技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

次世代自動車における熱マネジメント技術

次世代自動車における熱マネジメント技術

東京都 開催 デモ付き

概要

本セミナーでは、自動車の駆動源変遷や材料、空調システムについて最新動向を解説いたします。

開催日

  • 2018年12月17日(月) 10時00分 16時00分

受講対象者

  • 自動車の熱マネジメントに関わる設計者や評価者
  • 熱マネジメントに関係する材料の開発者
  • 自動車の空調および冷却系の開発者

修得知識

  • 自動車の熱マネジメント技術
  • 排熱回収技術
  • 自動車の駆動源変遷とその課題
  • 熱マネジメントに関わる材料技術

プログラム

 温暖化防止や資源保護の観点から、さらなる自動車燃費の改善が要望されている。自動車用ガソリンエンジンの熱効率はせいぜい40%で、大半が熱などとして捨てられている。エンジン単体の改良が限界を迎えつつある現在、これらの損失を回収して使う必要が出てきている。
 本セミナーでは、自動車の駆動源変遷を説明するとともに、今後、ますます重要になる熱マネジメントおよび関連する材料についても解説する。

  1. 地球環境からの要請とは?
    1. 地球温暖化
    2. 資源枯渇
    3. シェールガス/シェールオイル
    4. 原発停止
  2. 駆動源の基礎と現状
    ~変遷と課題、今後等~
    1. IEAブルーマップ
    2. 軽自動車
    3. 内燃機関の効率
    4. クリーン・ディーゼルの魅力
    5. 欧州流ダウンサイジング
    6. 電気自動車
    7. ガソリン車 対 電気自動車比較
    8. 燃料電池自動車
    9. エネルギ効率と実用性
    10. 電源の48V化
  3. 自動車を取り巻く環境変化とは
    1. WLTP 燃費規制
    2. エミッション規制
  4. 自動車に使われる熱交換器とは?
    1. エンジン冷却系
    2. 空調系
    3. モータ、インバータ冷却系
  5. 電気自動車用エアコンとは
    1. 方式と現行空調システムとの比較
    2. 低外気温への対応
    3. 廃熱利用の可能性は
  6. ハイブリッド車用エアコン
  7. クリーン・ディーゼルエンジン車用暖房とは
  8. アイドルストップ対応車の空調
  9. 熱マネジメント
    1. 排熱回収システム
    2. 蓄冷/蓄熱システムおよび蓄熱材料
    3. 新しい冷凍サイクルの可能性
  10. エアコンシステムの改善
    1. 空調シート
    2. 内部熱交換器
    3. 換気熱回収
    4. デシカント空調
  11. 空調システムの変化による部品、内装材の動向は?
    1. ガラス
    2. 断熱材
    3. 真空断熱材
  12. 自動運転車における熱マネジメント
    1. 課題
    2. 求められる技術
  13. 質疑応答

会場

江東区産業会館

第1会議室

東京都 江東区 東陽4丁目5-18
江東区産業会館の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 23,139円(税別) / 24,990円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 43,750円(税別) / 47,250円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 69,417円(税別) / 74,970円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 92,556円(税別) / 99,960円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 138,833円(税別) / 149,940円(税込)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2019/4/23 未利用熱発電を目指した高効率熱電変換材料とデバイスの開発 東京都
2019/4/23 車体軽量化の技術ロードマップと未来予測 東京都
2019/4/25 次世代自動車に今後求められる蓄電技術と超急速充電技術 東京都
2019/5/13 熱設計を学ぶ一日速習セミナー 東京都
2019/5/14 自動車における制振・吸音・遮音・断熱材の高性能化技術動向 東京都
2019/5/15 自動車および車載電子機器の防振・制振技術と材料、振動試験と信頼性評価 東京都
2019/5/16 自動車内外装における「感性品質手法」による感性価値の向上 愛知県
2019/5/16 自動車の電動化を取り巻く日本・韓国・中国の電池業界最新動向 東京都
2019/5/17 自動車内装材へ向けた加飾技術と質感向上 東京都
2019/5/17 EV関連技術の現状と課題 (充電インフラを中心に) 東京都
2019/5/20 自動車の電動化 / 自動運転 / MaaSの最新動向 東京都
2019/5/20 車載カメラの市場動向と最新規格 東京都
2019/5/20 自動車排出ガス規制の国内外の動向と試験法および計測法 東京都
2019/5/21 遮音・吸音のメカニズムと自動車室内における振動・騒音の低減 東京都
2019/5/21 自動運転向けLiDARの小型、軽量化技術と高精度センシング 東京都
2019/5/22 伝熱の基礎と計測技術 東京都
2019/5/22 EV/PHVのPCU (パワーコントロールユニット) と自動車用パワーエレクトロニクス技術動向 東京都
2019/5/23 パワーデバイスの耐熱・耐湿性評価と国際規格動向 東京都
2019/5/24 48Vを含むEVの駆動技術と電源構成 東京都
2019/5/24 目からウロコの 熱伝導性組成物 設計指南 東京都

関連する出版物

発行年月
2019/2/28 伝熱工学の基礎と熱物性測定・熱対策事例集
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例
2018/11/30 EV・HEV向け電子部品、電装品開発とその最新事例
2018/6/30 ADAS・自動運転を支えるセンサーの市場動向
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2018/3/30 熱利用技術の基礎と最新動向
2017/11/17 2018年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2017/5/31 車載センシング技術の開発とADAS、自動運転システムへの応用
2017/5/25 EVに最適なバッテリーマネジメント技術と市場
2017/4/27 実務対応・LiBの規格と安全性試験のEV対応 2017
2017/3/10 ZEV規制とEV電池テクノロジー
2016/12/16 2017年版 次世代エコカー市場・技術の実態と将来展望
2016/11/16 2017年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2016/4/28 ドライバ状態の検出、推定技術と自動運転、運転支援システムへの応用
2016/2/26 2016年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2016/2/20 自動車用プラスチック部品・材料の新展開 2016
2015/11/20 2016年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2015/9/18 2015年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2015/2/27 2015年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2014/11/21 2015年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望