技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

トライボロジーの基礎と成膜処理によるトライボロジー特性の向上

トライボロジーの基礎と成膜処理によるトライボロジー特性の向上

東京都 開催 会場 開催

概要

本セミナーでは、トライボロジーについて基礎から解説し、トライボコーティング材の特性、適用事例と留意点を詳説いたします。

開催日

  • 2020年7月10日(金) 10時00分 17時00分

プログラム

 近年、プラズマなどの利用が容易になり薄膜による表面改質が行われ、摩擦摩耗の制御が行われている。材料の付与加工であり、あらさを含めて幅広く材料設計を行うことが可能である。しかし、摩擦・摩耗特性は複雑であり、期待する特性を得ることは容易ではない。これは、摩擦や摩耗が表面の微小突起の変形と破壊に依存する事に起因する。この摩擦摩耗現象は、材料の極表面とバルクの機械的・化学的特性、表面あらさや摩擦係数の差異に基づく接触応力に依存し、初期のそれらの値は摩擦と共に変化する。このため同じ破壊現象でありながら、摩耗はバルク材の塑性変形や破壊とは異なる。このような特異性のために、摩擦・摩耗の設計指針は特異である。
 本講義では、摩擦・摩耗理論の基礎から最近提案されている理論まで、実用を踏まえながら平易に解説する。

  1. 摩擦と摩耗を扱う工学分野 (トライボロジー)
    1. 表面の特殊性とバルクとの差異
    2. 摩擦のメカニズム
      1. 凹凸説
      2. 凝着説
      3. 掘り起こし説
    3. 摩耗の分類とメカニズム
      1. アブレシブ摩耗
      2. 凝着摩耗
      3. 疲労摩耗
      4. 腐食摩耗
  2. 硬質薄膜の摩耗メカニズムとその抑制指針
    1. 微視的摩耗機構
      1. Flake formation
      2. Powder formation
      3. Ploughing
    2. 硬質膜の脆性破壊の抑制
    3. 膜の塑性変形の抑制
    4. 膜の剥離の抑制
  3. 薄膜の機械的特性の評価方法
    1. 硬さ
    2. ヤング率
    3. 膜の破壊じん性値
    4. 膜と基板の界面の破壊じん性値
  4. 薄膜の摩擦メカニズムと低摩擦の発現指針
    1. 固体潤滑機構
      1. 薄膜潤滑理論
      2. 超潤滑理論
    2. 超低摩擦現象
      1. ダイヤモンド
      2. ダイヤモンドライクカーボン
      3. 窒化炭素
    • 質疑応答

講師

  • 梅原 徳次
    名古屋大学 大学院 工学研究科 マイクロ・ナノ機械理工学専攻
    教授

会場

株式会社 技術情報協会
東京都 品川区 西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
株式会社 技術情報協会の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)
複数名
: 45,000円 (税別) / 49,500円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 45,000円(税別) / 49,500円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 99,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 148,500円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。

アカデミック割引

  • 1名様あたり 30,000円(税別) / 33,000円(税込)

学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。

本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2020/7/13 人工関節の設計条件およびトライボロジ オンライン
2020/7/13 ダイ塗布プロセスの欠陥メカニズム・課題と対策 東京都
2020/7/14 スパッタ・真空蒸着と膜質改善技術の徹底解説 オンライン
2020/7/15 高分子材料におけるトライボロジーの基礎と制御技術 オンライン
2020/7/16 粉体の基礎と微粒子コーティング・表面改質技術 オンライン
2020/7/22 フッ素樹脂コーティングの基礎 東京都
2020/7/22 ぬれ性のメカニズムと測定・制御技術 オンライン
2020/7/27 ダイにおけるスジ発生メカニズムとその対策技術、解析技術 東京都
2020/7/27 塗膜の濡れ・付着・密着コントロールとトラブルへの対策 オンライン
2020/7/27 粉粒体へのコーティングと表面改質技術 オンライン
2020/7/28 溶解性パラメーター、表面張力の求め方、使い方とコーティング材料への適用例 オンライン
2020/7/29 水性塗料の配合設計術 東京都
2020/7/30 ゾル-ゲル法の基礎と機能性材料設計への応用および新展開 オンライン
2020/7/30 大気圧プラズマの必須基礎知識と産業応用技術 大阪府
2020/7/30 金属の表面処理技術と化成皮膜の評価 オンライン
2020/7/31 ALD (原子層堆積法) の基礎と高品質膜化および最新動向 オンライン
2020/8/3 水性塗料の設計技術との課題、顔料分散剤の利用技術・外観低下トラブルの原因と対策管理 オンライン
2020/8/5 反射防止材料・コーティングの作り方、塗布塗膜と応用、その評価 東京都
2020/8/6 レジストプロセスの最適化、材料の使い方ノウハウ、トラブル対策 オンライン
2020/8/25 シランカップリング処理をうまく使いこなすためのポイント オンライン

関連する出版物