技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

CFRP/CFRTPの材料・成形・接合技術

CFRP/CFRTPの材料・成形・接合技術

~金属との異種接合・マルチマテリアル化 / 超音波利用の最前線~
東京都 開催 会場 開催

概要

本セミナーでは、CFRP/CFRTPの成形・接合について基礎から解説し、材料・成形・接合におけるトラブルの原因と対策、研究開発の最新動向を解説いたします。

開催日

  • 2019年7月9日(火) 10時00分 17時00分

受講対象者

  • 熱可塑性CFRP の応用製品に関連する技術者、開発者
    • 自動車
    • 航空機、ヘリコプター
    • 船舶
    • ロケット、航空宇宙機、人工衛星
    • 軍用機
    • リニアモーターカーの車体、内装
    • 太陽電池パネル
    • 風力発電
    • プラント
    • 機械部品
    • 電池部材
    • 電子電気部品
    • 医療機器
    • 住宅・土木・建築材料
    • スポーツ用品 (自転車、釣具、ゴルフ、ラケットなど)
  • 熱可塑性CFRP により軽量化、高強度化、振動減衰、耐疲労などを求めている方
  • 熱可塑性CFRP に関連する技術者
  • 熱可塑性CFRP で課題を抱えている方

修得知識

  • CFRPの特徴と最近の用途開発事例
  • 熱硬化性CFRPの産業機器への応用事例とマルチマテリアル化
  • 熱可塑性CFRP材料および製品の製造法と最近の用途開発事例
  • 欧米の先進的な熱可塑性CFRPのための製造技術および装置
  • 金属と熱硬化性CFRPの異種材接合技術と開発事例
  • 複合材料であるCFRPを設計するのに必要な基礎理論
  • CAEによりCFRP製品を設計する際の注意点
  • CFRPと異種材との接合に関する技術
  • 超音波応用の基本技術
  • CFRTP溶着の課題とその解決方法
  • 超音波連続溶着に関する技術

プログラム

第1部 CFRP/CFRTPの材料・成形および金属との異種接合・マルチマテリアル化の最前線

(2019年7月9日 10:00〜14:15)

 CFRPは軽量かつ高強度・高耐食性を有し、熱可塑性CFRPではそれらに加え生産性や耐衝撃性、再利用性に優れるという特長を有しています。それゆえ、今後は輸送機器や産業機器などに大量に採用される可能性が高い先進的な材料であり、その注目度を増しています。一方、CFRPの製品応用を考えた場合、金属などの異種材との接合が必要になることが多く、自動車部材に限らず、“マルチマテリアル化”のための接合技術が多く求められています。
 そこで、本セミナーではCFRPの基礎的な内容から、熱硬化性CFRPの適用事例として金属とのハイブリッド化が有効な産業機器や自動車部材への応用例を紹介します。また、熱可塑性CFRPについては材料や特性、量産化のための様々な製造技術を紹介するとともに、熱可塑性CFRP特有の様々な融着接合法について解説するとともに、演者らが行った研究開発事例を紹介します。
 さらに、成形・接合・マルチマテリアル化技術も含めた欧米での最新技術開発例として、JEC World 2016年〜2019年、ECCM – 17とECCM – 18会議、ITHEC2016とITHEC2018会議、SPE ACCE 2018展示会での技術情報を演者の考察を交え、分かりやすく解説します。

  1. CFRPとは?なぜCFRPか?
    1. 熱硬化性CFRPの適用事例
    2. マルチマテリアルデザイン
    3. 金属とCFRPのハイブリッド化
    4. CFRPの産業機器応用 (インダストリアルCFRP)
    5. ロボットワイヤーソー (RWS) による精密切断
  2. 熱硬化性CFRPと熱可塑性CFRP
    1. 熱硬化性CFRPの利点と欠点
    2. 熱可塑性CFRPが注目される理由
    3. これまでの熱可塑性CFRPとの違い
    4. 熱可塑性CFRPの用途拡大を阻む理由
  3. 熱可塑性CFRP材料
    1. 熱可塑性樹脂の種類
    2. 熱可塑性CFRP材料の製造方法
    3. 熱可塑性CFRPの特性
    4. 中間材料の各種製造方法とその長短所
  4. 熱可塑性CFRPの製造法
    1. 加熱プレス成形と打ち抜き
    2. ハイブリッド射出成形
    3. 自動テープ/ファイバ積層
    4. 引抜き成形と押出し成形
    5. 3Dプリンタによる成形とその材料
  5. 熱可塑性CFRPの融着および機械的接合
    1. 熱硬化性と熱可塑性CFRPの接合法の違い
    2. 熱可塑性CFRPの融着接合法の種類
    3. 高周波誘導融着接合法
    4. 電気式融着接合法
    5. 熱可塑性CFRPリベット締結法
  6. 欧米での熱可塑性CFRPの最新技術動向
    1. JEC World 2016年〜2019年展示会での話題
    2. ECCM – 17,ECCM – 18会議での研究紹介
    3. ITHEC2016,2018会議での研究紹介
    4. SPE ACCE 2018展示会での話題
    • 質疑応答・名刺交換

第2部 CFRP応用製品開発における設計と異種材との接合について

(2019年7月9日 14:25〜15:35)

 スポーツ用品やレーシングカー、航空機などの特殊な分野で扱われているCFRP製品ですが、完全にCFRPだけで構成された製品はあまり多くありません。実用化の際は、他の樹脂や金属と複合されて製品化されるため、必ず接合の問題が出てきます。
 そこで、CFRP製品を設計するための異方性体の基礎理論と、CFRP製品と異種材との接合について概説します。特にCFRPと金属、CFRPとゴム、CFRPのメッキについて開発時のポイントを解説します。

