技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

画像認識による顔認識と人物推定技術

画像認識による顔認識と人物推定技術

東京都 開催

開催日

  • 2019年1月18日(金) 10時30分 16時30分

プログラム

第1部 顔認証システムによる個人認証・表情認識とソーシャルグラフ作成

(2019年1月18日 10:30~12:10)

 顔認識と人物推定技術の応用について解説する。映像から顔認証によって個人を識別し、人間関係をネットワーク (ソーシャルグラフ) で記述、分析する方法について述べる。ここでは、幼稚園・保育園を対象に実験し、園児間、園児と保育士間の関係をソーシアグラフで記述する。グラフ理論等、数学的な手法によって各人物の中心性を算出し、リーダ的な園児や孤立児を検出する。幼稚園教育や保育を支援することが可能である。
 顔認識や人物推定技術が活発に検討され、近年、その認識・認証精度は応用に十分耐えうるレベルに達している。現在、種々な応用システムが開発され、販売される状況になったが、さらなる精度向上、より広い用途への応用が求められている。この講座で、顔認証の基盤技術を学び、応用事例を知ることにより、システム開発の参考になることを期待したい。

  1. 幼稚園・保育園における顔認証とソーシャルグラフ生成の概要
  2. メガネ型ビデオカメラの映像による顔認証
  3. ソーシャルグラフの生成方法
  4. グラフの中心性
  5. 幼稚園・保育園における実証実験
  6. 従来方法との比較
    • 質疑応答

第2部 歩行人物を対象とした顔認証・属性解析システムの開発

(2019年1月18日 13:00〜14:40)

 セキュリティという言葉に、どのようなイメージをお持ちでしょうか。安全、厳重、強固・・・一方で、少々手間がかかるというイメージはありませんか?
 私たちは、“安全・安心”と“利便性”を両立したセキュリティの実現を目指し、その一端として、歩いたままで人物の認証ができる、さらには性別・年齢などの属性推定も可能とする顔画像解析技術を開発、システム化しました。
 本講座では、自由歩行人物を対象とした顔画像解析技術の課題と対応、応用事例を紹介するとともに、社会実装技術としての課題とAI活用の考え方について論じます。

  1. はじめに
    1. 防犯カメラの現状
    2. 顔画像による認証・属性解析技術への期待
  2. 歩行人物を対象とした顔画像解析
    1. 従来技術の課題
    2. 顔画像からの3次元復元
    3. 歩行人物画像による認証・属性解析
  3. 応用事例の紹介
  4. おわりに
    • 質疑応答

第3部 顔画像による個人識別技術~誰かを識別する来客受付システムの構築~

(2019年1月18日 14:50〜16:30)

 深層学習の技術を使うことで画像認識の精度は飛躍的に向上し、顔の識別でも最近では人間よりも高精度に行えると言われています。こういった認識を行うための判定モデルの作成には専門的な知識はもちろん、莫大な計算リソースや学習データも必要となります。なので、このような画像判定モデルを1から作り上げるのではなく、すでに大手企業が作成した画像認識サービスを利用するのが主流となっています。
 本講座ではMicrosoftが提供する「Cognitive Services」を利用し、顔認識機能を組み込んだ来客受付システムを構築する方法を解説します。その前段として、画像認識に限らずCogntiveServiceが提供するクラウドAIサービスの全体像や機械学習、クラウドについても解説します。

  1. 顔認識の技術とは
    1. 機械学習とクラウド
    2. 深層学習
    3. Cognitive Serviceによる顔認識
  2. 来客受付システムの構築
    1. システムの構成
    2. 来客受付システムとして必要な機能について
    3. サービスとして提供される顔認識サービス
    • 質疑応答

講師

  • 長谷川 誠
    東京電機大学 工学部 情報通信工学科
    教授
  • 高田 直幸
    セコム株式会社 IS研究所
    グループリーダー
  • 山本 和貴
    株式会社FIXER 研究開発部
    データサイエンティスト

会場

株式会社 技術情報協会
東京都 品川区 西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
株式会社 技術情報協会の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 55,000円 (税別) / 59,400円 (税込)
複数名
: 50,000円 (税別) / 54,000円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 50,000円(税別) / 54,000円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 55,000円(税別) / 59,400円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 108,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 162,000円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2019/10/23 深層学習の「見える化」と次世代の「説明できるAI」 東京都
2019/10/25 目視外観検査&自動外観検査装置の評価導入および、画像認識技術の基礎と機械学習による外観検査技術 (2日間コースセミナー) 東京都
2019/10/28 画像認識技術の基礎と機械学習による外観検査技術 東京都
2019/10/30 Azure Kinectと距離画像センサの測距原理、3Dセンサの応用 東京都
2019/10/30 LiDARの最前線セミナー 東京都
2019/11/7 外観検査・目視検査自動化のための画像処理・AI技術の活用 東京都
2019/11/15 ディープラーニングによる異常検知の基礎と応用 東京都
2019/11/15 畳み込みニューラルネットワーク (CNN) を用いたノンリファレンス型画像品質評価 東京都
2019/11/18 偽造防止に関する材料・印刷・ 画像処理技術とその応用採用、信頼性評価 東京都
2019/11/22 サポートベクターマシンの基礎と異常診断・異常予兆発見への活用 東京都
2019/11/28 画像のセキュリティと電子透かし技術 東京都
2019/11/28 カメラキャリブレーション技術入門 東京都
2019/12/3 ミリ波レーダ技術の基礎と自動車分野への応用 東京都
2019/12/4 機械学習 (深層学習) による画像認識の仕組みと最新動向 東京都
2019/12/5 医用画像を解析するAI・ディープラーニングの作り方 東京都
2019/12/6 クロスモーダルの知覚メカニズムと製品開発への応用 東京都
2019/12/13 自己位置推定・マッピングのためのコンピュータビジョン・画像処理技術 東京都
2019/12/20 自己位置推定・マッピングの最新技術動向 (カメラ, IMU, 無線) 東京都

関連する出版物

発行年月
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例
2015/8/17 防犯・監視カメラ〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2015/8/17 防犯・監視カメラ〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/3/7 画像処理・画像符号化・画像評価法
2013/10/29 高効率動画像符号化方式:H.265/HEVC (High Efficiency Video Coding)
2013/8/2 HLAC特徴を用いた学習型汎用認識
2013/6/21 機械学習によるパターン識別と画像認識への応用
2013/6/1 画像診断機器(磁気共鳴) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/6/1 画像診断機器(磁気共鳴) 技術開発実態分析調査報告書
2013/3/29 3次元物体認識手法とその応用 (カラー版)
2012/10/25 電子写真装置の定着技術 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2012/10/25 電子写真装置の定着技術 技術開発実態分析調査報告書
2012/6/20 画像復元・超解像技術の基礎と応用
2012/4/20 デジカメ主要8社の静止画信号処理技術 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2012/4/20 デジカメ主要8社の静止画信号処理技術 技術開発実態分析調査報告書
2011/2/4 入門 画質改善・画像復元・超解像技術
2010/11/15 防犯・監視カメラ 技術開発実態分析調査報告書
2010/11/10 高ダイナミックレンジ画像処理技術とMATLABシミュレーション
2010/9/24 JPEG XR画像符号化方式と性能評価
2010/2/22 画像理解・パターン認識の基礎と応用