方向性等、研究開発や特許実務に活かせる知識を詳解いたします。

開催日

  • 2022年12月7日(水) 13時00分 2022年12月20日(火) 16時30分

修得知識

  • 体外診断薬と診断技術の特許動向 (国内・外国) と今後の方向性
  • 体外診断薬と診断技術に関する特許実務の課題
  • 質の高い最適な特許出願と権利化のポイント
  • 体外診断薬と診断技術に関する特許の活用方法
  • 特許活用を視野に入れた研究開発や特許実務
  • 体外診断薬と診断技術に関する登録特許の最新事例
  • 知見に基づいた研究開発戦略や特許戦略の策定

プログラム

 近年、体外診断薬と診断技術への期待が高まっています。とくに、COVID-19のパンデミックにより、体外診断薬の重要性が高まる中、各業界では、体外診断薬の改良技術や商品開発に力を入れています。信頼性が高く、利用しやすい診断を提供するために、さまざまな研究開発が行われ、特許出願も増加しています。
 このような体外診断薬と診断技術について研究開発を推進するためには、特許戦略の構築が必要不可欠です。すなわち、研究開発のそれぞれの段階に対応して、どのような特許を取得し、どのように活用するかが重要な課題です。とくに、広くて強い特許を国際的に取得することが有効であり、その結果、研究成果を事業活動に最大限に活かすことができます。
 本講演では、このような観点から、体外診断薬と診断技術に関する技術動向や特許動向 (国内・外国) について分析したうえで、特許戦略の考え方について説明し、今後の課題と対応策について解説します。

  1. 体外診断薬と診断技術の現状と課題
    1. 体外診断薬と診断技術の特許出願動向 (国内・外国)
    2. 体外診断薬と診断技術の特許行政の動向
    3. 体外診断薬と診断技術の薬事行政の動向
  2. 体外診断薬と診断技術に関する各分野 (疾患別) の特許分析
    1. 各種癌・腫瘍に関する診断
    2. 感染症 (COVID-19等) に関する診断
    3. 免疫能、血液凝固能に関する診断
    4. 精神疾患に関する診断
    5. 治療方法又は治療効果の程度の診断
    6. 各種生体機能 (各種器官) に関する診断
  3. 体外診断薬と診断技術に関する要素技術 (検出対象) の特許分析
    1. 生体代謝物 (バイオマーカー)
    2. アミノ酸、ペプチド、蛋白質、糖、脂質、核酸等
    3. 抗原、抗体等
    4. ウイルス、微生物、原虫又はその卵等
    5. 薬物又はその代謝物等
  4. 体外診断薬と診断技術に関する研究開発と特許出願の課題
    1. 特許出願のタイミングと注意点
    2. 研究開発に必要な特許調査の注意点
    3. 研究開発戦略と特許戦略の一体化
    4. 今後の研究開発戦略の方向性
  5. 体外診断薬と診断技術に関する特許実務の課題
    1. 広くて強い特許とは、どのような特許か
    2. どの程度の進歩性が要求されるのか (従来技術との比較データなど)
    3. どの程度の開示が要求されるのか
      • 実験データ
      • 薬理データ
    4. 特許審査への対応
  6. 体外診断薬と診断技術に関する特許の活用方法
    1. 体外診断薬と診断技術に関連する特許ライセンスの課題
    2. 体外診断薬と診断技術のライセンス活動の実務上の留意点
    3. 他社の特許を侵害しない方法
    4. 事業戦略と特許戦略の一体化
  7. 体外診断薬と診断技術に関する登録特許の最新事例 (審査経緯の分析)
    1. 特許請求の範囲の最新事例 (国内・外国)
    2. 実施例は、どの程度、開示するべきか
    3. 進歩性や開示要件は、どの程度、要求されるのか
    4. 諸外国の登録特許の事例との比較
      • 米国
      • 欧州
      • 中国など
    5. 事例を踏まえた最適な明細書・クレームの提案
    • 質疑応答

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 30,400円 (税別) / 33,440円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,750円 (税込)