  1. 異方性体の弾性特性
  2. 積層理論
  3. CFRPのCAEについて
  4. 藤倉コンポジット独自技術の同時多層巻回について
  5. CFRPと金属の接合について
  6. CFRPとゴムの複合化について
  7. CFRPへのメッキについて
    • 質疑応答・名刺交換

第3部 金属等とのマルチマテリアル接合/CFRTPの連続溶着技術

(2019年7月9日 15:50〜17:00)

 航空宇宙機器から自動車、産業機器の軽量化のため、今後急速な普及が予測されている炭素繊維強化樹脂 (CFRP) ですが、市場の拡大には、量産性とリサイクル性の課題を解決する必要があります。そのような中、熱可塑性CFRPが注目されていますが、熱可塑性樹脂は熱硬化性樹脂に対し溶融時の粘度も高いなどの課題もあり、早期の製造技術確立が望まれています。
 ここでは、熱可塑性CFRP製品の製造上の課題解決のために取り組んできた超音波を応用した連続溶着技術を紹介します。

  1. 超音波プロセス概要
  2. 従来の樹脂溶着プロセスの課題
  3. 連続溶着技術の概要
  4. 連続溶着機構
  5. 連続溶着技術応用装置
  6. 連続溶着事例1 (UDテープ開繊・含浸)
  7. 連続溶着事例2 (Auto Tape Layup)
  8. 連続溶着事例3 (CFRTP構造体の連続溶着)
    • 質疑応答・名刺交換

講師

  • 西籔 和明
    近畿大学 理工学部 機械工学科
    教授
  • 藤田 知正
    藤倉コンポジット株式会社 技術製造本部 技術統括部
    副部長
  • 中居 誠也
    株式会社アドウェルズ
    代表取締役

会場

連合会館

4F 404会議室

東京都 千代田区 神田駿河台三丁目2-11
連合会館の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 47,500円 (税別) / 51,300円 (税込)
複数名
: 25,000円 (税別) / 27,000円 (税込)

複数名同時受講の割引特典について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 25,000円(税別) / 27,000円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 47,500円(税別) / 51,300円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 50,000円(税別) / 54,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 75,000円(税別) / 81,000円(税込)
  • 受講者全員が会員登録をしていただいた場合に限ります。
  • 同一法人内(グループ会社でも可)による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。
講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。
掲載している受講料は会員価格でございます。
お申し込み後はサイエンス&テクノロジーの会員登録をさせていただき、セミナー等のサービスのご案内を差し上げます。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2020/6/11 プラスチック・ゴム・粘/接着製品の劣化メカニズムと寿命予測・劣化加速試験条件の設定手法 東京都
2020/6/11 プラスチックの衝撃破壊メカニズムと耐衝撃性向上 オンライン
2020/6/18 自動車に用いられる繊維材料・繊維複合材料の設計、応用、市場予測 東京都
2020/6/23 セルロースナノファイバーの技術動向と複合化・成形、使用への考え方・活かし方 東京都
2020/6/23 生分解性プラスチック入門講座 東京都
2020/6/26 ポリウレタン活用とトラブル対策のための充実入門 東京都
2020/6/28 プラスチック製品 強度設計の基礎知識 オンライン
2020/6/29 1日速習: プラスチックの基礎 東京都
2020/6/30 マテリアルリサイクルとケミカルリサイクル 廃プラリサイクル技術の適用事例と最新の開発動向 東京都
2020/6/30 熱可塑性エラストマーの技術トレンドと市場動向 東京都
2020/7/2 GFRP & CFRPのリサイクル技術の動向・課題と回収材の用途開発 東京都
2020/7/13 ゴム・プラスチック材料のトラブル解決 (2日間) 東京都
2020/7/13 高分子材料の劣化・不具合分析および寿命評価と対策事例 東京都
2020/7/15 プラスチック強度設計の基礎知識 オンライン
2020/7/16 プラスチック成形品における残留ひずみの発生メカニズムおよび対策とアニール処理技術 千葉県
2020/7/17 金属部品代替を担うための複合強化樹脂の選定・設計・成形法および品質保証のポイント オンライン
2020/7/21 導電性コンポジットの開発に向けたフィラーの種類、特性と配合・分散技術 東京都
2020/7/22 CFRP開発最前線 オンライン
2020/7/28 プラスチック射出成形過程の可視化とソリ変形予測技術 大阪府
2020/7/30 プラスチック成形不良の原因と対策 東京都

関連する出版物

発行年月
2020/1/17 最新プラスチック加飾技術の動向と今後の展望
2018/11/19 炭素繊維・炭素繊維複合材料の未来
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2017/7/31 機能性モノマーの選び方・使い方 事例集
2017/7/31 プラスチック成形品における残留ひずみの発生メカニズムおよび対策とアニール処理技術
2017/2/27 プラスチックの破損・破壊メカニズムと耐衝撃性向上技術
2016/11/1 世界の炭素繊維・応用製品の市場実態と展望 2017
2016/2/20 自動車用プラスチック部品・材料の新展開 2016
2014/11/30 繊維強化プラスチック(FRP)〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/6/15 射出成形機〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/6/15 射出成形機〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2013/11/26 エンプラ市場の分析と用途開発動向 2013
2013/6/3 プラスチックのタフニングと強度設計
2013/1/25 炭素繊維 技術開発実態分析調査報告書
2013/1/25 炭素繊維 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2012/11/25 FRP(繊維強化プラスチック) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2012/11/25 FRP(繊維強化プラスチック) 技術開発実態分析調査報告書
2012/10/30 植物由来プラスチックの高機能化とリサイクル技術 (新装版)
2012/9/27 熱膨張・収縮の低減化とトラブル対策
2012/5/30 CFRP / CFRTPの加工技術と性能評価