技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

分子性触媒におけるインフォマティクス

Zoomを使ったライブ配信セミナー

分子性触媒におけるインフォマティクス

オンライン 開催

概要

本セミナーでは、分子性触媒の科学を深化し得る強力な分析技術としてのデータ科学について線形回帰分析を中心に取り上げ、データ駆動型分子設計の事例ならびにその背景となる知識を解説いたします。

開催日

  • 2021年2月15日(月) 13時30分 16時30分

受講対象者

  • 有機低分子・有機反応や分子性触媒のデータ解析に関心のある方
  • 反応データ等から有用な情報を抽出する事例およびそのための背景知識を知りたい方

修得知識

  • 有機低分子のデータ科学とくに不斉触媒反応の回帰分析に関する背景および現状
  • 分子性触媒の線形回帰分析により抽出できる情報について
  • PLSやLASSO、Elastic Netといった線形回帰手法
  • 比較分子場解析に代表される3次元定量的構造活性相関手法を用いた不斉触媒反応の回帰分析、重要構造情報の可視化および分子設計

プログラム

 NMRやX線結晶構造解析など、分子の構造・性質をより深く知るための分析技術は新しい研究分野の創出および既存の研究分野の深化につながる。たとえばDNAのX線回折像はその2重らせん構造の提唱へとつながり、分子生物学の幕開けとなった。またNMRは本セミナーの主題である有機化学分野では分子の同定に不可欠であり、NMRがなければ現代有機化学の土台が崩れると言っても過言ではない。ここで現代科学の強力な分析技術としてデータ科学がある。
 本セミナーでは、特に分子性触媒の科学を深化し得る強力な分析技術としてのデータ科学について線形回帰分析を中心に取り上げる。データ駆動型分子設計の事例ならびにその背景となる知識を紹介する。

  1. はじめに
  2. 有機化学における回帰分析 (自由エネルギー関係)
    1. 電子的効果をあらわす記述子を用いた回帰分析
    2. 立体効果をあらわす記述子を用いた回帰分析
    3. QSARへの発展と2つのQSAR
  3. 分子性触媒における回帰分析
    1. 不斉触媒反応の回帰分析への古典的記述子の応用
    2. 古典的記述子からmodern physical organic descriptorへ
    3. 自由エネルギー関係に基づく不斉触媒のデータ駆動型設計の事例
    4. 非線形回帰手法による分子性触媒の解析事例
  4. 分子場解析に基づく不斉合成におけるデータ駆動型触媒設計
    1. 分子場解析 (3D – QSAR)
    2. 不斉触媒反応における分子場解析
    3. 分子場解析に基づくデータ駆動型触媒設計の事例

講師

  • 山口 滋
    理化学研究所 環境資源科学研究センター
    上級研究員

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 40,000円 (税別) / 44,000円 (税込)
複数名
: 18,000円 (税別) / 19,800円 (税込)

案内割引・複数名同時申込割引について

シーエムシーリサーチからの案内をご希望の方は、割引特典を受けられます。
また、2名以上同時申込で全員案内登録をしていただいた場合、1名様あたり半額の 18,000円(税別) / 19,800円(税込)となります。

  • Eメール案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 36,000円(税別) / 39,600円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 36,000円(税別) / 39,600円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 54,000円(税別) / 59,400円(税込)
  • Eメール案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 40,000円(税別) / 44,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 80,000円(税別) / 88,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 120,000円(税別) / 132,000円(税込)

アカデミック割引

  • 1名様あたり 24,000円(税別) / 26,400円(税込)

学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は郵送にて前日までにお送りいたします。
  • 開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
    ライブ配信の画面上でスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
    印刷物は後日お手元に届くことになります。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2021/3/2 炭素循環 (カーボンリサイクル) 技術 オンライン
2021/3/4 感性工学測定における定量化・分析のポイントと商品開発への活かし方 オンライン
2021/3/9 電池材料のマテリアルズ・インフォマティクス オンライン
2021/3/10 工業触媒の基礎知識 オンライン
2021/3/10 企業での材料研究に使える第一原理計算・マテリアルズインフォマティクス 東京都 会場・オンライン
2021/3/12 バイオマスからの水素・化学品製造を目指した固体触媒開発 オンライン
2021/3/16 マテリアルズインフォマティクスの主軸を担う計算科学シミュレーション技術の基礎と材料設計への応用 オンライン
2021/3/16 統計が苦手な人が信頼性の高い非臨床試験をデザインし、解析手法を選択するにはどうすればよいのか オンライン
2021/3/17 AIを使用した計算およびデータ駆動型化学 オンライン
2021/3/18 スパースモデリングのマテリアルズインフォマティクスへの活用 オンライン
2021/3/18 QbD (Quality by Design) のための実験計画法入門 オンライン
2021/3/18 スパースモデリングの基礎とマテリアルズ・インフォマティクスへの展開 オンライン
2021/3/18 集団学習 (アンサンブル学習) による予測精度の向上と応用展開 オンライン
2021/3/22 化学データの特徴を分析する多変量解析手法 オンライン
2021/3/24 工業触媒の基礎とスケールアップへの応用 オンライン
2021/3/26 押さえておくべき多変量解析の基本概念と実例による演習 (実務で使用するツール) オンライン
2021/3/26 マテリアルズインフォマティクスの中心的役割を担う計算科学シミュレーション技術の基礎と材料設計への応用 オンライン
2021/3/26 マテリアルズインフォマティクスを活用した材料設計技術の現状・課題と今後の展望 オンライン
2021/3/31 データサイエンスの基礎知識をマスターする オンライン
2021/3/31 材料開発のためのデータ解析入門 オンライン