技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

研究開発部門を対象とした特許明細書の作成法とクレームの書き方ノウハウ講座

研究開発部門を対象とした特許明細書の作成法とクレームの書き方ノウハウ講座

オンライン 開催

概要

本セミナーでは、審査に強い特許明細書、契約・交渉・係争に強い特許明細書、限られた時間で特許明細書 (発明提案書) を書くためのポイントを詳解いたします。

開催日

  • 2021年5月20日(木) 10時30分 16時30分

受講対象者

  • 特許明細書 (発明提案書) を書く機会のある研究者、エンジニア
  • 特許明細書 (発明提案書) のチェックや評価を行う知財担当者
  • 知財戦略、知財教育の担当者
  • 上記の他、本テーマに興味のある全ての方

修得知識

  • 特許の基礎
  • 事業に役立つ特許とは、特許にはどんな使い道があるか
  • 審査に強い特許明細書の作成
  • 契約、交渉、係争に強い特許明細書の作成
  • 限られた時間で特許明細書 (発明提案書) を書くためのポイント
  • 特許明細書 (発明提案書) をチェック及び評価する際の重要ポイント

プログラム

 本講座の目標は、研究者やエンジニアの皆様が、限られた時間であっても的を射た特許明細書 (発明提案書) を書けるようになることです。また、知財担当の方が、重要なポイントを外さず的確に明細書をチェックし、評価できるようになることです。さらに、経営、知財、教育等をご担当の皆様が、事業にとって本当に必要な知的財産、特に特許権を戦略的に生み出すための手法を把握できるようになることです。これらの目標の先にあるのは、企業が、本当に事業の役に立つ特許を取り、本来得られるはずの利益を守れるようになることです。
 講師は、元特許庁審査官で、エンジニアとしての経験も有する弁理士です。審査の実情、事業の現場の実情、並びに知財をめぐる法制度や経済情勢等の最新のトピックを踏まえながら、審査に強く、侵害に強く、事業に役立つ特許を、効率的かつ確実に獲得するためのコツに迫ります。

第1部 基本編

  1. 特許とは
    • ポイント:
      特許権とは何でしょうか。なぜ特許権が必要なのでしょうか。特許権の基本的な目的と働きをおさえます。
      特許権をどのように使うと、他社との競争を有利に進めることができるのでしょうか。特許権を用いた戦い方の典型的なパターンを幾つかご紹介します。
      発明という無形のアイディアから、特許権という戦力を形成するまでのプロセスをおさえます。
      1. 特許の役割
      2. 事業における特許の使い方
      3. 特許が成立するまで
  2. 明細書とは
    • ポイント:
      特許権を得るために、なぜ明細書を書く必要があるのでしょうか。また、何をどのように書くべきなのでしょうか。特許法の導入部分を紐解きながら、明細書の役割と、求められる要件の本質に迫ります。
      1. 明細書の役割
      2. 明細書の構成 – 明細書を見てみよう
      3. 明細書に求められる要件
  3. 何をどのように書くか
    • ポイント:
      明細書には、必ず書いておきたいことと、書く必要の無いこととがあります。書く内容を誤ると、審査に通らなかったり、審査を通っても不十分な権利になってしまいます。確実に、かつまともに使える特許権を取るためには、「何を」「どのように」書けば良いのでしょうか。原則となる考え方とともに、典型的な文例や構成例をご説明します。
      1. 何を書くか
        1. 発明の本質的な特徴を把握する
          1. 発明の本質的な特徴
          2. 発明にならないもの
          3. 「新規性及び進歩性」について
        2. 発明の外縁を広げる
      2. どのように書くか
        1. クレームを書く
          1. クレームの記載パターン
          2. 構成要素の数と抽象度とが技術的範囲を決める
          3. 技術的範囲と新規性及び進歩性との関係
          4. 「明確性」について
        2. 明細書を書く
          1. 明細書の記載パターン
            1. 従来技術を説明する
            2. 課題、効果を設定する
            3. 実施例を説明する
              • 分野別の記載パターン
              • 図面を用いる
          2. わかりやすい文章を書く
          3. 何をどこまで詳しく書くか
          4. 「実施可能性」について
        3. 図面をかく
          1. 図面の記載パターン

