技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

高分子トライボロジーの制御と特性評価

高分子トライボロジーの制御と特性評価

東京都 開催

開催日

  • 2019年5月14日(火) 10時00分 17時00分

修得知識

  • 摩擦・摩耗の基礎知識
  • 高分子材料に特徴的な摩擦・摩耗とそのメカニズム
  • 摺動材に適用する時の材料選択
  • 摺動面設計の考え方
  • 高分子、特にポリエチレンやポリテトラフルオロエチレンなどが各種純金属と空気中で摩擦した際の摩耗特性
  • AEの原理や特性などの基礎知識
  • 評価対象に合わせたAEセンサの選定とAE計測系の構築ができる
  • 取得したAE信号の分析と解釈ができる

プログラム

第1部 高分子材料の摩擦、摩耗

(2019年5月14日 10:00〜11:30)

 様々な技術分野において、摩擦・摩耗にかかわる基礎知識 (トライボロジーと呼ばれる分野) は必要不可欠です。摩擦・摩耗特性は、運転条件、環境などに影響される複雑な現象ですが、体系的に学ぶ機会が少ない分野でもあります。
 本セミナーでは、初心者にもよくわかるように、様々な形態の摩擦・摩耗に関する知識、高分子特有の摩擦・摩耗現象のエッセンスを解説します。長寿命化、高信頼性化に向けた材料設計や機械設計、メンテンス、信頼性等にとって高分子摺動部品の摩擦・摩耗に係る諸問題の解決の糸口となる講座です。

  1. 摩擦・摩耗の基礎
    1. トライボロジーとは
    2. 表面の性質と接触
    3. 摩擦
      1. 摩擦の形態
      2. 摩擦の法則と摩擦が発生するメカニズム
      3. 潤滑下の摩擦とそのメカニズム
    4. 摩耗
      1. 摩耗の分類
      2. 摩耗の形態とそのメカニズム
  2. 高分子材料の摩擦・摩耗
    1. 摺動部材用高分子材料
    2. 高分子材料の摩擦・摩耗の特徴
    3. 摺動材料選択と摺動面設計の考え方
    4. ケーススタディ
    • 質疑応答

第2部 金属に対する高分子の摩耗特性

(2019年5月14日 12:10〜13:40)

 材料の摩耗は雰囲気気体の吸着や化学反応の影響を大きく受けるために複雑であり、硬さでは整理できないことが多い。本講座では高分子の中でも特にポリエチレンやポリテトラフルオロエチレンなどが各種純金属と空気中で摩擦した際の摩耗特性について解説する。

  1. 材料の摩耗特性
    1. 摩耗形態の分類
    2. 摩耗に影響を及ぼす因子
  2. 高分子対金属の摩耗特性
    1. ポリエチレンの摩耗特性
    2. ポリテトラフルオロエチレンの摩耗特性
    • 質疑応答

第3部 AE計測法を用いた摺動材料の摩擦・摩耗特性評価

(2019年5月14日 13:50〜17:00)

 アコースティックエミッション (Acoustic Emission、AE) 計測法は、材料の変形・破壊時に生じる弾性波を検出して評価に用いる非破壊検査手法の一つです。AE計測は、とても高感度であるため、従来の計測手法では捉えることができない微視的な変形・破壊現象の診断・評価を行うことが可能です。しかし、AE計測には様々な因子が関わり、変形・破壊現象によっても挙動や特性が異なるため、初めてでは手を出しづらい分野と言われています。
 本講座では、AE技術をすぐに活用していただけるように、AE技術の基礎から応用まで幅広く、AEセンサの取付けや信号計測のノウハウも含めて学習していただきます。国際規格 (ISO9712) のAE試験に関する教育要求で規定されているレベル1~2技術者に相当する学習内容を視覚的にできる限り解りやすく解説します。本講座を通じて、AE技術の実用へのきっかけとなれば幸いです。

