技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

自動車排ガス浄化触媒の基礎と評価・解析手法と高機能化

自動車排ガス浄化触媒の基礎と評価・解析手法と高機能化

~反応状態解析、触媒表面キャラクタリゼーション、改良・複合化による高機能化~
オンライン 開催

概要

本セミナーでは、自動車排出ガスのクリーン化について解説し、排出ガス用触媒の技術動向・評価分析について詳解いたします。

開催日

  • 2022年2月25日(金) 13時00分 16時30分

受講対象者

  • 排気ガス浄化に関連する技術者
  • 排気ガス浄化触媒に関連する技術者、研究者

修得知識

  • 自動車排ガス浄化触媒の基礎
  • 自動車排ガス浄化触媒の技術動向
  • 自動車排ガス浄化触媒の今後の方向性
  • 自動車排ガス浄化触媒材料の表面キャラクタリゼーション
  • 自動車排ガス浄化反応現象の解析
  • 酸化セリウム系材料の酸素貯蔵特性 (OSC) の評価・解析
  • OSC材改良、貴金属の複合化による触媒機能の高機能化

プログラム

 自動車の電動化が進められていますが、内燃機関を搭載した自動車 (ハイブリッドを含む) は依然として重要なモビリティとなっています。一方で、環境に対するリスクは依然として懸念されており、RDE規制の導入など排ガス規制はますます強化されています。このような状況下、排ガス浄化触媒の重要性がますます高まっています。
 本セミナーでは、自動車排ガス浄化触媒の基礎と評価・解析手法について詳しく解説します。また触媒の高機能化に関する最近の研究動向について紹介します。

  1. 自動車排ガス浄化触媒の概要
    1. ガソリン車用三元触媒
    2. ディーゼル車用排ガス浄化触媒
  2. 自動車排ガス浄化触媒材料の表面キャラクタリゼーション
    1. はじめに
    2. 赤外吸収分光法 (FT-IR) による貴金属の評価・解析
    3. 酸化セリウム系材料の酸素貯蔵特性 (OSC) の評価・解析
  3. 自動車排ガス浄化反応の解析
    1. in situ 分光法による三元触媒の反応活性点に関する解析
    2. 同位体ガスを活用した触媒反応解析
    3. SpaciMSによるハニカム内部の反応現象解析
  4. 排ガス浄化触媒の高機能化に関する研究動向
    1. OSC材改良による触媒機能の高度化
    2. 貴金属の複合化による触媒機能の高度化
  5. まとめ
    • 質疑応答

講師

  • 羽田 政明
    名古屋工業大学 先進セラミックス研究センター
    教授

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 30,400円 (税別) / 33,440円 (税込)
複数名
: 20,000円 (税別) / 22,000円 (税込)

複数名受講割引

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 20,000円(税別) / 22,000円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 30,400円(税別) / 33,440円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 40,000円(税別) / 44,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 60,000円(税別) / 66,000円(税込)
  • 同一法人内 (グループ会社でも可) による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」とご記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
  • サイエンス&テクノロジー社の「2名同時申込みで1名分無料」価格を適用しています。

アカデミー割引

教員、学生および医療従事者はアカデミー割引価格にて受講いただけます。

  • 1名様あたり 10,000円(税別) / 11,000円(税込)
  • 企業に属している方(出向または派遣の方も含む)は、対象外です。
  • お申込み者が大学所属名でも企業名義でお支払いの場合、対象外です。

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は郵送にて前日までにお送りいたします。
  • 開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
    ライブ配信の画面上でスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
    印刷物は後日お手元に届くことになります。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2024/3/8 EV熱マネジメントシステムの最適化とモータ・インバータ・電池の冷却技術 オンライン
2024/3/8 「大型3Dプリンター」を用いた新しい市場、求められる成形材料、その可能性 オンライン
2024/3/12 自動車産業のサプライチェーンと業界動向 オンライン
2024/3/13 自動車の軽量化に向けた構造接着剤の設計と評価 オンライン
2024/3/15 工業触媒の基礎とスケールアップへの応用 オンライン
2024/3/20 自動車産業のサプライチェーンと業界動向 オンライン
2024/3/21 自動車の電動化に向けた、シリコン、SiC・GaNパワーデバイス開発の最新状況と今後の動向 オンライン
2024/3/22 自動車における熱マネジメント技術と求められる技術・部品・材料 オンライン
2024/4/5 遷移金属錯体内包ゼオライト触媒の合成と酸化反応への応用 オンライン
2024/4/9 金属有機構造体 (MOF) のCO2吸着分離特性とその評価 オンライン
2024/4/16 自動車のEV化とプラスチックの電磁波シールドめっき オンライン
2024/4/19 車載半導体の最新技術と今後の動向 オンライン
2024/4/25 工業触媒の基礎とスケールアップ技術および触媒劣化対策 オンライン
2024/4/25 空飛ぶクルマの市場動向と社会実装委向けた研究開発 オンライン
2024/4/26 自動車の電動化に向けた半導体封止樹脂の設計と評価 オンライン
2024/5/7 工業触媒の基礎とスケールアップ技術および触媒劣化対策 オンライン
2024/5/8 自動車の電動化に向けた半導体封止樹脂の設計と評価 オンライン
2024/5/8 空飛ぶクルマの市場動向と社会実装委向けた研究開発 オンライン

関連する出版物

発行年月
2023/3/10 メタンと二酸化炭素
2022/6/30 自動運転車に向けた電子機器・部品の開発と制御技術
2022/5/31 自動車マルチマテリアルに向けた樹脂複合材料の開発
2022/5/6 EV、PHEV、HEVと燃料電池車の環境・走行性能分析 (書籍+PDF版)
2022/5/6 EV、PHEV、HEVと燃料電池車の環境・走行性能分析 (書籍版)
2022/4/15 2022年版 スマートモビリティ市場の実態と将来展望
2022/2/26 カーボンニュートラルを目指す最新の触媒技術
2022/2/4 世界のxEV、車載用LIB・LIB材料 最新業界レポート
2021/9/30 自動車室内の静粛性向上と、防音・防振技術、材料の開発
2021/4/20 触媒からみる炭素循環 (カーボンリサイクル) 技術 2021
2021/4/13 GAFA+Mの自動運転車開発最前線
2021/1/31 次世代EV/HEV用モータの高出力化と関連材料の開発
2020/12/25 次世代自動車の熱マネジメント
2020/11/30 触媒の劣化対策、長寿命化
2019/12/13 2020年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例
2019/1/31 マテリアルズ・インフォマティクスによる材料開発と活用集
2018/12/14 2019年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2018/11/30 EV・HEV向け電子部品、電装品開発とその最新事例
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018