技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

ラマン分光分析の基礎と高分子材料解析のコツ

ラマン分光分析の基礎と高分子材料解析のコツ

~ナノフォトン株式会社 ショールームでの見学・実演付き~
東京都 開催

概要

本セミナーでは、レーザーラマン顕微鏡を使いこなすために必要な基礎知識から解説し、ラマンスペクトルの扱い方、高分子材料分析に活かせるノウハウを習得していただきます。

開催日

  • 2019年6月7日(金) 12時30分 17時00分

受講対象者

  • ラマン分光分析の担当者、オペレーター
  • 高分子材料の開発に携わる方
  • ラマン分光分析に関心のある方

修得知識

  • ラマン分光法の基礎原理
  • ラマンスペクトルの解釈、解析手法
  • 高分子材料におけるラマン分光分析事例
  • サンプルに応じた分析テクニック

プログラム

 高分子材料においてラマン分光分析は、異物の同定をはじめ、成分分布の可視化、反応、劣化解析、経時変化のモニタ、さらには分子配向の評価まで幅広い解析に用いられる。本講は、レーザーラマン顕微鏡を使いこなすために必要な基礎知識や、ラマンスペクトルの扱い方の習得を目的とする。高分子材料開発の実情に即した応用例や、よくあるご質問などもご紹介し、最後に実機を用いての測定の様子もご覧いただく。

  1. ラマン分光法の基礎
    1. 分子振動とラマン散乱
    2. レーザーラマン顕微鏡の光学系
    3. ラマンスペクトルとは?
    4. ラマン分光法の特徴
  2. ラマンスペクトルの解析
    1. ラマンスペクトルからわかること
    2. ラマンスペクトルの解析手法
    3. ライブラリ検索のポイント
  3. 高分子材料におけるラマン分光分析事例
    1. 異物解析
    2. 層や成分分布の可視化
    3. 反応、劣化の追跡
    4. 構造変化、物性変化の評価
  4. サンプルに応じた測定条件の設定とテクニック
    1. レーザー波長
    2. 対物レンズ
    3. レーザーパワーと露光時間
    4. 共焦点スリット、ピンホールサイズ
  5. FAQ よくあるご質問

スケジュール

  • 12:30-15:40 講義
  • 15:40-16:00 ナノフォトン社まで徒歩で移動
  • 16:00-17:00 ナノフォトン(株) 東京ショールームで分析の実演

会場

新橋レンガ通りホール

4F 会議室

東京都 港区 新橋2-14-4 マルイト新橋レンガ通りビル 4F
新橋レンガ通りホールの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)
複数名
: 30,000円 (税別) / 32,400円 (税込)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 30,000円(税別) / 32,400円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 43,750円(税別) / 47,250円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 60,000円(税別) / 64,800円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 90,000円(税別) / 97,200円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 92,556円(税別) / 99,960円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 138,833円(税別) / 149,940円(税込)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2019/9/17 高分子材料の残留応力発生メカニズムと低減化法 東京都
2019/9/18 最新事例セルロースナノファイバーのプラスチック複合化技術 東京都
2019/9/19 脱プラスチックの流れの中で求められる高分子技術 東京都
2019/9/19 生分解性プラスチック入門講座 東京都
2019/9/19 高分子の力学的性質と制振・防振・吸音・遮音材料の設計および評価法 東京都
2019/9/19 バリアフィルム作製の基礎とガス透過性メカニズムおよび評価方法 東京都
2019/9/20 熱可塑性エラストマー入門 東京都
2019/9/24 高分子結晶化の基礎と解析技術 東京都
2019/9/25 発泡成形・微細射出発泡成形の基礎から応用、最新技術動向 東京都
2019/9/25 プラスチック成形品の力学特性評価と破面解析技術 東京都
2019/9/26 トライボロジーの基礎講座 東京都
2019/9/27 熱硬化性樹脂の基礎と応用 東京都
2019/9/27 押出成形のトラブル対策 Q&A講座 東京都
2019/9/27 初めてのコンパウンドプロセス 2軸押出機スクリュー構成のデザイン技法 東京都
2019/9/30 自己修復材料の材料設計と応用事例 東京都
2019/9/30 エポキシ樹脂における硬化剤の選定、配合設計とフィルム化技術 東京都
2019/9/30 架橋技術によるポリマーの接着性の効果的な改良方法 東京都
2019/9/30 UV硬化技術の総合知識 東京都
2019/9/30 偏光・複屈折の基礎と制御方法 東京都
2019/9/30 チクソ性の基礎、制御、測定・評価と実用系への活用方法 東京都

関連する出版物

発行年月
2019/1/31 マテリアルズ・インフォマティクスによる材料開発と活用集
2018/11/30 エポキシ樹脂の高機能化と上手な使い方
2018/11/30 複雑高分子材料のレオロジー挙動とその解釈
2018/7/31 高耐熱樹脂の開発事例集
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2017/7/31 プラスチック成形品における残留ひずみの発生メカニズムおよび対策とアニール処理技術
2017/7/31 機能性モノマーの選び方・使い方 事例集
2017/6/19 ゴム・エラストマー分析の基礎と応用
2017/2/27 プラスチックの破損・破壊メカニズムと耐衝撃性向上技術
2017/1/31 放熱・高耐熱材料の特性向上と熱対策技術
2014/11/30 繊維強化プラスチック(FRP)〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/6/15 射出成形機〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/6/15 射出成形機〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2013/9/2 機能性エラストマー市場の徹底分析
2013/5/20 ドラッグデリバリーシステム 技術開発実態分析調査報告書
2013/5/20 ドラッグデリバリーシステム 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/4/5 高分子の延伸による構造と配向の発現およびそれらの制御法を利用した材料開発
2013/2/28 吸水性樹脂 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/2/28 吸水性樹脂 技術開発実態分析調査報告書
2012/11/1 高分子の結晶化メカニズムと解析ノウハウ