技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

金属材料における熱処理技術の基礎と適切な熱処理方法の選択

Zoomを使ったライブ配信セミナー

金属材料における熱処理技術の基礎と適切な熱処理方法の選択

オンライン 開催

概要

本セミナーでは、耐磨耗性・耐疲労性・耐腐食性・耐熱性等、鉄鋼材料に機能を付与する熱処理について解説し、部品・設備などの設計・開発を適性の行うための基礎知識を習得していただきます。

開催日

  • 2020年11月18日(水) 10時00分 16時00分

修得知識

  • 熱処理の目的と必要性 (鉄鋼材料)
  • 熱処理の種類と材料の特性
  • 鉄鋼材料の種類と熱処理の適用例
  • 非鉄金属材料の熱処理 (アルミ合金など)
  • 熱処理による表面改質技術
    • 高周波焼入れ
    • 浸炭
    • 窒化
    • PVD
    • CVDなど
  • 熱処理品質の評価方法とトラブル対策
  • 熱処理に関する個別相談

プログラム

 熱処理は金属材料の持っている強度、延性、靭性といった機械的特性をはじめ、耐摩耗性、耐疲労強度、耐熱・耐食性などの特性を目的に応じて最大限に引き出すための技術です。したがって、目的に応じた最適な熱処理を金属材料に行うことによって、設備及び部品などの安全性、信頼性、耐久性、耐食性などを満足させることができる極めて重要な技術です。またこの熱処理の選択等を間違うと、材料の特性を大きく損ない、重大災害などにつながる可能性もあり、慎重な対応が必要です。
 本セミナーでは、熱処理の目的と種類、それに伴う材料特性の変化などを含め、且つ、適用事例及び品質、トラブル事例も含めてわかりやすく説明します。
 また、熱処理技術の範疇に含まれる表面改質技術の中から、最も広く用いられている、浸炭焼入れ及び窒化処理技術についても紹介し、それらの技術を活用した最近の新たな材料をいくつか紹介します。

  1. 熱処理の目的と必要性
    1. 熱処理とは?
    2. 熱処理と材料の組織の関係
    3. 熱処理と材料特性との関係
  2. 熱処理の種類と方法
    1. 焼きなまし: 組織、成分、応力状況の均質化等
      1. 拡散焼きなまし
      2. 完全焼きなまし
      3. 等温焼きなまし
      4. 球状化焼きなまし
      5. 応力除去焼きなまし
    2. 焼きならし
      • 加工組織の改善
      • 加工硬化による歪の改善
    3. 焼入れ:
      • オーステナイト域からの急冷によって組織のマルテンサイト化による高硬度・高強度化
    4. 焼戻し
      • 焼入れマルテンサイト組織に靭性を与える熱処理
    5. 固溶化処理
      • オーステナイトステンレス鋼、Al合金で、鋳込み、加工、溶接などで生じた不均一組織を改善
    6. 時効処理
      • 通常の熱処理後に一定の温度・時間保持することで金属管化合物などの析出物を析出させて高強度化させる熱処理
    7. サブゼロ処理
      • 焼入れ時の残留オーステナイトの析出を防止するための極低温処理
  3. 金属材料の用途ごとの最適熱処理の適用と事例
    1. 機械構造用鋼
    2. 工具鋼
    3. 軸受け鋼
    4. ばね鋼
    5. 鋳鋼・鋳鉄
    6. ステンレス鋼
    7. 非鉄金属材料 (アルミ合金など)
  4. 熱処理欠陥・トラブルとその対策
    1. 表面欠陥
      • 酸化スケール
      • 肌荒れ
      • 粒界酸化
      • 脱炭
      • 焼きムラなどとその対策
    2. 組織の異常
      • 結晶粒粗大化
      • 焼割れ
      • 強度・硬度不足とその対策
    3. 形状・寸法変化
      • 変形・歪とその対策
  5. 熱処理による代表的な表面硬化技術
    1. 材料表面の加熱による硬化技術
      • 高周波焼入れ
      • レーザー焼入れなど
    2. 拡散浸透処理による表面硬化技術
      • 浸炭焼入れ
      • 窒化など
    3. 表面硬化技術を利用した新しい材料
      • 低温窒化・低温浸炭
      • 窒化・クロマイズ複合処理

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)
複数名
: 25,000円 (税別) / 27,500円 (税込) (案内をご希望の場合に限ります)

案内割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 99,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 148,500円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 110,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 165,000円(税込)

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境 をご確認いただき、 ミーティングテスト にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は郵送にて前日までにお送りいたします。電子媒体での配布はございません。
  • 開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
    ライブ配信の画面上でスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
    印刷物は後日お手元に届くことになります。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/8/17 大気圧プラズマによる表面改質とぬれ性改善 オンライン
2022/8/17 接触角の測定技術と表面自由エネルギーの解析 オンライン
2022/8/19 ダイコーティングの塗布理論と品質安定化、トラブル対策 オンライン
2022/8/22 シランカップリング処理を上手に使いこなすためのポイント オンライン
2022/8/23 基礎から学ぶフィラー活用術 オンライン
2022/8/23 DLC (ダイヤモンドライクカーボン) 被覆およびその複合処理による金属材料の耐久性向上 オンライン
2022/8/25 グラフェンの基礎と透明アンテナ技術 オンライン
2022/8/26 粉体・微粒子の表面処理と機能性ナノコーティング技術 オンライン
2022/8/29 薄膜作製の基礎とトラブル対策 オンライン
2022/8/29 スラリー調製に向けた粒子の分散・凝集状態評価技術 オンライン
2022/9/2 超撥水 (油) ・超親水 (油) ・滑液性表面の基礎と開発 オンライン
2022/9/5 ゾル-ゲル法の実務活用のための速習セミナー オンライン
2022/9/6 ハードコート技術の基礎と応用 オンライン
2022/9/7 水系コーティング液のトラブル原因と添加剤による対策 オンライン
2022/9/9 表面分析・接着分析をしっかり学ぶ2日間講座 オンライン
2022/9/9 表面・界面の考え方と分析の基礎と実践応用 オンライン
2022/9/9 プラスチックの加飾技術と最新動向 オンライン
2022/9/9 ラミネート技術の基礎と実用技術・トラブル対策 オンライン
2022/9/13 スパッタ・真空蒸着と膜質改善技術の徹底解説 オンライン
2022/9/13 高分子材料の力学的特性改善に向けた設計技術 オンライン