技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

機能性炭素材料の特徴と分析・試験技術

機能性炭素材料の特徴と分析・試験技術

~最先端分析技術と導電性炭素材料の技術・市場トレンド~
オンライン 開催

概要

本セミナーでは、導電性炭素材料の種類や特徴などの基礎から解説し、導電性炭素材料の素材の特徴を活かすための分散・活用技術について詳解いたします。

開催日

  • 2021年7月28日(水) 10時30分 16時30分

受講対象者

  • 導電性炭素材料に関連する技術者、品質担当者、管理者
    • リチウムイオン二次電池
    • 鉛蓄電池
    • 電気二重層キャパシター
    • 燃料電池
    • 電子機器
    • CVケーブル
    • 導電性シリコーン
    • ICトレー
    • シート
  • 導電性炭素材料の製造に関連する技術者
    • 混練
    • 表面処理
    • 評価 など

プログラム

第1部 導電性炭素材料の特徴と技術トレンド

(2021年7月28日 10:30~12:00)

 導電性炭素材料とは、樹脂や塗料など絶縁性の材料に導電性を付与する素材です。導電性炭素材料には、古くから使われる導電性カーボンブラックから近年注目されている最先端のカーボンナノチューブやグラフェンなど様々な素材が存在します。これらの素材を目的とする用途に応じて使いこなすことが、特徴あるノウハウや製品を生み出すポイントとなります。
 本講では、まず、導電性炭素材料の種類や特徴といった基礎を学びます。更に、これらの素材の特徴を最大限引き出すための高導電化技術などの応用について学習します。導電性炭素材料に関する技術的内容を分かりやすく、かつ詳細に解説します。

  1. 緒言 情報交流 (人脈力) の重要性
  2. 導電性炭素材料入門
    1. ナノカーボンの種類、製法、構造、特徴
      • カーボンナノチューブ
        • 単層
        • 多層
      • VGCF (気相成長法炭素繊維)
      • グラフェン (単層、多層)
    2. 導電性カーボンブラック
      • 導電性カーボンブラックの製法
        • オイルファーネス法
        • アセチレンガス分解法
      • 構造、物理化学的性質
      • 一次粒子、アグリゲート、アグロメレート、表面官能基、結晶性
      • ケッチェンブラック、アセチレンブラック、オイルファーネスブラック
    3. 各種導電性炭素材料の形状
  3. 導電性炭素材料の技術トレンド
    1. 高導電化技術
      • 導電性測定方法
      • 分散状態 (凝集塊量) と導電性
      • 樹脂の影響
        • 単一樹脂系
        • 二成分樹脂系
      • 充填材の影響
      • 成形条件の影響

第2部 カーボンナノチューブの物性と分散/可溶化/機能化技術

(2021年7月28日 13:00〜14:30)

 カーボンナノチューブは、突出した特性、機能をもつ1次元導電性分子ナノワイヤーであるが、固体状態では強いπ – π相互作用やファンデアワールス力によりバンドル構造体を形成し、溶媒には分散困難である。可溶化によりCNTの基礎物性の解明、およびその応用は飛躍的に広がる。
 ここでは、カーボンナノチューブ可溶化と可溶化カーボンナノチューブのコンポジット材料、エネルギー材料 (燃料電池、空気〜亜鉛電池等) への応用について私たちの最新のデータをもとに、わかりやすく、事例をもとに講演する。

  1. カーボンナノチューブ可溶化の重要性と事例
    1. カーボンナノチューブ可溶化の重要性
    2. 様々な可溶化の事例
  2. 金属性カーボンナノチューブと半導体性カーボンナノチューブの分離
    1. 様々な分離の事例
    2. 私たちの最新の研究成果
  3. カーボンナノチューブ複合材料の創製
    1. 高分子との複合化
    2. バイオ分野への応用
  4. カーボンナノチューブを素材とする新しい電池材料
    1. Pt型燃料電池
    2. 非Pt型燃料電池
    3. 非Pt型空気 – 亜鉛電池
  5. まとめ

