技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

経済性工学の基礎と実践セミナー

半日で学べるR&D技術者のための

経済性工学の基礎と実践セミナー

~感度分析可能なExcel ROI シミュレータでよくある事例を演習~
オンライン 開催 PC実習付き

視聴期間は2022年11月25日〜12月2日を予定しております。
お申し込みは2022年11月28日まで承ります。

概要

本セミナーでは、経済性工学について基礎から解説し、Excel版ROIシミュレータでの実践を通して、1日で使えるレベルまで学んでいただけます。

開催日

  • 2022年11月28日(月) 13時00分 2022年12月2日(金) 17時00分

修得知識

  • 30年蓄積した利益創出のための実践スキルを公開します
  • ExcelのROIシミュレータ演習で、実践力を体得します
  • 利益に繋げるため、投資効果だけでなく、会計の間違いやすいポイントも学べます

プログラム

 経済性工学とは、利益の最大化、費用の最小化を目的として、将来に向け経済的に有利な意思決定をするための損得計算のことです。利益に結びついた解決策は、意思決定の原理原則、代替案との差異に注力することです。いままでのセミナーと何処が違うのか?ポイントは次の通り。

  • 技術者が設備投資効果を正しく把握して利益に直結できる。
  • Excel のROI シミュレータ演習で、実践力を養える。
  • 逆演算による感度分析が可能なため、デザインレビュー (DR) にも使える。
  1. はじめに (研修の狙い)
  2. 技術者が外せないコストマネジメント
    1. 付加価値とは
    2. 損益分岐点とは
    3. プロダクトミックス
    4. 手余りと手不足問題
      • 演習 (1)
  3. 経済性工学の基本と現場のよくある例題
    1. 損得計算の意味
    2. 現価、年価、終価とは
    3. 経済性工学の原理原則
    4. 正味現在価値法 NPV
    5. 内部収益率法 IRR
    6. 投資回収期間法
    7. 投資効果測定法の特徴
    8. フリーキャッシュフローによるDCF 法
    9. 設備の取替問題と財務会計上の損失
  4. 現場のよくあるテーマのケーススタディ
    1. 独立案、排反案、混合案の投資効果 演習 (2)
    2. 内外製と遊休設備投資効果分析 演習 (3)
    3. 間違いやすい事例 演習 (4)
  5. まとめ
    • 総合Q&A

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 45,000円 (税別) / 49,500円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,750円 (税込) (案内をご希望の場合に限ります)

受講者の声

  • 意思決定の優先順位の勘違いに気づきました。
  • 感度分析の重要性を納得できました。
  • 埋没原価、機会原価等の重要性を理解できました。
  • 利益に直結する間違いやすい意思決定法を学べました。

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。

「案内の希望」をご選択いただいた場合、1名様 40,000円(税別) / 44,000円(税込) で受講いただけます。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 22,500円(税別) / 24,750円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 40,000円(税別) / 44,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 99,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 148,500円(税込)

ライブ配信対応セミナー / アーカイブ配信対応セミナー

  • 「Zoom」を使ったライブ配信またはアーカイブ配信セミナーのいずれかをご選択いただけます。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。

ライブ配信セミナーをご希望の場合

  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。

アーカイブ配信セミナーをご希望の場合

  • 当日のセミナーを、後日にお手元のPCやスマホ・タブレッドなどからご視聴・学習することができます。
  • 配信開始となりましたら、改めてメールでご案内いたします。
  • 視聴サイトにログインしていただき、ご視聴いただきます。
  • 視聴期間は10日間です。ご視聴いただけなかった場合でも期間延長いたしませんのでご注意ください。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/12/13 研究開発テーマの費用対効果と算出・評価の見える化 オンライン
2022/12/13 品質管理の基礎 (2) オンライン
2022/12/16 薬物動態解析に用いる数学入門 オンライン
2022/12/16 臨床試験におけるサンプルサイズ設計の基礎と具体的な事例による実践 オンライン
2022/12/19 実験計画法の最適化と材料開発への応用 オンライン
2022/12/20 開発成果の質と開発効率を向上させる「統計的組合せ最適化:実験計画法」と「Excel上で構築可能な人工知能を使用する汎用的インフォマティクス:非線形実験計画法」実践入門 オンライン
2022/12/20 分析法バリデーションのための統計解析入門と各パラメータの具体的な計算方法 東京都 会場・オンライン
2022/12/20 品質管理の基礎 (3) オンライン
2022/12/22 安定性試験の統計解析 (経時変化の程度と規格外れのリスクをデータから推定) オンライン
2022/12/23 開発成果の質と開発効率を向上させる「統計的組合せ最適化:実験計画法」と「Excel上で構築可能な人工知能を使用する汎用的インフォマティクス:非線形実験計画法」実践入門 オンライン
2022/12/23 臨床試験におけるサンプルサイズ設計の基礎と具体的な事例による実践 オンライン
2023/1/5 分析法バリデーションのための統計解析入門と各パラメータの具体的な計算方法 オンライン
2023/1/10 安定性試験の統計解析 (経時変化の程度と規格外れのリスクをデータから推定) オンライン
2023/1/10 統計手法の基礎 オンライン
2023/1/12 医薬品マーケティング戦略の立案における分析・予測・計画スキルの習得セミナー オンライン
2023/1/17 検定・推定 (主に計量値) オンライン
2023/1/18 研究開発プロジェクトのマネジメント手法とその理想像・失敗事例 オンライン
2023/1/20 「会計基礎知識」習得セミナー オンライン
2023/1/24 技術者・研究者のためのコストマネジメント オンライン
2023/1/24 「安全係数と検査基準・規格値」決定法 オンライン