技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

高出力全固体電池に向けた界面制御の基礎と研究最前線

高出力全固体電池に向けた界面制御の基礎と研究最前線

~全固体電池の動作を電気化学と半導体物理の両面から理解する~
東京都 開催

開催日

  • 2018年11月13日(火) 12時30分 16時30分

修得知識

  • 全固体電池の基礎知識
  • 全固体薄膜電池の作製と評価
  • 固体電解質/電極界面の電気化学評価と構造解析

プログラム

 全固体電池の開発は世界中で競争となっており、特に、より高電圧で大電流が取り出せる高出力型全固体電池が注目されている。この実用化のために解決すべき課題の1つが、固体電解質と電極が形成する界面での電気抵抗低減である。
 固体電解質/電極界面の電気抵抗、つまりイオン伝導特性は、固体電解質と電極材料の組み合わせだけではなく、その界面の形成プロセスに強く依存する。そこで、高いイオン伝導特性を示す界面構造、ならびに全固体電池の開発設計指針について、最新の研究成果を紹介する。
 さらに、本セミナーでは半導体物理と電気化学の橋渡しをすることも狙いのひとつとする。全固体電池は固体からなっている。したがって、界面制御に向けて、全固体電池の動作と界面状態について、半導体物理 (固体物理) と電気化学の両面から理解することが重要である。現在の電池技術の発展において、物理や化学の縦割りは無意味であり、使える学問はすべて導入して最短時間で開発を成し遂げなければならない。そこで、電気化学の専門家には固体物理の一部である半導体物理の入門として、固体物理を専門とする方には電池研究の入門としての講義も行う。

  1. 全固体リチウム電池の基礎
    1. 全固体電池の現状と実用化への課題
    2. 半導体界面の基礎
    3. 電解質/電極界面の基礎
  2. 固体電解質/電極界面研究
    1. 界面研究の方法論
    2. 電池材料の薄膜作製と評価
    3. 薄膜型全固体電池の作製
    4. 固体電解質/金属界面におけるリチウム振る舞い
    5. 固体電解質/電極界面のイオン伝導特性
  3. 固体電解質/電極界面の構造評価
    1. 透過電子顕微鏡を用いた構造評価
    2. X線回折を用いた構造評価
    3. 全固体電池の開発設計指針
  4. 高電位正極を用いた全固体電池
    1. 電解質/電極界面におけるリチウムイオンの拡散現象
    2. 低抵抗界面の形成と高速充放電
    3. 界面アニール処理の影響
    4. ガス曝露の影響

講師

会場

ちよだプラットフォームスクウェア

B1 ミーティング R001

東京都 千代田区 神田錦町3-21
ちよだプラットフォームスクウェアの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 44,444円 (税別) / 48,000円 (税込)
複数名
: 19,907円 (税別) / 21,500円 (税込)

案内割引・複数名同時申込割引について

シーエムシーリサーチからの案内をご希望の方は、割引特典を受けられます。
また、2名以上同時申込で全員案内登録をしていただいた場合、2名様目以降は半額 (税込 21,500円)となります。

  • Eメール案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 39,815円(税別) / 43,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 59,722円(税別) / 64,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 79,630円(税別) / 86,000円(税込)
  • Eメール案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 44,444円(税別) / 48,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 88,889円(税別) / 96,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 133,333円(税別) / 144,000円(税込)

アカデミック割引

  • 1名様あたり 23,148円(税別) / 25,000円(税込)

学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。

本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2020/2/20 FT-IR・スペクトル解析 実践テクニックを身に付けるための2日間講座 東京都
2020/2/20 FT-IR測定・同定の実際とアプリケーションテクニック・コツ 東京都
2020/2/25 電気化学反応・電極反応のメカニズムと電気化学測定法および電極/溶液界面の解析 東京都
2020/2/26 シリコン系負極のサイクル特性改善、膨張・収縮対策 東京都
2020/2/27 シランカップリング剤の反応メカニズム解析、界面 (層) 形成・表面の反応状態の分析・評価方法 東京都
2020/2/28 固体イオニクス材料の総合知識 東京都
2020/3/4 分析におけるスペクトル解析の基本と応用テクニック 東京都
2020/3/4 EVにおける超急速充電の課題と対応 東京都
2020/3/5 空気電池の高性能化に向けた材料開発、その展望 東京都
2020/3/10 (有機) 電解合成・電解反応のメカニズム、導電性材料や電池材料の開発、その応用 東京都
2020/3/13 EV用リチウムイオン電池の技術と世界市場動向 東京都
2020/3/19 全固体リチウム電池の基礎と最新動向 東京都
2020/3/25 抵抗率測定ノウハウ 東京都
2020/3/25 リチウム電池の全固体化技術と "新奇" 固体電解質開発の最近の動向 東京都
2020/3/26 固体酸化物形燃料電池の基礎と最新動向および信頼性・耐久性向上への取り組み 東京都
2020/3/31 薄膜分析・評価の基礎知識とナノテクノロジーへの応用 東京都
2020/3/31 リチウムイオン電池産業分析 東京都
2020/4/15 超親水・超撥水の制御と応用展開 東京都
2020/4/16 結晶性有機系固体電解質材料の開発、特性向上と全固体電池への応用 東京都
2020/4/22 高機能化、高性能化のための表面処理法の基礎と表面分析法 東京都

関連する出版物

発行年月
2018/12/31 電気化学・インピーダンス測定のデータ解析手法と事例集
2018/11/30 EV・HEV向け電子部品、電装品開発とその最新事例
2018/10/31 リチウムイオン電池における高容量化・高電圧化技術と安全対策
2018/8/1 全固体リチウムイオン電池の展望
2018/7/31 全固体電池の基礎理論と開発最前線
2018/2/28 全固体電池のイオン伝導性向上技術と材料、製造プロセスの開発
2018/2/26 再生可能エネルギーと大型蓄電システムの技術と市場
2018/2/23 2018年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2017/11/30 次世代電池用電極材料の高エネルギー密度、高出力化
2017/8/25 2017年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2017/5/25 EVに最適なバッテリーマネジメント技術と市場
2017/4/21 2017年版 蓄電池・キャパシタ市場の実態と将来展望
2017/2/24 2017年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2016/8/26 2016年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2016/2/26 2016年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2015/8/17 バッテリー関連技術〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2015/8/17 バッテリー関連技術〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2015/6/30 導電性フィラー、導電助剤の分散性向上、評価、応用
2015/6/26 2015年版 民生機器用蓄電池市場の実態と将来展望
2015/6/26 2015年版 蓄電池・キャパシタ市場の実態と将来展望