技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

1日で分かるVisual SLAM の基礎

Zoomを使ったライブ配信セミナー

1日で分かるVisual SLAM の基礎

~SfMとVisual SLAM のポイント~
オンライン 開催

概要

本セミナーでは、自律走行や拡張現実感 (AR) などの基盤技術として用いられるVisual SLAMについて、基礎から実装法まで解説いたします。
3次元的な自己位置推定・マッピング処理を対象としたコンピュータビジョン技術を初歩から概説いたします。
カメラの投影モデルや特徴点トラッキングなどの基礎技術から、古くから研究がなされてきたオフライン型structure from motion (SfM) 、 Hololens、ARCore、ARKitなどにも用いられるオンライン型visual SLAMの枠組みに至るまでを理解できることを目的とします。

開催日

  • 2020年11月30日(月) 10時00分 16時00分

受講対象者

  • Visual SLAMに関連する技術者、開発者
    • 自律走行
    • 拡張現実感 (AR)
    • 画像処理
    • カメラ など

プログラム

 自己位置推定・マッピングは、ドローン、ロボットや自動車の自動走行からスマートフォン向けAR/VRにいたるまで多岐にわたるアプリケーションで用いられつつある技術です。特に、カメラを用いたものをvisual SLAM (vSLAM) 、さらに、IMU を併用したものをvisual-inertial SLAM (VIS) と呼ばれています。写真測量などの3次元計測 (マッピング) とは表裏一体の関係にあります。その背景にある技術は、カメラ幾何・画像処理に基づくコンピュータビジョンです。他のセンサと比べ、センチ単位の位置・方向推定、高フレームレートな推定、さらには空間認識と組み合わせた高度な制御を実現できることが特徴です。
 本セミナーでは、コンピュータビジョンの初学者から包括的に学びなおしたい方、上記技術に従事することになった方など対象に、3次元的な自己位置推定・マッピング処理を対象としたコンピュータビジョン技術を初歩から概説します。カメラの投影モデルや特徴点トラッキングなどの基礎技術から、古くから研究がなされてきたオフライン型structure from motion (SfM) 、 Hololens、ARCore、ARKitなどにも用いられるオンライン型visual SLAMの枠組みに至るまでを理解できることを目的とします。
 コンピュータビジョン技術を実運用する場合、動作が不安定であり、また、期待した精度が出ないといった問題に直面することが多いと思います。そこで、上記技術の長所や短所、カメラのみでは解決できない問題点などを説明し、vSLAMを用いる場合の適切なシステムデザインをできる知識が得られることを目指します。最後に、最新の技術動向に基づいた今後の展望についても紹介いたします。

  1. vSLAMの歴史と関連技術
    • SLAM技術の変遷, vSLAM手法の分類
    • structure from motion, multi view stereoとの違い
  2. 画像処理の基礎
    • 特徴点マッチング
    • 画像検索
  3. カメラ幾何の基礎
    • 座標系
    • 透視投影
    • 三角測量
    • エピポーラ幾何
  4. 特徴点を用いた単眼vSLAMの枠組み
    • Initialization
    • Localization/Tracking
    • Mapping
    • Relocalizaiton
    • Loop closure
  5. 他のvSLAMの分類
    • visual inertial SLAM (VIS)
    • ダイレクト法
    • RGBD SLAM

講師

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 46,000円 (税別) / 50,600円 (税込)
1口
: 57,000円 (税別) / 62,700円 (税込) (3名まで受講可)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2020/12/8 3次元点群処理の産業応用 オンライン
2020/12/8 AI外観検査導入のための基礎と進め方・留意点 オンライン
2020/12/9 機械学習・深層学習による画像認識の仕組み オンライン
2020/12/10 テラヘルツ波のセンシング・イメージング応用と光源・検出器の基本 オンライン
2020/12/11 次世代カメラの画像処理 オンライン
2020/12/14 劇的進化、CMOSデジタルイメージング、その最新技術動向… 機能進化、視覚そして認知機能へ オンライン
2020/12/15 Azure Kinectと距離画像センサの測距原理、3Dセンサの応用 東京都 会場
2020/12/16 スパースモデリングの基礎と応用事例解説 オンライン
2020/12/16 車載用ステレオカメラの基礎と衝突回避、自動運転への適用と今後の課題 オンライン
2020/12/16 先端計測と機械学習を融合する計測インフォマティクスの最新動向・適用事例 オンライン
2020/12/23 ウェアラブルセンシング技術の総合知識とデバイスへの応用、最新動向 オンライン
2020/12/23 3次元点群処理 オンライン
2021/1/13 次世代の「説明できるAI:XAI」と業務へのAI導入方法 オンライン
2021/1/14 製造DX推進に寄与する外観検査自動化 オンライン
2021/1/19 CMOSイメージセンサの基礎技術およびイメージング技術の最新動向 オンライン
2021/1/19 CNNのディープラーニングによる顔識別の高精度化と、最適な撮影システム オンライン
2021/1/27 外観検査の自動化技術と運用ノウハウ オンライン
2021/1/27 車載用ミリ波レーダ技術の基礎と応用 オンライン
2021/2/1 Pythonによる科学技術計算 オンライン
2021/2/1 パリティミラーを用いた空中映像・ 空中ディスプレイの基礎と応用開発の現状 オンライン

関連する出版物

発行年月
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例
2015/8/17 防犯・監視カメラ〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2015/8/17 防犯・監視カメラ〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/3/7 画像処理・画像符号化・画像評価法
2013/8/2 HLAC特徴を用いた学習型汎用認識
2013/6/21 機械学習によるパターン識別と画像認識への応用
2013/6/1 画像診断機器(磁気共鳴) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/6/1 画像診断機器(磁気共鳴) 技術開発実態分析調査報告書
2013/3/29 3次元物体認識手法とその応用 (カラー版)
2012/10/25 電子写真装置の定着技術 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2012/10/25 電子写真装置の定着技術 技術開発実態分析調査報告書
2012/6/20 画像復元・超解像技術の基礎と応用
2012/4/20 デジカメ主要8社の静止画信号処理技術 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2012/4/20 デジカメ主要8社の静止画信号処理技術 技術開発実態分析調査報告書
2011/2/4 入門 画質改善・画像復元・超解像技術
2010/11/15 防犯・監視カメラ 技術開発実態分析調査報告書
2010/11/10 高ダイナミックレンジ画像処理技術とMATLABシミュレーション
2010/9/24 JPEG XR画像符号化方式と性能評価
2010/2/22 画像理解・パターン認識の基礎と応用
2009/9/16 H.264 / MPEG-4 AVC 拡張規格・応用例・最新動向