技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

xEV・LIB・LIB構成部材の市場動向

xEV・LIB・LIB構成部材の市場動向

~中国・欧州・米国・日本の4市場の展望~
オンライン 開催

開催日

  • 2022年7月4日(月) 13時30分 16時30分

受講対象者

  • 自動車業界、電池業界、部材業界の経営層、エンジニア、研究、営業・マーケティング部門

修得知識

  • 電動化に伴う各種規制
  • 自動車各社の対応
  • 電池業界の現状と今後
  • 部材業界の現状と今後
  • 安全性にまつわる事故とその要因
  • 欧州発のリサイクル規制とリサイクル技術
  • 次世代革新電池の研究開発
  • 政府の支援策
  • 各業界に求められる戦略と対応

プログラム

 米国ZEV規制と欧州CO2規制を始め、中国ではエコカー政策とNEV規制が2019年に発効している。NEV規制では日本が得意としているハイブリッド車 (HEV) はクレジット対象から除外されてきたが、19年7月に見直しをかけ、21年からHEVも優遇する方針転換を図った。しかし一方、欧米では35年にHEVに対する販売規制を打ち出している。このような状況下で、自動車業界、電池業界、部材業界はしたたかな戦略が必要とされている。各業界のEVシフトに対応する積極投資もあり、22年以降を見据えてグローバル競争が激化する。
 本セミナーでは、国内外における自動車業界の動向、リチウムイオン電池および関連部材の市場・技術動向、さらには各業界に求められる対応・戦略等について述べる。一方、安全性にまつわる事故はこれまでも多発し、最重要課題にもかかわらずまだ課題を残す。安全性や信頼性はサプライチェーン上にかかわる全てのメーカーに責任が及ぶ恐れがあり、電池メーカーのみでなく部材メーカーも意識しておく必要がある。ここでは、電池の安全性評価法や国連規則に対応する試験各種とともに、最近の安全性にかかわる現況について言及する。
 そして、車載電池の再利用とリサイクルは今後の循環型社会を構築する上で極めて重要なビジネスとなる。2020年12月にはEU電池規制案が公表され、かなりハードルの高い数値目標が打ち出されており、そこには解決すべき課題が山積する。再利用の実態や元素リサイクルに向けた各国の状況と日本の進め方を議論する。また、トヨタを中心に全固体電池、次世代電池の研究開発も全世界的に活発になっている中で、その期待度と課題についても触れる。
 最後に、リチウムイオン電池に関わる日本の各業界における課題を整理し、その解決策についても述べ、その中で政府が支援すべき事項について提言している内容も紹介する。

  1. 自動車電動化の法規動向と対応
    1. 米国ZEV法規発効からの電動化の流れ
    2. 各国の環境規制と電動化の加速
    3. 中国の電池政策~NEV規制の方針転換の影響
  2. 自動車各社の取り組みと電池戦略
    1. トヨタ自動車
    2. ホンダ
    3. 日産自動車
    4. 欧米韓自動車各社の動向
  3. LIB業界のビジネス動向と今後
    1. 各国の電池産業の現状と課題
    2. 電池業界における競争力比較
    3. 経済安全保障としての国別電池産業戦略
  4. LIB部材の変遷・市場動向
    1. 各部材ごとの課題
    2. 日系部材の急激なシェア低下の現状と背景
    3. 中国部材メーカーの躍進が及ぼすサプライチェーンの変遷
  5. LIBの安全性評価と受託試験・認証事業
    1. 車載用電池の事故・リコールの歴史
    2. 国連規則と認証事業
    3. エスペックの受託ビジネス・認証ビジネス
    4. ECE R100 Part IIの試験項目と事例
  6. 定置型蓄電池ビジネスの現状と今後
  7. 車載電池の再利用とリサイクル
    1. 再利用の事例と課題
    2. 再利用にあたっての取り組むべき事項
    3. EUリサイクル規制案
    4. 元素リサイクルの必要性と課題
    5. 国としてのリサイクル事業への支援
  8. 次世代革新電池の研究開発状況と課題
    1. 期待される次世代電池
    2. 全固体電池の現状と課題
  9. 日本の各業界における課題と対応策
    1. 自動車業界
    2. 電池業界
    3. 部材業界
    4. 投資に対する国の直接支援の必要性

講師

  • 佐藤 登
    名古屋大学 未来社会創造機構
    客員教授

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 40,000円 (税別) / 44,000円 (税込)
複数名
: 18,000円 (税別) / 19,800円 (税込) (案内をご希望の場合に限ります)

