技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

後発でも勝てる特許戦略とその狙いどころ、実施ポイント

後発でも勝てる特許戦略とその狙いどころ、実施ポイント

~先発企業の特許網を破るにはどうすれば良いか / 後発ならではのメリットを生かした先行特許の分析法、戦略策定の留意点~
オンライン 開催

開催日

  • 2021年12月14日(火) 10時00分 16時30分

プログラム

第1部. 後発ならではのメリットと後発でも勝てる特許戦略

(2021年12月14日 10:00〜12:00)

 先発企業が特許戦略を立てて事業を展開している場合、後発企業がそこに参入するのは容易ではありません。しかしながら、特許制度に内在する特許の弱点があるので、そこを突くことで後発企業にも参入の余地が出てきます。また後発企業ならではのメリットも多数あります。そこで、本セミナーでは、特許戦略の基本、先発企業が考える特許戦略を説明し、さらにはそこからどのように後発企業が特許戦略を考えるべきかを実例も交えて解説していきます。

  1. 企業における特許戦略
    1. 企業と特許
      1. 特許とは
      2. 特許の効力
    2. 企業における特許戦略
      1. 特許戦略とは何か
        1. 特許戦略の基本的な考え方
        2. 戦略的に特許を取得する意味
        3. 特許戦略のために必要なこと
      2. 先発企業が考える特許戦略
        1. 特許で事業を守る
        2. 特許で参入障壁を作る
        3. 特許で自社技術を守る
        4. 延命化を図る
  2. 後発企業のメリット
    1. 開発戦略を巡るメリット
      1. 開発コスト
      2. 代替技術のヒント
      3. ニッチをピンポイントで狙える
      4. 参入しないという選択も
    2. 特許戦略を巡るメリット
      1. 先行特許を自社の事業に活用する
        1. 先行特許の明細書を活用する
        2. 先行特許のマッピングを活用する
      2. 先行特許を自社の特許戦略に活用する
        1. 先行特許の明細書を活用する
        2. 先行特許の技術をカバーするような特許出願をする
        3. 代替技術を把握する
  3. 後発でも勝てる特許戦略
    1. 攻撃としての特許を取得する
      1. 第三者の技術を凌駕する
      2. 発明のブラッシュアップ
      3. 特許を購入することも
      4. アメリカで取得することの重要性
    2. 技術的・経済的効果が大きい発明を創出する
      1. 先発企業の特許網を突破する
      2. 先行特許の技術思想にない部分を突く
      3. 改良技術で優位に立つ
      4. 数値限定、パラメータ発明を積極的に利用する
    3. 周辺を押さえておく
      1. 代替技術の特許を確保する
      2. 部品・完成品・応用品を考える
    4. 後発が勝ちやすい先発企業の対応
  4. 実例
  5. まとめ・質疑応答
    • 質疑応答

第2部. 後発で勝つための特許ポートフォリオ (特許網) の分析と構築

(2021年12月14日 12:45〜14:45)

 事業を守るための参入障壁となる『特許ポートフォリオ (特許網) 』を把握するために、パテントマップは有用なツールとなります。後発企業が新規参入を果たし、シェアの拡大を図るためには、先発企業の特許網を分析して自社の特許戦略を立案する必要があります。
 本講座では、守るべき技術の全体像を俯瞰できる「技術系統分布図」にフォーカスして、その作成手法や活用テクニックについてお話します。後発参入であっても、「自社の強みを生かした特許ポートフォリオを構築したい!」とお考えの方には有意義な内容であると思います。

  1. パテントマップについて
  2. 統計解析マップと内容解析マップ
  3. 技術系統分布図について
    1. FTA解析のような技術俯瞰図
    2. 技術系統項目を体系化する
  4. 技術系統分布図の作成手法
  5. 特許ポートフォリオとは
    1. コア特許と周辺特許
    2. 先発企業と後発企業
    3. 特許網構築事例の紹介
  6. パテントマップを活用した特許網の構築
  7. 自社の強み分析のやり方
    • 質疑応答

第3部. 参入障壁となる先行企業の特許網を破る、攻略する方法

(2021年12月14日 15:00〜16:30)

 特許制度は、圧倒的に先行する先行企業が強力な特許網を構築することにより後発企業の参入を困難にすることもできるし、複数の企業がほぼ同時に同じ技術分野に取り組んだ場合には、複数の企業が必要な特許権を持つことになり、支配的な企業はなく、必要な特許を持ってさえいれば、後発企業が比較的参入しやすい場合もある。
 2020年9月30日に 株式会社 技術情報協会より発行された書籍「“後発で勝つ”ための研究開発・知財戦略の立て方、進め方 」に本講演と同名のタイトルで拙著を載せ、。後発企業が先行企業の特許網を破り、攻略する方法について詳述したが、本講演でもキヤノンの複数の参入事例を交えて紹介する。

