技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

リチウムイオン電池産業 現状と今後の展望

リチウムイオン電池産業 現状と今後の展望

~経済安全保障の観点でも重要度増大~
オンライン 開催
本セミナーは、申し込みの受け付けを終了いたしました。

概要

モバイル用途、定置型蓄電池事業用途、車載用途等など、普及拡大の一途にあるリチウムイオン電池は、経済安全保障上の重要なテーマにもなっております。
本セミナーでは、車載用途を中心に、リチウムイオン電池の技術動向や市場動向、各プレイヤーの動き等など、国内外のリチウムイオン電池産業の現状と今後を解説いたします。

開催日

  • 2022年1月27日(木) 13時00分 16時30分

受講対象者

  • リチウムイオン電池に関連する方
    • 自動車業界
    • モバイル業界
    • 電池業界
    • 素材・部材業界 等

修得知識

  • 電池のアプリケーションごとの事業競争力
  • 自動車の電動化と電池戦略
  • 電池業界のグローバル競争とビジネスモデル
  • 車載電池における火災事故とリコール、およびその原因
  • 定置型蓄電池の現状と今後の展望
  • 次世代革新電池の現状と課題 など

プログラム

 リチウムイオン電池のモバイル用途では電動工具への適用が付加価値を高めている。定置用としては、太陽光発電のFIT終了による蓄電需要が日本国内で拡大している。しかしそれにも増して、車載用途での動きが最も活発であり、欧州と中国を中心にEVシフトが加速しつつある。
 米国ZEV規制強化と欧州CO2規制の運用、中国ではエコカー生産を強いるNEV規制が2019年から発効した。中国のエコカー政策は当初、生産可能な企業にライセンスを供与し、そして電池模範基準認証の取得ができないと中国内でのビジネスに大きな支障を来すようなものであった。しかし、外資への規制緩和によりエコカー生産のための合弁比率を緩和したことから電池模範基準認証自体の効力が焼失した。20年に入ってから中国政府は補助金打ち切り政策を撤回し、22年まで継続する方針を打ち出した。関連業界にとっては、また混乱するビジネス環境となり、その結果、自動車業界、電池業界、部材業界はしたたかな戦略が要求されている。
 2021年11月にグラスゴーで開催されたCOP26で議論された脱炭素の方向性と絡み、自動車の電動化は一層加速する。一方、トヨタ、スバル、マツダ、ホンダのEV計画、そして欧州勢の大胆なEVシフトと脱アジアを唱える自前電池産業の育成と積極投資、米国バイデン政権が発した経済安全保障の一環としての車載電池産業は大きな局面を迎えており、21年以降を見据えたグローバル競争が激化する。
 一方で、トヨタを中心に全固体電池の研究開発も全世界的に活発に展開されているが、EV用途からハイブリッド車用に当面のターゲットを変更したことは、それだけ課題の大きさを物語っている。注目すべき動向と各業界で必要とされる戦略、そして日本が解決すべき課題とその解決法についても提言する。

  1. モバイル用LIBの業界動向
    1. グローバル競争力の変遷
    2. 日本の電池産業が競争力を失った原因
    3. モバイル用LIBの事故・リコールの歴史
    4. LIBの安全性評価試験法の見直し
  2. 車載用用LIBの業界動向
    1. 米国ZEV法規発効からの電動化の流れ
    2. 各国の環境規制と電動化の加速~中国の政策転換
    3. 各国の電池産業の現状と課題
    4. 電池業界における競争力比較
    5. 車載用電池の事故・リコールの歴史
    6. 中国の政策に翻弄される自動車業界・電池業界
  3. 自動車各社のLIB搭載事例と全固体電池戦略
    1. トヨタ自動車
    2. ホンダ
    3. 日産自動車
    4. 欧州自動車各社
    5. 米韓自動車各社
  4. LIB部材業界のビジネス動向と課題
    1. LIB部材の変遷
    2. 日系部材業界のグローバル競争力の推移
  5. 安全性評価と受託試験・認証事業
    1. 国連規則と認証事業
    2. エスペックの受託ビジネス・認証ビジネス
    3. ECE R100 Part IIの項目と事例
    4. 車載電池の事故・リコール発生の要因
  6. 定置型蓄電事業
    1. 産業用と家庭用蓄電ビジネスモデル
    2. 電池各社の動向と戦略
  7. 電池の再利用とリサイクルビジネス
    1. 資源リサイクルの重要性
  8. 次世代革新電池の研究開発状況と課題
    1. 期待される次世代電池
    2. 全固体電池の現状と課題
    3. 基礎研究のあるべき姿
  9. 日本の各業界における解決すべき課題
    1. 自動車業界
    2. 電池業界
    3. 部材業界
    • 質疑応答

