技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

自動車に向けた防振材料、制振材料の特性と設計、材料開発のポイント

自動車に向けた防振材料、制振材料の特性と設計、材料開発のポイント

~自動車の振動減衰問題への要求課題、防振・制振の原理と材料選択、開発のポイント~
東京都 開催

概要

本セミナーでは、振動減衰の課題を取り上げて設計と材料開発のポイントを説明いたします。
防振材料・制振材料の要求課題、振動減衰機構、材料選択、材料設計の基本をわかりやすく解説いたします。

開催日

  • 2020年3月13日(金) 13時00分 16時30分

プログラム

 自動車は、地球温暖化対策、エネルギー対策、EV自動車対応の技術開発等多くの課題を抱え今後の発展が期待されている。
 今回は、その中の振動減衰の課題を取り上げて設計と材料開発のポイントを説明する。特に材料開発の課題を中心としたい。初級から中級の方を対象として、要求課題、振動減衰機構、材料選択、材料設計の基本をわかりやすく説明したい。

  1. 自動車産業の課題と振動減衰技術と材料
  2. 自動車の振動減衰 (防振、制振) 問題への要求課題
  3. 防振の原理と材料選択
  4. 制振の原理と材料選択
  5. 自動車用防振ゴム開発のポイント
    1. ゴム素材の選択と配合設計
    2. 製造工程における課題
  6. 自動車用制振材料の開発のポイント
    1. ポリマー素材の材料選択と配合設計
    2. 製造工程における課題
  7. EV自動車への転換にる材料への影響
    1. 振動減衰、軽量化、難燃化、快適化、安全
    • 質疑応答・名刺交換

講師

会場

品川区立総合区民会館 きゅりあん

4F 研修室

東京都 品川区 東大井5丁目18-1
品川区立総合区民会館 きゅりあんの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 38,000円 (税別) / 41,800円 (税込)
複数名
: 20,000円 (税別) / 22,000円 (税込)

複数名同時受講の割引特典について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 20,000円(税別) / 22,000円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 38,000円(税別) / 41,800円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 40,000円(税別) / 44,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 60,000円(税別) / 66,000円(税込)
  • 同一法人内 (グループ会社でも可) による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。
  • 他の割引は併用できません。

アカデミー割引

教員、学生および医療従事者はアカデミー割引価格にて受講いただけます。

  • 1名様あたり 10,000円(税別) / 11,000円(税込)
  • 企業に属している方(出向または派遣の方も含む)は、対象外です。
  • お申込み者が大学所属名でも企業名義でお支払いの場合、対象外です。
本セミナーは終了いたしました。
講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。
掲載している受講料は会員価格でございます。
お申し込み後はサイエンス&テクノロジーの会員登録をさせていただき、セミナー等のサービスのご案内を差し上げます。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2020/4/9 成形体の品質を改善する混練技術 東京都
2020/4/10 自動車分野における吸音・遮音のメカニズムと材料開発の指針 愛知県
2020/4/10 材料の破壊と耐久性、信頼性 東京都
2020/4/13 ゴム・プラスチック材料のトラブル解決 (2日間) 東京都
2020/4/13 ゴム・プラスチック材料の破損、破壊原因とその解析法 東京都
2020/4/13 1日速習: プラスチックの基礎 東京都
2020/4/14 LiDARによる自己位置推定技術 東京都
2020/4/15 大気圧プラズマの基礎と樹脂・フィルムの接着・密着・接合性改善技術 愛知県
2020/4/15 コンタクトレンズを中心としたメディカルデバイス用ポリマー材料の最前線 東京都
2020/4/16 ポリ乳酸の基礎・最新動向と注目のマルチ機能改質剤 愛知県
2020/4/16 車載用電力変換技術 (パワーエレクトロニクス) の動向とその高電力密度化技術 愛知県
2020/4/17 廃プラスチック問題の現状と解決のための最新技術 東京都
2020/4/17 自動車排ガス浄化触媒材料の評価・解析と開発動向 東京都
2020/4/20 ヒートシールの基礎と材料設計および品質管理・不具合対策 東京都
2020/4/20 機能性高分子絶縁材料の設計技術と研究動向 東京都
2020/4/21 ポリマー微粒子の作製と機能化・応用展開 東京都
2020/4/23 医用材料の要求特性と合成法および応用展開・最新動向 東京都
2020/4/23 プラスチック・エラストマーおよび添加剤の赤外吸収スペクトルの読み方 : 実践ガイド 東京都
2020/4/24 高分子結晶化入門講座 東京都
2020/4/24 運転支援システム開発 東京都

関連する出版物