技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

3次元点群処理

Zoomを使ったライブ配信セミナー

3次元点群処理

~PCLの基礎とプログラミング技法~
オンライン 開催

概要

本セミナーでは、Point Cloud Library (PCL) を用いたプログラミングの基本技法について解説いたします。
PCLを有効活用するうえで最も重要な、3次元点群処理技術に関する理解を深めることを狙いに講義いたします。

開催日

  • 2020年12月23日(水) 10時30分 16時30分

プログラム

 計算機を用いて視覚情報処理を実現するコンピュータビジョンは、これまで2次元画像処理を中心に開発され、さまざまな分野で実用化されてきました。最近登場した小型で高性能な個人用の携帯型3次元センサーは、コンピュータビジョンの空間認知能力を飛躍的に向上できるハードウェアとして有用といえます。
 本講義では、このような背景からそのソフトウェア開発環境の一つとして注目を集めているポイントクラウドライブラリ (PCL) を用いたプログラミングの基本技法について教育します。今回は、PCLを有効活用するうえで最も重要な3次元点群処理技術に関する理解を深めることを狙いに講義するつもりです。
 前半では、PCLが提供する各種機能とその構成、クラスライブラリの扱い方など、プログラム開発に必要な基礎知識について説明します。後半では、それを基盤として各種ライブラリそれぞれを用いた簡単な基本プログラムと、それらを駆使した応用プログラムに関し、具体的な処理例を挙げながらその詳細について解説する予定です。

  1. PCLによる3次元点群処理
    1. PCLの概要
    2. C++プログラミング入門
    3. PCLのクラス構成とその継承
    4. プログラミング環境構築と使用法の紹介
    5. プログラミングリファレンスと情報源
    6. 関連ライブラリ
  2. 基本プログラミング
    1. 基礎知識
    2. 入出力
    3. 情報可視化
    4. 近傍探索
    5. フィルタ処理
    6. 法線
    7. 変換
    8. キーポイント抽出と特徴記述
  3. 応用プログラミング
    1. レジストレーション
    2. セグメンテーション
    3. オブジェクト認識

講師

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 46,000円 (税別) / 50,600円 (税込)
1口
: 57,000円 (税別) / 62,700円 (税込) (3名まで受講可)

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境 をご確認いただき、 ミーティングテスト にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は郵送にて前日までにお送りいたします。電子媒体での配布はございません。
  • 開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
    ライブ配信の画面上でスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
    印刷物は後日お手元に届くことになります。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2020/10/28 グラフニューラルネットワーク入門 オンライン
2020/11/2 グラフニューラルネットワーク入門 オンライン
2020/11/4 ディープラーニング (Deep Learning) の基礎と画像認識への応用 オンライン
2020/11/9 パーティクルフィルタの基礎と人物追跡、SLAM、移動ロボットへの応用 オンライン
2020/11/10 自動外観検査の要素技術と運用ノウハウ オンライン
2020/11/10 画像認識技術を用いたAI外観検査の現場導入事例と精度向上指針 オンライン
2020/11/10 深層学習のデータ前処理技法とその実際 オンライン
2020/11/13 自動車の自動運転におけるLiDARを用いた移動物体認識技術とその応用 オンライン
2020/11/17 一日速習 ディープラーニング基礎講座 オンライン
2020/11/18 新世代CMOSイメージング、センシングそしてビジョンコンピューティング 会場
2020/11/25 説明できるAI (XAI) から人と共に進化するAI (CAI)へ オンライン
2020/11/26 AI技術・データ・ソリューションの出願・権利化ノウハウ オンライン
2020/11/27 ディープラーニングによる異常検知の基礎と実用化のポイント 東京都 オンライン
2020/11/27 北米事例に学ぶ健康・医療のAI・IoT利活用とリスク管理 東京都 会場・オンライン
2020/11/30 1日で分かるVisual SLAM の基礎 オンライン
2020/11/30 ディープラーニングによる顔識別の高精度化と最適な撮影システム オンライン
2020/11/30 AI (人工知能) を利用した医療機器開発とレギュレーション対応のポイント オンライン
2020/12/1 一日速習 ディープラーニング画像認識ワークショップ オンライン
2020/12/1 自動運転のための画像処理を中心としたセンサフュージョン技術 オンライン
2020/12/7 AI技術開発・ビジネスのための特許出願・知財戦略の進め方 オンライン

関連する出版物

発行年月
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例
2015/8/17 防犯・監視カメラ〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2015/8/17 防犯・監視カメラ〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/3/7 画像処理・画像符号化・画像評価法
2013/10/29 高効率動画像符号化方式:H.265/HEVC (High Efficiency Video Coding)
2013/8/2 HLAC特徴を用いた学習型汎用認識
2013/6/21 機械学習によるパターン識別と画像認識への応用
2013/6/1 画像診断機器(磁気共鳴) 技術開発実態分析調査報告書
2013/6/1 画像診断機器(磁気共鳴) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/4/15 暗号化技術 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/4/15 暗号化技術 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/4/15 暗号化技術 技術開発実態分析調査報告書
2013/3/29 3次元物体認識手法とその応用 (カラー版)
2013/3/8 PAT3によるモデル検証
2013/1/31 JCSPプログラミング技法
2012/10/25 電子写真装置の定着技術 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2012/10/25 電子写真装置の定着技術 技術開発実態分析調査報告書
2012/6/20 画像復元・超解像技術の基礎と応用
2012/4/20 デジカメ主要8社の静止画信号処理技術 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2012/4/20 デジカメ主要8社の静止画信号処理技術 技術開発実態分析調査報告書