技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

自動運転システムの安全設計&安全性評価方法

自動運転システムの安全設計&安全性評価方法

~安全/安心なシステム実現のためのSTAMP/STPA活用のコツを学ぶ~
オンライン 開催

概要

本セミナーでは、講師が研究事業で獲得した知見を踏まえ、機能安全の基礎や考え方、AI搭載システムの安全実現上の課題、AI搭載システムの機能安全適合方法などについて解説いたします。

開催日

  • 2021年10月4日(月) 10時30分 16時30分

受講対象者

  • 安全性を重視しなければならないシステムにAIを取り入れる設計者の方
  • AI搭載システムの機能安全対応方法について関心をお持ちの方
  • 機能安全の基礎を学習したい方

修得知識

  • AI搭載システムを機能安全規格に適合するための設計・評価手法
  • 機能安全開発の基礎とポイント
  • 従来システムとAI搭載システムの違い
  • AI搭載システムを安全論証する際の技術課題
  • 安全性を重視しなければならないシステムにAIを取り入れる際に活用できる知識

プログラム

 近年、国内外で自動運転システム開発が活発化しており、国内においても地域に特化した自動運転サービスの導入検討が進んでおります。その一方で、自動運転による事故がいくつか報告されており、安全性の担保が重要課題になっております。これに対して当社は、自動運転レベル4システムを安全論証する方法について研究事業を実施してまいりました。
 本セミナーでは、研究事業で獲得した知見を踏まえ、安全設計&安全性評価のポイントを解説します。演習を通じて、各種手法の適切な活用方法を習得していただきます。
 受講対象として、“自動運転システムの安全対策を必要とされている方 (例えば、システム設計者、MaaSサービス事業者、自治体の方など) ”、“自動運転システムの安全設計&安全性評価方法について関心をお持ちの方”、“STAMP/STPA (Systems Theoretic Accident Model and Processes / System – Theoretic Process Analysis) の実施方法を習得したい方”などを想定しています。自動運転システムの分析・設計・評価手法について、STAMP/STPAの実施方法や実施上のポイントについて学び、安全性を重視しなければならないシステムの分析・設計・評価を必要とされる際に、活用することを目指します。

  1. 自動運転システムとは?
    1. さまざまな自動運転システム
    2. 自動運転の業界動向
    3. 自動運転システムの安全性担保の難しさ
  2. 安全標準とは?
    1. さまざまな国際安全規格
    2. ハザード分析&リスク評価 (H&R)
    3. 自動運転システムの安全性評価のポイント
  3. 自動運転システム安全設計演習
    1. 演習概要および対象システム
    2. さまざまな分析手法
    3. 演習: STAMP/STPAによるシステム定義
    4. 演習: STAMP/STPAによるハザード分析&リスク評価
    5. 演習: STAMP/STPAによるシステム安全設計
    6. STAMP/STPAの実施のポイント
  4. 自動運転システムの安全設計&安全性評価のポイント
    1. 網羅的な安全対策方法
    2. 安全性評価の効率化手法
  5. まとめ

講師

  • 森川 聡久
    株式会社ヴィッツ 機能安全開発部
    取締役 / 部長

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 47,000円 (税別) / 51,700円 (税込)
1口
: 57,000円 (税別) / 62,700円 (税込) (3名まで受講可)

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2021/10/18 自動車のカーボンニュートラル化 (脱炭素化) と電動化、及びCASEやMaaSの今後の動向 オンライン
2021/10/18 カルマンフィルタを用いた移動物体の状態推定と追跡技術 オンライン
2021/10/21 確率的グラフィカルモデルの基礎とその応用 オンライン
2021/10/22 自動車室内の防音設計と軽量化要求に対応する遮音・吸音材料の開発 オンライン
2021/10/25 AI (機械学習) に対する品質の考え方と検証技術、品質保証への取り組み オンライン
2021/10/25 機械学習・ディープラーニングによる異常検知/故障診断・欠陥予測解析とその手法 オンライン
2021/10/26 自動車用パワーエレクトロニクスの基礎と技術動向 オンライン
2021/10/26 マルチモーダル情報に基づく人間の内部状態の推定・モデル化 オンライン
2021/10/26 AIを用いた革新的実験計画法 「Multi-Sigma」とその活用 オンライン
2021/10/26 画像認識技術およびディープラーニングの基礎・入門と応用展開 オンライン
2021/10/26 空飛ぶクルマ (eVTOL) の国内外の最新動向と実用化に向けた技術的・制度的課題・今後の展望 オンライン
2021/10/26 CNNのディープラーニングで飛躍的に進化した顔画像識別技術 オンライン
2021/10/27 機械学習/Deep Learningの画像データ前処理に活用できる画像フィルタリングの基本と最新動向 オンライン
2021/10/27 統計的機械学習モデルの基礎 オンライン
2021/10/27 機械学習の基礎と業務活用のための問題設計 オンライン
2021/10/28 AEC-Q100やJEITA ED-4708を中心とした車載の信頼性認定ガイドライン オンライン
2021/10/28 エンジニアのための実験計画法&Excel上で構築可能な人工知能を併用する非線形実験計画法入門 オンライン
2021/10/28 機械学習による先行技術・技術動向調査と特許実務へのAI利用の現状及び課題・展望 オンライン
2021/10/28 自動車 (部品) 業界の品質管理手法とその考え方 オンライン
2021/10/28 マテリアルズ・インフォマティクスにおける機械学習技術の活用 オンライン

関連する出版物

発行年月
2021/9/30 自動車室内の静粛性向上と、防音・防振技術、材料の開発
2021/7/30 マテリアルズインフォマティクスのためのデータ作成とその解析、応用事例
2021/6/30 人工知能を用いた五感・認知機能の可視化とメカニズム解明
2020/8/11 化学・素材業界におけるデジタルトランスフォーメーションの最新調査レポート
2020/7/31 生体情報センシングと人の状態推定への応用
2020/4/30 生体情報計測による感情の可視化技術
2020/3/24 リアルワールドデータの使用目的に応じた解析手法 - 各データベースの選択と組み合わせ -
2019/12/13 2020年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例
2018/12/14 2019年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2018/11/30 EV・HEV向け電子部品、電装品開発とその最新事例
2018/6/30 ADAS・自動運転を支えるセンサーの市場動向
2018/5/31 “人工知能”の導入による生産性、効率性の向上、新製品開発への活用
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2017/11/17 2018年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2017/5/31 車載センシング技術の開発とADAS、自動運転システムへの応用
2016/12/16 2017年版 次世代エコカー市場・技術の実態と将来展望
2016/11/16 2017年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2016/4/28 ドライバ状態の検出、推定技術と自動運転、運転支援システムへの応用
2016/2/26 2016年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望