  1. アコースティックエミッション (AE) 計測の基礎
    1. AE計測の歴史と現状
    2. AE計測の特徴と応用分野
    3. AEセンサとAE計測システム
    4. AE評価パラメータと解析手法
  2. AE評価パラメータと変形・破壊現象の関係
    1. AE計測を用いた材料評価の基礎知識
    2. ノイズ信号とその対策
    3. 変形・破壊形態とAE信号
  3. AE技術の摺動材料への応用
    1. 摩擦・摩耗の基礎知識
    2. 摩擦・摩耗現象とAE信号
    3. すべり軸受の焼付き予知
    4. 転がり軸受の寿命診断
    5. 高分子材料におけるAE計測事例
    6. その他の実機診断・評価へのAE技術適用事例
  4. まとめ
    • 質疑応答

講師

  • 岩井 善郎
    福井大学 大学院 工学研究科 機械工学専攻
    副学長 / 教授
  • 平塚 健一
    千葉工業大学 工学部 機械電子創成工学科
    教授
  • 長谷 亜蘭
    埼玉工業大学 工学部 機械工学科
    准教授

会場

株式会社 技術情報協会
東京都 品川区 西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
株式会社 技術情報協会の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 55,000円 (税別) / 59,400円 (税込)
複数名
: 50,000円 (税別) / 54,000円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 50,000円(税別) / 54,000円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 55,000円(税別) / 59,400円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 108,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 162,000円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2019/5/28 イソシアネートを用いない新しいポリウレタン材料の合成と応用 東京都
2019/5/29 発泡成形の基礎と微細発泡成形への応用動向 東京都
2019/5/30 金属材料の水素脆化メカニズムと分析方法および脆化抑制手法の指針 東京都
2019/5/30 ポリウレタンの高機能化・高性能化のための設計術 東京都
2019/5/31 大気圧プラズマによる難接着樹脂 / 金属の表面改質と表面分析 東京都
2019/5/31 二軸押出機のスクリューデザイン 超入門 東京都
2019/6/3 成形加工を理解するための高分子レオロジー入門 大阪府
2019/6/5 発泡成形技術の基礎と発泡剤の使い方 大阪府
2019/6/6 エポキシ樹脂の複合化技術と高熱伝導化 東京都
2019/6/7 共押出成形による多層フィルム作製とトラブル対策 東京都
2019/6/7 ラマン分光分析の基礎と高分子材料解析のコツ 東京都
2019/6/7 二軸押出機スクリューの基本構造と混練事例 大阪府
2019/6/10 ポリマーアロイの構造、物性制御 東京都
2019/6/10 高分子計算科学の展望と活用事例 東京都
2019/6/11 化粧品分野におけるレオロジーの測定・評価と製品開発への応用 東京都
2019/6/12 高分子圧電材料の開発とそれを利用したセンシング技術 東京都
2019/6/13 最新事例セルロースナノファイバーのプラスチック複合化技術 東京都
2019/6/13 初心者のためのプラスチックと射出成形入門 東京都
2019/6/14 射出成形品の成形不良とその対策成形技法 東京都
2019/6/14 原子間力顕微鏡 (AFM) の基礎とポリマー材料のナノスケール力学物性評価 東京都

関連する出版物

発行年月
2019/1/31 マテリアルズ・インフォマティクスによる材料開発と活用集
2018/11/30 複雑高分子材料のレオロジー挙動とその解釈
2018/11/30 エポキシ樹脂の高機能化と上手な使い方
2018/7/31 高耐熱樹脂の開発事例集
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2017/7/31 プラスチック成形品における残留ひずみの発生メカニズムおよび対策とアニール処理技術
2017/7/31 機能性モノマーの選び方・使い方 事例集
2017/6/19 ゴム・エラストマー分析の基礎と応用
2017/2/27 プラスチックの破損・破壊メカニズムと耐衝撃性向上技術
2017/1/31 放熱・高耐熱材料の特性向上と熱対策技術
2014/11/30 繊維強化プラスチック(FRP)〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/6/15 射出成形機〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/6/15 射出成形機〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2013/9/2 機能性エラストマー市場の徹底分析
2013/5/20 ドラッグデリバリーシステム 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/5/20 ドラッグデリバリーシステム 技術開発実態分析調査報告書
2013/4/25 目からウロコの導電性組成物 設計指南
2013/4/5 高分子の延伸による構造と配向の発現およびそれらの制御法を利用した材料開発
2013/2/28 吸水性樹脂 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/2/28 吸水性樹脂 技術開発実態分析調査報告書