第3部 機能性炭素材料の開発を支援する分析・試験技術

(2021年7月28日 14:45~16:15)

 関西熱化学株式会社およびそのグループ会社 (MCエバテック) では炭素材料の研究開発、製造および分析受託事業を実施しております。
 本稿では、弊社で長年養ってきた炭素化学の知見・技術から発生した分析・評価・試験のノウハウや技術をベースに最新の分析技術やその事例等も交えて、機能性炭素材料の開発に必要と考える分析・試験技術を紹介します。具体的には、①粉体物性測定、②吸着性能評価、③表面分析・形態観察、④耐久性・機能化を目的とした試験・処理技術についての事例を原理・方法の解説を交えて紹介します。また、「ミクロ細孔測定」、「表面親水性・表面官能基の評価」、「X線CTによる3次元構造観察」、「多様なガス・蒸気を用いた吸着性能評価」などに焦点を当てた内容とします。

  1. 粉体物性測定
    1. 粉体物性とは
      • 各種測定手法紹介
    2. 表面積・細孔径測定法
      • 水銀圧入法
      • ガス吸着法 等
    3. 表面の化学的性質の評価法
      • 表面官能基
      • 表面親水性・疎水性
      • 酸化・還元特性 等
  2. 吸着性能評価
    1. 吸着等温線測定による評価
    2. 実環境に模した評価
      • 静置法
      • 破過曲線
  3. 表面分析・形態観察
    1. 表面分析
      • 表面組成
      • 表面化学状態
      • 表面形状等の分析
    2. 3次元構造解析
      • X線CT
      • FIB-SEM
      • TEM
  4. 耐久性・機能化を目的とした試験・処理技術
    1. 高温加熱処理
    2. 取り扱い困難なガス・薬剤下での耐久性試験
    3. 高温高圧下での耐久性試験

講師によるQ&A

(2021年7月28日 16:15〜16:30)

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)
複数名
: 25,000円 (税別) / 27,500円 (税込) (案内をご希望の場合に限ります)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。

「案内の希望」をご選択いただいた場合、1名様 45,000円(税別) / 49,500円(税込) で受講いただけます。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 25,000円(税別) / 27,500円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 75,000円(税別) / 82,500円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 110,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 165,000円(税込)

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は郵送にて前日までにお送りいたします。
  • 開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
    ライブ配信の画面上でスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
    印刷物は後日お手元に届くことになります。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

関連する出版物

発行年月
2021/12/31 導電性材料の設計、導電性制御および最新応用展開
2018/11/19 炭素繊維・炭素繊維複合材料の未来
2017/10/31 カーボンブラックを上手に使用する処方箋
2017/10/23 カーボンブラック 技術開発実態分析調査報告書
2017/10/23 カーボンブラック 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2016/5/16 カーボンナノチューブの応用技術 (2016年版) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2016/5/16 カーボンナノチューブの応用技術 (2016年版) 技術開発実態分析調査報告書
2015/6/30 導電性フィラー、導電助剤の分散性向上、評価、応用
2014/4/25 導電性接着技術 技術開発実態分析調査報告書
2013/8/20 導電性ポリマー技術 技術開発実態分析調査報告書
2013/8/20 導電性ポリマー技術 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/8/5 透明導電性フィルム 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/8/5 透明導電性フィルム 技術開発実態分析調査報告書
2013/3/25 カーボンナノチューブ応用技術 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/3/25 カーボンナノチューブ応用技術 技術開発実態分析調査報告書
2013/2/20 導電・絶縁材料の電気および熱伝導特性制御
2012/10/12 2013年版 コンデンサ市場・部材の実態と将来展望
2012/3/5 PEDOTの材料物性とデバイス応用
2012/1/25 炭素繊維大手3社 技術開発実態分析調査報告書
2011/12/19 カーボン製品市場の徹底分析