案内割引・複数名同時申込割引について

シーエムシーリサーチからの案内をご希望の方は、割引特典を受けられます。
また、2名様以上同時申込で全員案内登録をしていただいた場合、1名様あたり半額の 18,000円(税別) / 19,800円(税込)となります。

  • Eメール案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 36,000円(税別) / 39,600円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 36,000円(税別) / 39,600円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 54,000円(税別) / 59,400円(税込)
  • Eメール案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 40,000円(税別) / 44,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 80,000円(税別) / 88,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 120,000円(税別) / 132,000円(税込)

アカデミック割引

  • 1名様あたり 24,000円(税別) / 26,400円(税込)

学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/7/8 自動車騒音の発生メカニズム、(フェーズ3などの) 規制強化の動き、遮音・防音対策 オンライン
2022/7/14 リチウムイオン電池材料の開発方向性と安全性・寿命解析技術 オンライン
2022/7/15 自動車の電動化、脱炭素化の動向と関連製品の今後の展望 オンライン
2022/7/19 ドライバ状態モニタリング/センシング技術と統計処理・機械学習の活用 オンライン
2022/7/20 バッテリマネジメントシステム (BMS) の基礎と応用 オンライン
2022/7/21 リチウムイオン二次電池の特性評価、劣化・寿命診断 オンライン
2022/7/21 自動運転用センサフュージョン技術と動向 オンライン
2022/7/22 自動車用パワーエレクトロニクスの基礎と技術動向 東京都 会場
2022/7/22 リチウムイオン蓄電池最適管理のための残量・劣化推定技術解説 オンライン
2022/7/22 EV用リチウムイオン電池のリユース・リサイクル技術の動向と課題、今後の展望 オンライン
2022/7/25 全固体電池のインピーダンス測定 オンライン
2022/7/26 国内外メーカーのEVシフトと超小型EVの現状と今後の展望 オンライン
2022/7/28 自動車の自動運転におけるセンシング技術と移動物追跡技術 オンライン
2022/7/28 パワーエレクトロニクスの基礎とインバータ・コンバータおよび周辺技術 オンライン
2022/7/28 車載インテリアセンサーのグローバル市場動向とビジネスチャンス - 台頭する統合型アプローチ オンライン
2022/7/28 火災事故に学ぶ、LiB電池の安全対策 オンライン
2022/7/29 バッテリマネジメントとセルバランス技術 オンライン
2022/7/29 便利で豊かな社会づくりを支える生体・ヒューマンセンシングおよび情報処理技術とその市場展開・展望 (自動車・感情・生体認証) オンライン
2022/8/2 リチウム硫黄二次電池の材料開発とサイクル寿命の向上 オンライン
2022/8/2 カーボンニュートラルと自動車用材料 オンライン

関連する出版物

発行年月
2022/6/13 LiBメーカー主要7社 (CD-ROM版)
2022/6/13 LiBメーカー主要7社
2022/5/6 EV、PHEV、HEVと燃料電池車の環境・走行性能分析 (書籍版)
2022/5/6 EV、PHEV、HEVと燃料電池車の環境・走行性能分析 (書籍+PDF版)
2022/4/15 2022年版 スマートモビリティ市場の実態と将来展望
2022/3/9 EV用リチウムイオン電池と原材料・部材のサプライチェーン (書籍 + PDF版)
2022/3/9 EV用リチウムイオン電池と原材料・部材のサプライチェーン (書籍版)
2022/2/18 2022年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2022/2/4 世界のxEV、車載用LIB・LIB材料 最新業界レポート
2022/1/20 脱炭素へ、EVの役割と電池・原材料の安定供給 2030/35年モデルと諸問題の検証
2021/12/10 2022年版 スマートデバイス市場の実態と将来展望
2021/9/30 自動車室内の静粛性向上と、防音・防振技術、材料の開発
2021/8/20 2021年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2021/6/28 AI・MI・計算科学を活用した蓄電池研究開発動向
2021/6/22 EV用リチウムイオン電池のリユース・リサイクル2021
2021/4/26 全固体リチウムイオン電池の実用化と新たな材料市場 (書籍版 + CD版)
2021/4/26 全固体リチウムイオン電池の実用化と新たな材料市場
2021/4/16 2021年版 蓄電池・蓄電部品市場の実態と将来展望
2021/4/13 GAFA+Mの自動運転車開発最前線
2021/3/19 2021年版 モビリティ市場・技術の実態と将来展望