技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

自動車電動化動向: 欧州EVシフトの思惑と日本企業の対応、将来の差別化技術

自動車電動化動向: 欧州EVシフトの思惑と日本企業の対応、将来の差別化技術

~半日で学ぶ: 欧州の脱炭素戦略・EVシフトの中身/駆動源変化・自動運転で変わる必要技術~
オンライン 開催

概要

本セミナーでは「経済・経営」、「自動車技術」、そして「環境・エネルギー」の観点から欧州・日本のメーカ動向、各社の電動化戦略の中身、自動車の電動化と脱炭素化/カーボンニュートラルへの取り組みについて解説いたします。

開催日

  • 2022年1月25日(火) 13時00分 16時45分

修得知識

  • EUの新成長戦略「グリーンディール」の概要
  • 欧州で事業展開する主要自動車企業 (メーカー、サプライヤー) の経営戦略の特徴
  • そのねらいと今後の見通しについての概括的な知識
  • 今後の自動車に必要なエネルギーマネジメント (熱マネジメント) 技術
  • 自動車駆動源の動向

プログラム

第1部 欧州における自動車電動化への対応と思惑

~欧州の「EVシフト」をどう見るか?~

(2022年1月25日 13:00〜14:30)

 自動車産業はいま、EV (電気自動車) や自動運転などに見るCASE (コネクティド、自動運転、シェアリング、電動化) 革命と称される新たな技術革新と、温暖化を含む地球規模の気候変動・生態系の危機への対応を迫られています。温室効果ガスCO2を大量に排出してきた自動車産業にとって「100年に一度」と言われる技術革新を取り込みつつグローバルな気候変動対策に適切に対処することは、産業の浮沈を左右する決定的に重要な課題です。このような状況下で、欧州では2019年に打ち出されたEU (欧州連合) の新成長戦略「グリーンディール」が、自動車「電動化」の推進や循環型経済への移行を掲げるなど、産業の行方に大きなインパクトを与えつつあります。
 本講演では、地球温暖化の脅威が緊迫度を増すなかでCASE革命が進展する時代において欧州自動車産業はどう動こうとしているのかを探るべく、欧州グリーンディールならびに主要自動車企業の「脱炭素」戦略についてその基本的な特徴や展開動向を概説するとともに、欧州における「EVシフト」の性格ならびに今後の展望について考えることを目的とします。

  1. CASE時代の自動車産業動向
    • 産業を取り巻く環境変化
    • CASEが迫る産業構造の大転換
  2. 欧州グリーンディール戦略の衝撃
    • グリーンディール戦略の背景とねらい
    • 自動車産業へのインパクト
    • EV用電池システムをめぐる欧州の戦略
  3. 欧州主要企業の「脱炭素」戦略
    • メーカー
      • VW
      • ダイムラー
      • BMW
      • ルノー
      • ステランティスなど
    • サプライヤー
      • Bosch
      • コンチネンタルなど
    • 「脱炭素」対応の日欧比較
  4. むすび:欧州「EVシフト」をどう見るか?
    • 欧州「電動化」の課題と展望
    • 質疑応答
h4. 第2部 自動車の次世代駆動源と必要な熱マネジメント

~2030年電動化の落としどころ と 将来の差別化技術~

(2022年1月25日 14:45〜16:45)

 メルセデスやアウディ、そしてホンダなどの脱エンジン車宣言が相次いでいる中、今後の自動車の駆動源は大きく変貌しようとしています。ただ本来のCO2排出量削減という目的から離れ、日本が不得意と思われている電気自動車への移行が目的化し、日本潰しの様相を呈しています。
 本当に電気自動車になれば、CO2排出量削減になるのか、日本潰しができるのか、多くの方が関心を持たれています。このような疑問へ、駆動源ごとのCO2排出量を示します。また欧州が日本の何を怖がり、法制化を進めているのかも説明いたします。電気自動車への移行が既定路線のような報道もある中、資源面、エネルギー面で、まだまだ課題が多く、先行きが不透明なこともあわせて解説します。
 このような駆動源変化とようやく実用化に入った自動運転に対応して、自動車のエネルギーマネジメント、特に熱マネジメント技術も大きく変わってきており、今後に必要な技術開発について、あわせて説明いたします。

