技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

高分子材料における結晶化度測定と分子構造解析技術の基礎と材料開発、物性改善への応用

高分子材料における結晶化度測定と分子構造解析技術の基礎と材料開発、物性改善への応用

~高分子の結晶と高次構造、相構造、キャラクタリゼーション / NMR、X線、赤外分光法等により高分子材料の本質に迫る / 高次構造が物性に及ぼす影響とその決定要因~
東京都 開催

開催日

  • 2019年6月24日(月) 13時00分 16時30分

受講対象者

  • 高分子材料の測定、分析に関連する技術者

修得知識

  • 高分子構造の基礎
  • 結晶化度の測定法
  • 高分子の構造分析法
  • 高分子材料の応用例

プログラム

 高分子材料は工業用途、日常用途として幅広く用いられている。しかし新規材料を開発するときあるいは材料の物性改善を行う時には、開発方針を立てる必要があります。そのためには詳細な分子構造解析を行う必要があり、分析手法ばかりでなく高分子構造の知識を修得することが必要不可欠です。
 本講座では高分子の分子構造ついての基礎知識と最新の分析手法による評価法について述べると同時に高次構造が物性とどのように関係づけられるかを述べます。その結果、材料開発、物性改善に役立つヒントが得られることを期待しています。

  1. 高分子の歴史的背景
    1. 1920年代の高分子という概念の確立
    2. 高分子という概念がなかったときの高分子材料開発? (セルロイドなど)
    3. 戦後の高分子材料の発展
  2. 高分子の結晶と高次構造
    1. 分子量と分子量分布
    2. ポリオレフィンの立体規則性
    3. 結晶の高次構造 (房状ミセル、ラメラ、球晶)
    4. 相構造 (結晶、非晶、中間相)
  3. キャラクタリゼーション
    1. SECによる分子量測定の原理と注意点
    2. 粘度法、光散乱法による分子量決定
    3. ポリオレフィンの立体規則性の定量
  4. 結晶化度
    1. 熱分析 (結晶化度、ガラス転位点、融点とラメラ長の関係)
    2. X線、密度法による結晶化度測定
  5. 固体高分解能NMR
    1. NMRの基礎
    2. 液体測定と固体測定の違い
    3. 固体NMRの応用~結晶、非晶、中間相の評価~
  6. X線による分析
    1. X線広角散乱 (WAXS) と結晶構造
    2. X線小角散乱 (SAXS) と長周期
    3. 中性子小角散乱 (SANS)
  7. 赤外分光法による構造解析と定量法
    1. ランベルト・ベールの法則
    2. 対称性と因子群解析
    3. 吸光係数と定量 (水素結合、架橋度の解析例など)
  8. 分子構造と力学物性
    1. 応力 – ひずみ曲線
    2. 力学物性を決める要因
    • 質疑応答

講師

  • 中沖 隆彦
    龍谷大学 理工学部 物質化学科
    教授

会場

連合会館

4F 404会議室

東京都 千代田区 神田駿河台三丁目2-11
連合会館の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 38,000円 (税別) / 41,040円 (税込)
複数名
: 20,000円 (税別) / 21,600円 (税込)

複数名同時受講の割引特典について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 20,000円(税別) / 21,600円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 38,000円(税別) / 41,040円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 40,000円(税別) / 43,200円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 60,000円(税別) / 64,800円(税込)
  • 同一法人内 (グループ会社でも可) による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。
講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2019/9/17 高分子材料の残留応力発生メカニズムと低減化法 東京都
2019/9/18 最新事例セルロースナノファイバーのプラスチック複合化技術 東京都
2019/9/19 脱プラスチックの流れの中で求められる高分子技術 東京都
2019/9/19 生分解性プラスチック入門講座 東京都
2019/9/19 高分子の力学的性質と制振・防振・吸音・遮音材料の設計および評価法 東京都
2019/9/19 バリアフィルム作製の基礎とガス透過性メカニズムおよび評価方法 東京都
2019/9/20 熱可塑性エラストマー入門 東京都
2019/9/24 高分子結晶化の基礎と解析技術 東京都
2019/9/25 発泡成形・微細射出発泡成形の基礎から応用、最新技術動向 東京都
2019/9/25 プラスチック成形品の力学特性評価と破面解析技術 東京都
2019/9/26 トライボロジーの基礎講座 東京都
2019/9/27 熱硬化性樹脂の基礎と応用 東京都
2019/9/27 押出成形のトラブル対策 Q&A講座 東京都
2019/9/27 初めてのコンパウンドプロセス 2軸押出機スクリュー構成のデザイン技法 東京都
2019/9/30 自己修復材料の材料設計と応用事例 東京都
2019/9/30 エポキシ樹脂における硬化剤の選定、配合設計とフィルム化技術 東京都
2019/9/30 架橋技術によるポリマーの接着性の効果的な改良方法 東京都
2019/9/30 UV硬化技術の総合知識 東京都
2019/9/30 偏光・複屈折の基礎と制御方法 東京都
2019/9/30 チクソ性の基礎、制御、測定・評価と実用系への活用方法 東京都

関連する出版物

発行年月
2019/1/31 マテリアルズ・インフォマティクスによる材料開発と活用集
2018/11/30 エポキシ樹脂の高機能化と上手な使い方
2018/11/30 複雑高分子材料のレオロジー挙動とその解釈
2018/7/31 高耐熱樹脂の開発事例集
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2017/7/31 機能性モノマーの選び方・使い方 事例集
2017/7/31 プラスチック成形品における残留ひずみの発生メカニズムおよび対策とアニール処理技術
2017/6/19 ゴム・エラストマー分析の基礎と応用
2017/2/27 プラスチックの破損・破壊メカニズムと耐衝撃性向上技術
2017/1/31 放熱・高耐熱材料の特性向上と熱対策技術
2014/11/30 繊維強化プラスチック(FRP)〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/6/15 射出成形機〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/6/15 射出成形機〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2013/9/27 リチウムイオン2次電池の革新技術と次世代2次電池の最新技術
2013/9/2 機能性エラストマー市場の徹底分析
2013/6/1 画像診断機器(磁気共鳴) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/6/1 画像診断機器(磁気共鳴) 技術開発実態分析調査報告書
2013/5/20 ドラッグデリバリーシステム 技術開発実態分析調査報告書
2013/5/20 ドラッグデリバリーシステム 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/4/5 高分子の延伸による構造と配向の発現およびそれらの制御法を利用した材料開発