  1. 特許法の規程と後発企業が広い特許を保有する先行企業と戦うための条件
    1. 特許権は排他的独占権
    2. 後発企業が先行企業と戦うための条件
  2. 後発企業の特許戦略 ~事業・研究開発・知財の三位一体の特許戦略~
    1. 後発企業の事業参入のための特許戦略
    2. 現状の状況把握
    3. 事業成功のための三位一体特許戦略の策定と実施
    4. ライセンス契約の締結
  3. キヤノンの後発参入時の特許戦略事例
    1. 電子写真普通紙複写機事業への参入
      1. 当時の状況
      2. 特許調査
      3. 独自新規プロセス技術の確立
      4. 差別化技術の開発と権利化の継続とオープン&クローズ戦略の実行
    2. キヤノンのファクシミリ事業への参入
      1. 特許調査・分析活動
      2. 分析結果に基づく特許戦略
      3. 事業戦略に基づく新技術開発と特許化
      4. クロスライセンス契約
    3. キヤノンのビデオ事業への参入
      1. 特許調査分析活動
      2. 分析結果に基づく特許および標準戦略
  4. まとめ
    • 質疑応答

講師

  • 吉村 誠
    弁護士法人黒田法律事務所
    パートナー弁護士
  • 松尾 健司
    株式会社 IP調査塾
    代表取締役
  • 中澤 俊彦
    中澤経営知財パートナー
    代表

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 55,000円 (税別) / 60,500円 (税込)
複数名
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 50,000円(税別) / 55,000円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 55,000円(税別) / 60,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 110,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 165,000円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。

アカデミック割引

  • 1名様あたり 30,000円(税別) / 33,000円(税込)

日本国内に所在しており、以下に該当する方は、アカデミック割引が適用いただけます。

  • 学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院、短期大学、附属病院、高等専門学校および各種学校の教員、生徒
  • 病院などの医療機関・医療関連機関に勤務する医療従事者
  • 文部科学省、経済産業省が設置した独立行政法人に勤務する研究者。理化学研究所、産業技術総合研究所など
  • 公設試験研究機関。地方公共団体に置かれる試験所、研究センター、技術センターなどの機関で、試験研究および企業支援に関する業務に従事する方

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/1/25 IPランドスケープの取り組み事例と知財体制の構築 オンライン
2022/1/26 特許情報を活用した技術テーマ調査とパテントマップの作成・活用術 オンライン
2022/1/27 特許請求の範囲、しっかり読めますか? オンライン
2022/1/27 他社特許をヒントにした特許出願の方法 オンライン
2022/1/28 特許情報からみた5G材料開発戦争 2021 オンライン
2022/1/31 化学・材料分野における拒絶理由通知への対応力向上セミナー オンライン
2022/2/17 進歩性の意味、理解できていますか? オンライン
2022/2/17 AI/デジタルヘルスにおける特許戦略で考慮すべき事項と最新動向 オンライン
2022/2/18 データサイエンスで導くイノベーションと研究開発マネジメント オンライン
2022/2/21 新規事業創出のための発想法と技術ロードマップの作成法と技術・知財戦略の実践方法 オンライン
2022/2/24 核酸医薬品・ペプチド医薬品などの 中分子医薬品における国内外の特許動向・分析 オンライン
2022/2/24 IPランドスケープ®実践に役立つ知財情報戦略 オンライン
2022/2/25 医薬品ライセンス契約のドラフティングと紛争回避・解決のポイント オンライン
2022/2/25 医薬品モダリティのライフサイクルマネジメント (LCM戦略) オンライン
2022/2/25 技術者、研究者のための特許請求の範囲の読み方 オンライン
2022/2/28 戦略的知財ポートフォリオの立て方とライセンスイン・アウト時の注意点 オンライン
2022/3/3 特許の読み方、書き方超入門 オンライン
2022/3/14 効率的な特許調査・対策と有効な自社出願への進め方 オンライン
2022/3/15 核酸医薬品の特許戦略 オンライン
2022/3/15 分子設計の基礎から実用化プロセスまでの必須知識 オンライン

関連する出版物

発行年月
2021/3/31 経営・事業戦略に貢献する知財価値評価と効果的な活用法
2018/10/8 P&G 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2018/10/8 P&G 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/30 キヤノン〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/30 キヤノン〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/25 有機EL〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/25 有機EL〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/15 化粧品13社〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/15 化粧品13社〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/10 芳香剤 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/10 芳香剤 技術開発実態分析調査報告書
2014/6/1 パテントマップの全知識 (増刷改訂版)
2013/12/20 紙おむつ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2013/12/20 紙おむつ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/10/20 TI〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/10/20 TI〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書
2013/9/25 マシニングセンタ 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/9/25 マシニングセンタ 技術開発実態分析調査報告書
2013/8/13 不織布〔2013年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/8/13 不織布〔2013年版〕 技術開発実態分析調査報告書