技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

ナノ触診原子間力顕微鏡 (AFM) による高分子材料の解析技術

Zoomを使ったライブ配信セミナー

ナノ触診原子間力顕微鏡 (AFM) による高分子材料の解析技術

オンライン 開催

概要

本セミナーでは、AFMの原理から始め、ナノ触診AFMの基礎と応用について解説いたします。

開催日

  • 2020年9月30日(水) 12時30分 16時30分

受講対象者

  • 原子間力顕微鏡 (AFM) を日常的に使っている方
  • 原子間力顕微鏡 (AFM) の像解釈に悩んでいる方
  • 高分子ナノアロイ、ナノコンポジットの研究・開発のためにAFMを利用したい方
  • これからAFMを使う方

修得知識

  • 原子間力顕微鏡 (AFM) の基礎知識
  • AFMを用いた物性計測手法
  • 高分子ナノアロイ、ナノコンポジットへの応用

プログラム

 原子間力顕微鏡 (AFM) はいまや材料研究にとってかかせないツールです。高分解能性にその理由がありますが、さらにその原理上、画像取得の際に表面と接触して力を及ぼしあうという特徴をもつため、医師が指で触診するのと同じようにAFM探針で試料表面のさまざまな力学物性測定を行うことができます。これがナノ触診AFMです。
 本セミナーでは、AFMの原理から始め、ナノ触診AFMの基礎と応用について解説します。さらに動的特性として、損失正接画像や粘度像などが取得できる粘弾性解析の新展開についても時間を割く予定です。AFMで力学物性解析を行いたい方もしくは高分子ナノアロイ、ナノコンポジットを研究・開発の対象としていてAFMに興味をお持ちの方の参加をお待ちしております。

  1. 原子間力顕微鏡 (AFM) の基礎
    1. AFMの原理
    2. フォースカーブ
    3. タッピングモードAFMの原理
    4. 位相像とエネルギー散逸
  2. ナノ触診AFMの基礎
    1. 接触理論概観
    2. 弾性率像を取得するための手順
    3. 国際標準化動向
  3. ナノ触診AFMの応用
    1. ゴムへの応用
    2. 高分子ナノアロイ、ナノコンポジットへの応用
    3. ブロックコポリマー型TPEへの応用 (CREST課題)
    4. ナノレオロジーAFM (粘弾性を可視化する新手法)

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 45,000円 (税別) / 49,500円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,750円 (税込) (案内をご希望の場合に限ります)

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境 をご確認いただき、 ミーティングテスト にて動作確認をお願いいたします。
  • 後日、別途視聴用のURLをメールにてご連絡申し上げます。
  • セミナー開催日時の10分前に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は郵送にて前日までにお送りいたします。電子媒体での配布はございません。
  • 開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
    ライブ配信の画面上でスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
    印刷物は後日お手元に届くことになります。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • ご質問については、オープンにできるご質問をチャットにご記入ください。
  • 個別相談(他社に知られたくない)のご質問は後日メールにて講師と直接お願いします。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 22,500円(税別) / 24,750円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,000円(税別) / 46,200円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 99,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 148,500円(税込)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2021/11/29 射出成形技術の基礎と不良対策 オンライン
2021/11/29 結晶性高分子の結晶化速度解析と向上技術による高性能化 オンライン
2021/11/29 架橋技術によるポリマーの実用的な性能向上と物性・特性改良方法 オンライン
2021/11/29 プラスチックの難燃化技術 オンライン
2021/11/29 高分子架橋材料の構造評価と力学物性発現メカニズム オンライン
2021/11/30 二軸スクリュ押出機を用いた各種のリアクティブプロセシング技術の基礎と応用 東京都 会場・オンライン
2021/11/30 ゴム製品開発における解析技術の基礎講座 オンライン
2021/12/3 ポリ乳酸の基礎から技術・市場開発最前線まで オンライン
2021/12/3 滑り性、透明性及び耐スクラッチ性に優れたフィルムのフィラー処方 オンライン
2021/12/3 プラスチックリサイクルの最新技術と持続可能な社会におけるプラスチックの使い方 オンライン
2021/12/6 プラスチックとゴムの環境問題とその解決策 オンライン
2021/12/7 熱分解分析法 オンライン
2021/12/7 ポリウレタン樹脂原料の基礎と最新動向 オンライン
2021/12/8 高分子材料の劣化反応メカニズムの基礎と分析方法 オンライン
2021/12/9 プラスチックの破損現象と解析手法および対策 オンライン
2021/12/9 リビング重合による精密高分子合成 オンライン
2021/12/9 マテリアルリサイクルのためのモノマテリアル化およびポリマーブレンドの技術ポイント オンライン
2021/12/10 SDGsを踏まえた高分子分野の新規開発テーマ 東京都 会場・オンライン
2021/12/13 リサイクル樹脂の改質技術 オンライン
2021/12/13 注目の新規バイオプラスチック素材・技術・市場開発最前線 オンライン

関連する出版物