複数名受講割引

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 22,500円(税別) / 24,750円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 30,400円(税別) / 33,440円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • 同一法人内 (グループ会社でも可) による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」とご記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
  • サイエンス&テクノロジー社の「2名同時申込みで1名分無料」価格を適用しています。

アカデミー割引

教員、学生および医療従事者はアカデミー割引価格にて受講いただけます。

  • 1名様あたり 10,000円(税別) / 11,000円(税込)
  • 企業に属している方(出向または派遣の方も含む)は、対象外です。
  • お申込み者が大学所属名でも企業名義でお支払いの場合、対象外です。

アーカイブ配信セミナー

  • 「ビデオグ」を使ったアーカイブ配信セミナーとなります。
  • 当日のセミナーを、後日にお手元のPCなどからご視聴ができます。
  • お申し込み前に、 視聴環境 をご確認いただき、 視聴テスト にて動作確認をお願いいたします。
  • 後日(開催終了後から10日以内を目途)に、ID,パスワードをメールにてご連絡申し上げます。
  • 視聴期間は2022年12月7日〜20日を予定しております。ご視聴いただけなかった場合でも期間延長いたしませんのでご注意ください。
  • セミナー資料は、PDFファイルをダウンロードいただきます。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2023/1/30 体外診断用医薬品の臨床性能試験の進め方と薬事申請対応のポイント オンライン
2023/2/6 体外診断薬の開発・事業化戦略のポイント オンライン
2023/2/7 外国への特許出願戦略とその要否判断、出願国決定の条件 オンライン
2023/2/7 新規モダリティ医薬品における特許とアライアンスの現状と課題 オンライン
2023/2/10 新規事業創出のための発想法と技術ロードマップの作成法と技術・知財戦略の実践方法 オンライン
2023/2/10 他社特許の読み方、分析法と障害特許への対応 オンライン
2023/2/13 他社特許の分析手法と弱点の見つけ方 オンライン
2023/2/15 バイオ医薬品の最新動向と特許戦略のポイント オンライン
2023/2/15 日本および海外における体外診断薬特許戦略 オンライン
2023/2/16 事業戦略策定のための知財戦略 オンライン
2023/2/20 体外診断用医薬品の臨床性能試験の進め方と薬事申請対応のポイント オンライン
2023/2/20 体外診断薬の開発・事業化戦略のポイント オンライン
2023/2/21 AI創薬の知財戦略と経営への利活用 オンライン
2023/2/22 化学物質開発における分子設計から実用化プロセスまでの必須知識 オンライン
2023/2/22 特許戦略、分かっていますか? オンライン
2023/2/24 新規事業創出のための発想法と技術ロードマップの作成法と技術・知財戦略の実践方法 オンライン
2023/2/27 遺伝子治療薬の特許戦略とその活用 オンライン
2023/2/28 体外診断用医薬品の性能評価に必須の統計解析基礎講座 オンライン
2023/3/7 数値限定発明・パラメータ発明を有利に、確実に権利化するための出願・権利化のノウハウ 東京都 会場
2023/3/7 遺伝子治療薬の特許戦略とその活用 オンライン

関連する出版物

発行年月
2022/7/29 費用対効果に基づく外国特許出願国の選び方・進め方
2022/3/31 疾患原因遺伝子・タンパク質の解析技術と創薬/診断技術への応用
2021/3/31 経営・事業戦略に貢献する知財価値評価と効果的な活用法
2020/6/30 米国での体外診断用医薬品の開発/審査対応 実務集
2018/10/8 P&G 技術開発実態分析調査報告書
2018/10/8 P&G 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2017/9/29 疾患・病態検査・診断法の開発
2017/6/21 体外診断用医薬品開発ノウハウ
2014/7/30 キヤノン〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/30 キヤノン〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/25 有機EL〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/25 有機EL〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/15 化粧品13社〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/15 化粧品13社〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/10 芳香剤 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/10 芳香剤 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/6/1 パテントマップの全知識 (増刷改訂版)
2013/12/20 紙おむつ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2013/12/20 紙おむつ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/10/20 TI〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)