技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

実践 リチウムイオン蓄電池の残量と劣化状態推定アルゴリズム解説

デモ (MATLABシミュレーション) で理解する

実践 リチウムイオン蓄電池の残量と劣化状態推定アルゴリズム解説

~モデル化とカルマンフィルタを中心に~
東京都 開催 演習付き デモ付き

開催日

  • 2018年11月6日(火) 10時30分 17時00分

プログラム

 近年、高エネルギー蓄積デバイスとしてリチウムイオン蓄電池が注目されているが、温度特性や劣化特性の把握が難しいなど、効果的なバッテリーマネジメント手法が求められている。
 本セミナーでは、蓄電池やスマートグリッド関連の初学者、若手技術者を対象に、リチウムイオン蓄電池の基本特性と、そのモデル化手法を理解し、効果的な残量予測や劣化予測に関する基本的な方法を習得することを目的とする。蓄電池残量に関しては、モデル化とカルマンフィルタ手法を中心に概説し、蓄電池の温度特性や劣化特性も含めて正しく測定するための手法とマイコンを使った実装例をお話しする。理解を深めるためにExcelを用いた簡単な演習も行う。また、蓄電池劣化に関しても、基本的な、劣化のメカニズムを理解した上で、その測定方法と抑制方法について紹介する。また、組電池のバランス制御など、残量、劣化の扱いについて説明する。

  1. イントロダクション
    1. 蓄電池の背景と動向
    2. リチウムイオン蓄電池の動作原理
  2. 蓄電池のモデル化
    1. 蓄電池の電気的特性、等価回路表現
    2. 蓄電池の特性測定方法
    3. 蓄電池の温度特性
    4. 他の蓄電池のモデル化方法
  3. 残量計
    1. 残量推定に用いられる方法
    2. カルマンフィルタを用いた高精度残量推定手法
    3. 演習:電池モデルとMATLABデモ
  4. 劣化のモデル化と抑制技術
    1. 蓄電池の劣化現象とモデル化
    2. 劣化の測定方法
    3. 組電池の劣化抑制
    4. 演習:劣化傾向と温度特性

講師

  • 福井 正博
    立命館大学 理工学部 電子情報工学科
    教授

会場

オームビル
東京都 千代田区 神田錦町3-1
オームビルの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 47,000円 (税別) / 50,760円 (税込)
1口
: 59,000円 (税別) / 63,720円 (税込) (3名まで受講可)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2018/12/18 EV用リチウムイオン電池に求められる特性・要素技術と中国車載バッテリーの産業動向 東京都
2018/12/19 GNSS測位の基礎とカルマンフィルタ応用、精密測位の原理 東京都
2018/12/20 高分子の耐久性向上、劣化度評価、寿命予測 東京都
2019/1/11 酸化物系全固体電池における電極・固体電解質界面の設計 東京都
2019/1/16 リチウムイオン電池および全固体二次電池の電極設計において考慮・把握すべき反応現象・反応機構の本質的理解 東京都
2019/1/17 センサフュージョン技術入門 東京都
2019/1/21 リチウムイオン電池の発火対策と安全性確保 東京都
2019/1/22 EV用リチウムイオン電池の世界情勢とビジネス戦略 東京都
2019/1/23 全固体電池の基礎理論と最新動向を学ぶ 東京都
2019/1/28 カルマンフィルタの基礎理論 東京都
2019/1/29 リチウムイオン二次電池と評価の基礎 東京都
2019/1/30 各種バインダを用いた電極特性とスラリーの製造技術 東京都
2019/1/31 リチウムイオン電池の性能・劣化・寿命評価 東京都
2019/2/15 システム同定によるモデリング (実践編) 東京都
2019/2/25 カルマンフィルタの実践 東京都
2019/2/27 絶縁破壊・劣化の基礎、測定・劣化診断と高分子絶縁材料の高機能化 東京都
2019/2/28 リチウムイオン電池の安全性試験と実施方法 東京都
2019/2/28 高分子材料・製品の寿命予測と劣化加速試験条件の設定方法 東京都
2019/3/8 スラリーの挙動と制御技術及びリチウムイオン電池電極への応用 大阪府
2019/3/25 リチウムイオン二次電池特性の測定・評価・推定法 東京都

関連する出版物

発行年月
2018/8/1 全固体リチウムイオン電池の展望
2018/2/28 全固体電池のイオン伝導性向上技術と材料、製造プロセスの開発
2018/2/26 再生可能エネルギーと大型蓄電システムの技術と市場
2018/2/23 2018年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2017/11/30 次世代電池用電極材料の高エネルギー密度、高出力化
2017/8/25 2017年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2017/4/27 実務対応・LiBの規格と安全性試験のEV対応 2017
2017/3/10 ZEV規制とEV電池テクノロジー
2017/2/24 2017年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2016/8/26 リチウムイオン電池の製造プロセス&コスト総合技術 2016
2016/8/26 2016年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2016/2/26 2016年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2015/12/8 2016年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2015/8/21 2015年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2015/8/17 バッテリー関連技術〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2015/8/17 バッテリー関連技術〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2015/6/30 導電性フィラー、導電助剤の分散性向上、評価、応用
2015/6/26 2015年版 民生機器用蓄電池市場の実態と将来展望
2015/2/27 2015年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2014/12/19 2015年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望