講師

  • 佐藤 登
    名古屋大学 未来社会創造機構
    客員教授

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 30,400円 (税別) / 33,440円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,750円 (税込)

複数名受講割引

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 22,500円(税別) / 24,750円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 30,400円(税別) / 33,440円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • 同一法人内 (グループ会社でも可) による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」とご記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
  • サイエンス&テクノロジー社の「2名同時申込みで1名分無料」価格を適用しています。

アカデミー割引

教員、学生および医療従事者はアカデミー割引価格にて受講いただけます。

  • 1名様あたり 10,000円(税別) / 11,000円(税込)
  • 企業に属している方(出向または派遣の方も含む)は、対象外です。
  • お申込み者が大学所属名でも企業名義でお支払いの場合、対象外です。

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は、PDFファイルをダウンロードいただきます。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは、申し込みの受け付けを終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/1/24 鉛蓄電池の劣化メカニズムとバッテリマネジメント オンライン
2022/1/24 EV用リチウムイオン電池のリユース・リサイクル技術とビジネスチャンス オンライン
2022/1/25 EV用電池と電池材料のサプライ・チェーンSC オンライン
2022/1/26 リチウムイオン電池のBMS設計と高精度残量推定手法・劣化予測手法 オンライン
2022/1/28 火災事故に学ぶ、LiB電池の安全対策 オンライン
2022/1/31 リチウムイオン電池の実務マニュアル オンライン
2022/1/31 リチウムイオン電池の温度・劣化状態の管理技術 オンライン
2022/2/1 測定技術 実測を通して学ぶパワエレ回路・デバイス・計測技術 オンライン
2022/2/2 リチウムイオン蓄電池最適管理のための残量・劣化推定技術解説 オンライン
2022/2/7 リチウムイオン電池の3Dプリンティングと高エネルギー化 オンライン
2022/2/8 イオン伝導性高分子の設計、特性評価と応用 オンライン
2022/2/9 自動車用電池および周辺産業の市場、リサイクルの展望 オンライン
2022/2/9 スラリーの分散・調製技術と分散状態評価 オンライン
2022/2/9 マグネシウム二次電池の開発動向 オンライン
2022/2/14 使用済リチウムイオン電池や海水からのリチウム資源回収の最前線 オンライン
2022/2/15 リチウムイオン電池の安全性・特性・寿命劣化と再エネ導入によるCO2削減コスト低減に向けた効率劣化診断技術 オンライン
2022/2/16 EVにおける超急速充電の課題と対応 オンライン
2022/2/17 燃料電池、水素・アンモニアエネルギーの普及展望と日本企業の商機 東京都 会場・オンライン
2022/2/21 固体電池の基礎と研究開発の現状・課題、今後の見通し オンライン
2022/2/21 電気化学的に形成される全固体電池界面の開発動向 オンライン

関連する出版物

発行年月
2021/12/10 2022年版 スマートデバイス市場の実態と将来展望
2021/8/20 2021年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2021/6/28 AI・MI・計算科学を活用した蓄電池研究開発動向
2021/6/22 EV用リチウムイオン電池のリユース・リサイクル2021
2021/4/26 全固体リチウムイオン電池の実用化と新たな材料市場
2021/4/26 全固体リチウムイオン電池の実用化と新たな材料市場 (書籍版 + CD版)
2021/4/16 2021年版 蓄電池・蓄電部品市場の実態と将来展望
2021/3/19 2021年版 モビリティ市場・技術の実態と将来展望
2021/2/19 2021年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2020/12/11 2021年版 スマートデバイス市場の実態と将来展望
2020/12/1 リチウムイオン電池の安全性確保と関連する規制・規格と表示ルール 2021
2020/11/13 2021年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2020/8/21 2020年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2020/4/17 2020年版 蓄電池・キャパシタ市場の実態と将来展望
2020/3/19 低炭素社会とバッテリーアグリゲーション
2019/12/13 2020年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2019/11/29 リチウムイオン電池の分析、解析と評価技術 事例集
2019/11/15 2020年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2019/9/20 2019年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2019/5/24 2019年版 蓄電池・キャパシタ市場の実態と将来展望