  1. 背景
    1. 2030年 CO2削減目標と燃費規制の推移
    2. 2050年 EV普及率予測 (世界の脱ガソリン車の動き)
      • 欧州はどうしてEVなのか? (例) ノルウェーの状況
    3. 日本の2030年問題:「電動化」は「EV化」ではない
  2. 脱炭素化社会・電動化への対応
    1. 国内各社の意思 例:日産,トヨタの2050年カーボンニュートラルへの取り組み
    2. CO2低減の考え方:Well to Wheel,LCA,電力 (発電) 問題
      • 走行時CO2排出量からWell to Wheelへ
        • Tank to Wheel (従来の燃費)
        • Well to Wheel (燃料,電気の製造プロセスまで含める)
        • LCA (製造廃棄までライフで見たCO2排出量比較)
        • 自動車メーカ (OEM) によるLCA評価
      • 既存LCA評価を元にして
        • ICCTによるLCAを元に
        • VW社によるLCAを元に
        • マツダ (EVsmart) によるLCAを元に
    3. まとめ Tank to Wheel から LCA
      • 電池交換
      • 電気自動車のコスト
    4. 日本の現状と強み
      • 日本のガソリン車とは
        • 日本のハイブリッド車とは
          • Aセグメントのハイブリッド車比較
          • 種々の駆動源の高速燃費比較
    5. 欧州の狙い
      • 48Volt マイルドハイブリッド車
      • プラグインハイブリッド車 (PHEV)
    6. まとめ: 欧州の狙い
    7. 燃料電池自動車: FCEVは
    8. 電池
      • 次世代電池
      • 種々の温度管理
      • 理想的な温度管理方式とは
  3. 技術課題と将来展望
    1. 排熱回収
      • 負荷低減
      • 再利用
      • 転換
      • 高効率
    2. 要求が高まる熱マネジメント技術:自動運転時代の付加価値
    3. まとめ 熱マネジメント
  4. 世界のエネルギ課題
    1. エネルギ課題
      • 各国の一次エネルギ,電力
      • 各国の電気料金推移と内訳 (家庭用,産業用)
      • 電源別発電コストの予測
        • 中国
        • インド
        • 米国
        • EU
      • 再生可能エネルギ
      • 賦課金
      • ドイツの再生可能エネルギ
      • ドイツの電気料金推移とCO2排出量の推移
      • 再エネ発電の変動
      • 電力網
      • 2030年へのエネルギ変化
    2. 日本の状況
      • 卒FIT
      • 日本の電力スポット市場の高騰とLNG
    3. 中国の状況
      • LNG (天然ガス) と中国
    4. まとめ
      • エネルギの課題
      • EV化は?
    • 質疑応答

講師

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 30,400円 (税別) / 33,440円 (税込)
複数名
: 20,000円 (税別) / 22,000円 (税込)

複数名受講割引

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 20,000円(税別) / 22,000円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 30,400円(税別) / 33,440円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 40,000円(税別) / 44,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 60,000円(税別) / 66,000円(税込)
  • 同一法人内 (グループ会社でも可) による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」とご記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
  • サイエンス&テクノロジー社の「2名同時申込みで1名分無料」価格を適用しています。

アカデミー割引

教員、学生および医療従事者はアカデミー割引価格にて受講いただけます。

  • 1名様あたり 10,000円(税別) / 11,000円(税込)
  • 企業に属している方(出向または派遣の方も含む)は、対象外です。
  • お申込み者が大学所属名でも企業名義でお支払いの場合、対象外です。

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は郵送にて前日までにお送りいたします。
  • 開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
    ライブ配信の画面上でスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
    印刷物は後日お手元に届くことになります。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2021/12/6 HEV/EVにおけるエネルギー・マネジメント技術 オンライン
2021/12/9 これからの自動運転車とドローンにおける安全対策技術と法規制の動向 オンライン
2021/12/9 EV/PHVのPCU (パワーコントロールユニット) と自動車用パワーエレクトロニクス技術動向 オンライン
2021/12/9 自動車用ワイヤレス給電の基礎と実用化に向けた法整備・標準化、及び技術的課題 オンライン
2021/12/10 自動車パワートレーンの電動化、脱炭素化の動向と関連製品の今後の展望 オンライン
2021/12/10 リチウムイオンニ次電池・次世代電池の課題を解決する新規な電池理論 オンライン
2021/12/13 (超)高周波帯用電波吸収体の設計と測定法 オンライン
2021/12/14 中国における燃料電池市場の現状・今後と燃料電池部品の企業・技術開発動向 オンライン
2021/12/17 ミリ波レーダ技術の基礎と自動車分野への応用 オンライン
2021/12/21 自動車用CFRP・CFRTPの最新技術動向と、CFRTPの自動車適用技術開発プロジェクト オンライン
2021/12/22 5G、自動車レーダのための電波吸収体/遮蔽材/透過材、その考え方と設計例 オンライン
2021/12/23 自動車内装表皮材の開発トレンドと今後の展開 オンライン
2021/12/23 車載用電子機器における故障の未然防止と信頼性評価解析 オンライン
2021/12/27 自動車の電動化と車載電池の再利用および課題 オンライン
2022/1/14 プラスチック加飾技術の最新動向と今後の展望 オンライン
2022/1/17 パワーデバイスの冷却技術と熱設計 オンライン
2022/1/18 ドライバ状態モニタリング/センシング技術と統計処理・機械学習の活用 オンライン
2022/1/18 自動車で発生する振動・騒音の原因と対策事例 オンライン
2022/1/18 車載機器のEMC対応設計 オンライン
2022/1/19 電波吸収体の設計、測定方法 オンライン

関連する出版物