技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

自動車用パワーエレクトロニクスの基礎と技術動向

自動車用パワーエレクトロニクスの基礎と技術動向

~PCU、インバータ、DC/DCコンバータ~
東京都 開催 会場 開催

概要

本セミナーでは、電気自動車において電力変換を担い、電費に直接影響を与えるPCU (パワーコントロールユニット) の役割、構成、小型化・高出力化に向けた技術動向やPCUを構成するインバータ、コンバータ等の自動車用パワーエレクトロニクス技術動向等を解説いたします。

開催日

  • 2022年7月22日(金) 10時30分 16時30分

修得知識

  • 現在の市販車に使われている技術の基礎、概要
    • PCU
    • インバータ
    • 自動車用パワーエレクトロニクス
    • モータ制御
    • DC/DCコンバータ

プログラム

 現在、パワーエレクトロニクス技術は、EV、HEVはいうに及ばず、エンジン駆動の自動車においても、パワステをはじめとした様々な補機等にも適用されてきている。ところが車載する自動車用パワーエレクトロニクスは産業機械、家電などへの応用で発展してきたこれまでのパワーエレクトロニクスと少し異なる視点が求められている。
 本講演では、インバータ、モータなどの主機の技術だけでなく、充電器、電動パワステ、電動エアコンなどをはじめとする自動車用パワエレ技術全般に関し、動向、今後の課題について、幅広く解説する。

  1. パワーエレクトロニクスの概要
    1. パワーエレクトロニクスとは
    2. スイッチングによる電力変換
    3. インダクタンスの働き
    4. キャパシタンスの働き
    5. パワエレの基本回路
  2. 自動車用パワーエレクトロニクスの技術
    1. 自動車に使われるパワエレ
    2. 自動車用パワエレ技術の特徴
    3. 自動車の接地環境
  3. EV・HVの概要
    1. EV・HVの機械的構成
    2. EV・HVの電気的構成
    3. ハイブリッド車の出力による分類
  4. EV・HVのパワートレーン
    1. BEV
    2. ストロングハイブリッド
    3. マイルドハイブリッド
    4. マイクロハイブリッド
  5. PCUとは
    1. ECUとPCU
    2. PCUの機能
    3. パワートレーンとPCU
  6. インバータの技術
    1. インバータの原理
    2. 実際のインバータ回路
    3. インバータの制御
    4. インバータによるモータ制御
  7. DCDCコンバータ
    1. 各種のDCDCコンバータ
    2. 自動車におけるDCDCコンバータの役割
    3. 昇圧コンバータと双方向コンバータ
    4. インターリーブ
    5. 補機用DCDCコンバータ
    6. 強電部品
  8. 車載充電器
    1. 充電方式
    2. 車載充電器の回路と性能
    3. 各社の車載充電器
  9. PCUの冷却
    1. パワーデバイスで発生する損失
    2. 伝熱と熱抵抗
    3. 過渡熱抵抗
    4. PCUの冷却技術
  10. 各社のPCUの概要
    1. トヨタ車のPCU
    2. ホンダ車のPCU
    3. 日産車のPCU
  11. 補機のパワーエレクトロニクス
    1. EPS
    2. 電動ポンプ
    3. 電動エアコン
  12. 今後の動向と将来展望
    1. 48Vシステム
    2. ワイドバンドギャップデバイス

講師

会場

ちよだプラットフォームスクウェア
東京都 千代田区 神田錦町3-21
ちよだプラットフォームスクウェアの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,750円 (税込) (案内をご希望の場合に限ります)

案内割引・複数名同時申込割引について

シーエムシーリサーチからの案内をご希望の方は、割引特典を受けられます。
また、2名様以上同時申込で全員案内登録をしていただいた場合、1名様あたり半額の 22,500円(税別) / 24,750円(税込)となります。

  • Eメール案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • Eメール案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 110,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 165,000円(税込)

アカデミック割引

  • 1名様あたり 24,000円(税別) / 26,400円(税込)

学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。

本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/8/9 演習によるDC/DCコンバータレベルアップ講座 オンライン
2022/8/19 インバータ (初級) オンライン
2022/8/19 振動・騒音を低減する材料技術とその予測技術 オンライン
2022/8/19 EVをはじめとした次世代自動車の最新動向とリチウム、コバルト、ニッケル等のレアメタルと希ガスの今後の見通し オンライン
2022/8/22 e-Axleを事例にその周辺部材の小型軽量化と信頼性向上 オンライン
2022/8/22 自動車用ワイヤレス給電の基礎と実用化に向けた法整備・標準化、及び技術的課題 オンライン
2022/8/23 自動車排ガス浄化触媒材料の評価・解析と開発動向 オンライン
2022/8/25 DC/DCコンバータの徹底理解講座 (フォワード型) オンライン
2022/8/26 基礎パワエレ回路の速習法 オンライン
2022/8/26 燃料電池・EV商用車とインフラの最新動向 オンライン
2022/8/29 車載用電池のリユース/リサイクル技術と事業戦略 オンライン
2022/8/29 モータ/パワーモジュール/絶縁材料の部分放電と絶縁評価技術 オンライン
2022/8/30 自動車分野におけるプラスチックの動向およびリサイクルの動き オンライン
2022/8/30 自動車室内の快適性を向上させるスマートウィンドウ技術の最新動向 オンライン
2022/8/31 アナログ回路の設計技術の基礎とトラブル回避のポイント オンライン
2022/8/31 電気自動車市場の成長とリチウムイオン電池のリユース・リサイクルの動向 オンライン
2022/9/1 自動運転のための画像処理を中心としたセンサフュージョン技術 オンライン
2022/9/1 ミリ波レーダ技術と自動車への応用 オンライン
2022/9/2 パワーデバイス 半導体物性・デバイス特性・回路応用をつなげて学ぶ オンライン
2022/9/6 e-Axleの技術と市場展望 オンライン

関連する出版物

発行年月
2022/5/6 EV、PHEV、HEVと燃料電池車の環境・走行性能分析 (書籍版)
2022/5/6 EV、PHEV、HEVと燃料電池車の環境・走行性能分析 (書籍+PDF版)
2022/4/15 2022年版 スマートモビリティ市場の実態と将来展望
2022/3/9 EV用リチウムイオン電池と原材料・部材のサプライチェーン (書籍版)
2022/3/9 EV用リチウムイオン電池と原材料・部材のサプライチェーン (書籍 + PDF版)
2022/2/4 世界のxEV、車載用LIB・LIB材料 最新業界レポート
2022/1/20 脱炭素へ、EVの役割と電池・原材料の安定供給 2030/35年モデルと諸問題の検証
2021/9/30 自動車室内の静粛性向上と、防音・防振技術、材料の開発
2021/6/22 EV用リチウムイオン電池のリユース・リサイクル2021
2021/4/13 GAFA+Mの自動運転車開発最前線
2021/3/19 2021年版 モビリティ市場・技術の実態と将来展望
2021/1/31 次世代EV/HEV用モータの高出力化と関連材料の開発
2020/12/25 次世代自動車の熱マネジメント
2020/3/19 低炭素社会とバッテリーアグリゲーション
2019/12/13 2020年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2019/4/1 車載用LIBの急速充電性能・耐久性と市場
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例
2018/12/14 2019年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2018/11/30 EV・HEV向け電子部品、電装品開発とその最新事例
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018