技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

統計処理の進め方とデータ解析の手法、実践的活用

統計処理の進め方とデータ解析の手法、実践的活用

東京都 開催 会場 開催

概要

本セミナーでは、最も基本的な統計的検定・推定をExcel関数を利用して自力できるようになることを目標に、基礎知識を準備したうえで、統計的推定の原理と解釈について説明いたします。

開催日

  • 2020年2月25日(火) 10時00分 17時00分

受講対象者

  • 製造業での実験や測定にこれから携わる方
  • 実験や測定にすでに携わっているが、実験方法やデータ解析に自信のもてない方

修得知識

  • 母集団と標本の違い
  • 平均、分散、標準偏差の意味と信頼性
  • 実験の3原則
  • 母平均の検定・推定の方法
  • 母平均の差の検定・推定の方法

プログラム

 製造業では研究、開発、量産、出荷後対応の各工程で実験や統計解析を行う必要があります。しかし、解析の基本原理を理解していないために解析手法や適用対象を誤ったり、正しい結果が得られているのにその解釈・結論を誤ってしまうような例も少なくありません。
 本講義では、統計的推定・検定の基本的な手法について、Microsoft Excel (2010以降) の関数を利用して自力で解析・解釈できるようになることを目標とします。 各種手法の原理的な考え方はほぼ共通なので、講義では、最も基本的な母平均の推定、母平均の差の推定に絞り、基礎知識を準備したうえで丁寧に解説します。そのほかの手法については、独習できる詳しい解説資料とExcelサンプルファイルを添付します。

  1. 真値、測定結果、誤差
    1. 真値、測定結果、誤差
    2. 誤差は永久にわからない
    3. 真値も永久にわからない
  2. 全数検査と抜取検査
    1. 母集団と標本の違い
    2. 知りたいことと実際にわかることの違い
    3. 全数検査でも測定結果は標本として考える
  3. 分布とはなにか?
    1. いろいろな分布
    2. 正規分布の特徴
    3. 相対度数、確率、確率密度、累積確率の違い
    4. ばらつきとかたよりの違い
    5. 平均、分散、標準偏差の意味
    6. 分散、標準偏差の式のn – 1の意味
    7. いつもn – 1で割るとは限らない
  4. 標本サイズと信頼性
    1. 生データの分布と平均の分布の違い
    2. 測定を繰り返せばばらつきは減るか?
    3. 分散の式で、n – 1で割ることの効果
    4. 平均をとれば、どんな分布も正規分布に近づく
  5. 統計的推定の原理
    1. 推定・検定とは?
    2. どの解析手法を選択すればよいか?
    3. 母平均の推定 (母分散既知/未知の場合) : 平均の値はどのくらいか?
    4. 両側信頼区間と片側信頼区間
    5. 信頼区間の意味
    6. 信頼率が高いと、得るものが少ない
    7. 母平均既知の場合と未知の場合で何が変わるか?
    8. 母平均の差の推定 (母分散既知/未知の場合) : 試料間の差はどのくらいか?
    9. 無意味な有意差
    10. 標本サイズを増やせばどんな僅差も有意差になる
  • 以下、解説資料のみ
    1. 母分散の推定:ばらつきはどのくらいか?
    2. 母分散の比の推定: 工程変更によるばらつきの変化はどのくらいか?
    3. 正規分布に従わない場合に母平均・母分散を推定するとどうなるか?
    4. 母平均の検定 (母分散既知の場合) : 製品を出荷してよいか?
    5. 第1種の誤り (生産者危険) と第2種の誤り (消費者危険)
    6. 母平均の推定における標本サイズの決めかた
    7. 実験の3原則 (実験の反復、局所管理、無作為化)
    8. 各種推定・検定手順のまとめ
  • 質疑応答

講師

会場

株式会社 技術情報協会
東京都 品川区 西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
株式会社 技術情報協会の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)
複数名
: 45,000円 (税別) / 49,500円 (税込)

ご持参品

簡単な演習を行うので、四則演算 (+.×÷) ,平方根 (√) の計算のできる電卓,スマートフォン等をお持ちください。

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 45,000円(税別) / 49,500円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 99,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 148,500円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。

アカデミック割引

  • 1名様あたり 30,000円(税別) / 33,000円(税込)

学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。

本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2020/9/25 実験計画法におけるExcel解析手順とパラメータ設計 オンライン
2020/9/29 Quality by Design (QbD) に基づく医薬品開発の基礎と実験計画法を中心とする統計的なデータの取り扱い 東京都 会場・オンライン
2020/9/30 ベイズ統計学入門 東京都
2020/10/2 DX (デジタルトランスフォーメーション) を目指した電子情報管理環境の構築 オンライン
2020/10/5 技術者・研究者のための実験計画法入門 オンライン
2020/10/6 分析法バリデーション入門講座 オンライン
2020/10/7 医薬品製造 (GMP) のための統計的品質管理入門 オンライン
2020/10/9 Pythonを使った時系列データ分析 東京都 会場
2020/10/12 Rで学ぶマルチレベルモデル入門 オンライン
2020/10/13 超入門 統計の考え方から使い方までマスターしよう オンライン
2020/10/14 時系列データ分析の基礎・モデル化と異常検知・機械学習への応用 東京都 会場
2020/10/14 臨床試験のデザイン、統計解析および症例数設計基礎講座 オンライン
2020/10/15 UV硬化型樹脂の基礎と硬化過程の測定法及び評価・解析手法 オンライン
2020/10/15 機械学習の基礎と応用が分かる一日速習セミナー オンライン
2020/10/26 伝熱の基礎とExcelを用いた熱流動シミュレーション オンライン
2020/10/26 医療機器QMSで有効な統計的手法とサンプルサイズ決定 東京都 会場
2020/10/26 統計の基礎と分析法バリデーションへの応用 2日コース 東京都 会場・オンライン
2020/10/26 ドライバ状態モニタリング/センシング技術と統計処理・機械学習の活用 オンライン
2020/10/27 効率よく実験を進めるための実験計画と必要サンプルサイズの考え方と結果の正しい解釈 東京都 会場・オンライン
2020/10/28 インフォマティクス・機械学習精度向上のためのデータ収集・解析の進め方 オンライン