技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

体外診断薬の主要国及び国内での競争力のある特許戦略

体外診断薬の主要国及び国内での競争力のある特許戦略

~診断薬発明の拒絶理由に対する対応、及び拒絶理由に反論するための明細書の記載法とは~
東京都 開催 会場 開催

概要

本セミナーでは、各国での「抗体」、「プライマー」、「診断キット」などを含む診断薬発明の特許取得について、実際に特許が許可された事例等を交えて解説いたします。

開催日

  • 2020年7月16日(木) 13時00分 16時00分

修得知識

  • 各国の診断薬発明の明細書の記載
  • 米国特許法101条に対するいくつかの対応手段
  • 抗体を用いた診断方法、診断キットの発明の明細書の記載
  • プライマー、プローブを用いた診断方法、診断キットの明細書の記載
  • 診断薬発明の拒絶理由に対する対応、及び拒絶理由に反論するための明細書の記載

プログラム

 「診断方法」の発明は、日本、欧州、及び韓国などでは、原則として認められていませんが、請求項の記載を工夫することによって、実質的に許可されています。一方、米国は「診断方法」の発明を認めていましたが、Mayo事件等のCAFC判決の後、「診断方法」の発明が、認められなくなっています。また、中国も診断方法は認めませんが、キットの「使用クレーム」を認めています。
 本講座では、各国での「抗体」、「プライマー」、「診断キット」などを含む診断薬発明の特許取得について、実際に特許が許可された事例等を交えてご提案ができればと思います。

  1. 診断薬発明における診断マーカー
    1. 体内タンパク質
    2. 遺伝子
    3. 感染体 (ウイルス、細菌など)
  2. 各国における診断薬発明の特許取得戦略
    1. 日本
    2. 欧州
    3. 韓国
    4. 中国
    5. 米国 (101条に対する対応を含めて、自然現象とは)
  3. 拒絶理由に対応するための明細書の記載及び意見書における反論 (強い明細書の記載)
    1. 産業上利用可能性
    2. 第二診断用途
    3. 診断キットの新規性欠如
    4. 進歩性欠如
    5. サポート要件
      • 閾値 (カットオフ値)
      • アミノ酸変異
  4. モノクローナル抗体発明の特許取得戦略
    1. 日本の抗体発明
    2. 抗体発明の権利範囲を広くする明細書の記載
    3. インド、ブラジルの抗体発明
    4. 日本、米国、欧州の抗体発明の範囲の違い
  5. プライマー/プローブ発明の特許取得戦略
    1. 日本のプライマー/プローブ発明
    2. 欧州、中国、韓国のプライマー/プローブ発明
    3. 米国のプライマー/プローブ発明 (101条に対する対応を含めて、天然物とは)
    • 質疑応答

会場

すみだ産業会館

9F 会議室1

東京都 墨田区 江東橋3丁目9番10号 丸井共同開発ビル8・9階
すみだ産業会館の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 45,000円 (税別) / 49,500円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,750円 (税込)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 22,500円(税別) / 24,750円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,000円(税別) / 46,200円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 99,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 148,500円(税込)

アカデミック割引

  • 1名様あたり 10,000円(税別) / 11,000円(税込)

学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院の学生に限ります。
教職員や研究員、企業に在籍されている学生には適用されません。
また、当日学生証をご持参ください。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2020/7/7 DTx (デジタル医療) の最新の技術動向と知財戦略の新たな視点 オンライン
2020/7/13 体外診断薬における開発から販売・サービスまでの構築実務とノウハウ オンライン
2020/7/14 他社特許を分析して事業に役立つ強い特許を取得する権利化戦略 オンライン
2020/7/14 体外診断用医薬品 (診断薬) の市場動向をふまえたマーケティング戦略 東京都
2020/7/21 医療系AIプログラムの事業化プロセスと知財戦略 オンライン
2020/7/21 診断薬・バイオマーカー開発のためのこれからの新市場開拓とビジネス事業化のポイント 東京都
2020/7/29 演習で学ぶ「特許明細書」の書き方 東京都
2020/7/29 競合に勝つための医薬特許戦略 大阪府
2020/7/29 レオロジーを特許・権利化するための基礎科学、測定技術、データ解釈 オンライン
2020/7/30 最近の医薬品LCM/DR事例・判例から見るLCM,DRを提案するためのアイデアやヒント 東京都
2020/7/30 大学-企業間、民間企業間、ベンチャーとの共同研究開発の進め方と契約実務 オンライン
2020/8/5 技術・知財・事業戦略を導くパテントマップの具体的な作成と活用方法 京都府
2020/8/6 バイオ医薬品の特許戦略構築のための必須知識 オンライン
2020/8/9 先行企業を打ち破る他社特許分析の仕方と知財戦略への活かし方 東京都
2020/8/18 共同研究・開発契約の実務とトラブル対応 東京都
2020/8/24 体外診断用医薬品の保険申請戦略と申請書の書き方 東京都
2020/8/25 パテントマップを活用した新規R&Dテーマの発掘方法 オンライン
2020/8/27 AI / IoT技術における日本・海外の特許動向と特許化のポイント 東京都
2020/8/27 体外診断薬の開発・事業化戦略のポイント 東京都
2020/9/3 体外診断薬の主要国及び国内での競争力のある特許戦略 オンライン

関連する出版物

発行年月
2018/10/8 P&G 技術開発実態分析調査報告書
2018/10/8 P&G 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2017/9/29 疾患・病態検査・診断法の開発
2017/6/21 体外診断用医薬品開発ノウハウ
2014/7/30 キヤノン〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/30 キヤノン〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/25 有機EL〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/25 有機EL〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/15 化粧品13社〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/15 化粧品13社〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/10 芳香剤 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/10 芳香剤 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/6/1 パテントマップの全知識 (増刷改訂版)
2013/12/20 紙おむつ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2013/12/20 紙おむつ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/10/20 TI〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/10/20 TI〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書
2013/9/25 マシニングセンタ 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/9/25 マシニングセンタ 技術開発実態分析調査報告書
2013/8/13 不織布〔2013年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)