第2部 応用編

  1. 審査に通りやすい明細書とは
    • ポイント:
      審査を通らなければ、特許は得られません。審査官の厳しい指摘に耐えられる明細書とはどのようなものでしょうか。審査における強さという観点から、「何を」「どのように」書けば良いか考えます。
      1. 様々な引用文献をあらかじめ想定する
      2. あいまいさを排除する
      3. 「サポート要件」について
  2. 権利行使に強い明細書とは
    • ポイント:
      競合を排除するための十分な能力がなければ、本当に使える特許とは言えません。競合他社に対する攻撃力、又は防御力の強い明細書とはどのようなものでしょうか。権利行使における強さという観点から、「何を」「どのように」書けば良いか考えます。
      1. 事業の上流から下流までをカバーする
      2. 技術の進歩をあらかじめ想定する
      3. クレームの書きかたで技術的範囲を自在にコントロールする
  3. 事業戦略を見据えた明細書とは
    • ポイント:
      事業を取り巻く環境は刻々と変化します。事業戦略の変化にもある程度追従できる広汎性がなければ、本当に使える特許とは言えません。変化に対する強さという観点から、「何を」「どのように」書けば良いか考えます。
      1. 事業の将来の方向性をあらかじめ想定する

第3部 演習編

  1. 明細書の骨子を書いてみよう
    • ポイント:
      明細書のあるべき姿が分かっていても、実際にそこにたどり着くのは意外と難しいものです。ここでは、皆様の頭のなかにあるアイディアを、明細書という形にコンバートする作業を、段階を踏みながら体験していただきます。このフレームワークを一度経験すれば、実務も効率良く進められるでしょう!
      1. アイディアを整理する
      2. ストーリーを組み立てる
  2. クレームを書いてみよう
    • ポイント:
      特許出願において、特に注意を要するのがクレーム (特許請求の範囲) の作成です。ここでは、あるアイディアをどのようにクレームとして表現できるか検討します。
      1. クレームを書く

第4部 質疑

当日の講義内容はもとより、特許や知的財産全般に関する疑問点や不明点について質問をお受けします。

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)
複数名
: 25,000円 (税別) / 27,500円 (税込) (案内をご希望の場合に限ります)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 25,000円(税別) / 27,500円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 75,000円(税別) / 82,500円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 110,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 165,000円(税込)

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は、PDFファイルをダウンロードいただきます。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2021/6/22 薬機法の実務を考慮した医薬品特許戦略の新たな視点 オンライン
2021/6/24 企業の知財戦略の最大価値化と知財ミックスの思考法、実務ポイント オンライン
2021/6/28 抗体医薬品の構造改変による至適化とその特許戦略 オンライン
2021/6/30 医薬分野における英文契約書の読み方入門講座 オンライン
2021/7/13 医薬品・医療機器業界における共同研究をリードするための契約実務基礎講座 オンライン
2021/7/14 他社特許の分析方法と自社特許の強化方法 オンライン
2021/7/15 AI関連発明の特許事例および出願戦略のポイント オンライン
2021/7/16 事業活動に必須となる実践知的財産スキル オンライン
2021/7/16 研究開発部門に向けた特許調査・パテントマップ作成の基本とその活用による知財戦略の実践 オンライン
2021/7/16 医薬品ライセンスにおける契約によるリスク回避とライセンスフィーの考え方 オンライン
2021/7/16 医薬品ライセンス契約の実務とデューディリジェンスの考え方 オンライン
2021/7/16 AI医療開発に関する法規制・知財・契約面での実践的ノウハウ オンライン
2021/7/21 事業企画・開発・研究者に必要な特許・知財戦略 オンライン
2021/7/27 経営・事業部門への知的財産の貢献度評価と効果的な報告の仕方 東京都 オンライン
2021/7/29 サブ原理85種の40の発明原理など最新教材で学ぶTRIZ実践 オンライン
2021/7/30 特許の棚卸しと権利化戦略 オンライン
2021/8/4 後発医薬品が勝つための特許戦略の立て方 オンライン
2021/8/5 IPランドスケープにおける分析方法と経営層への報告、提案のポイント オンライン
2021/8/5 知財部門のコンサル化・戦略部門化の実践方法・進め方 オンライン
2021/8/23 AI / IoT技術における日本・海外の特許動向と特許化のポイント オンライン

関連する出版物

発行年月
2018/10/8 P&G 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2018/10/8 P&G 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/30 キヤノン〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/30 キヤノン〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/25 有機EL〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/25 有機EL〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/15 化粧品13社〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/15 化粧品13社〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/10 芳香剤 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/10 芳香剤 技術開発実態分析調査報告書
2014/6/1 パテントマップの全知識 (増刷改訂版)
2013/12/20 紙おむつ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/12/20 紙おむつ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2013/10/20 TI〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/10/20 TI〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書
2013/9/25 マシニングセンタ 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/9/25 マシニングセンタ 技術開発実態分析調査報告書
2013/8/13 不織布〔2013年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/8/13 不織布〔2013年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2013/7/20 マッサージ機〔2013年版〕 技術開発実態分析調査報告書