技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

EVシフトに伴う自動車および電池業界の動向と課題

EVシフトに伴う自動車および電池業界の動向と課題

~未来予測手法「シナリオプランニング」の活用/戦略的ロードマップの作成/ステージゲートによる絞り込み 等~
東京都 開催

開催日

  • 2018年10月29日(月) 12時30分 16時30分

受講対象者

  • 自動車業界、電池業界、部材業界、試験業界のエンジニア、マーケティング部門等

修得知識

  • 電動化の歴史と背景
  • 自動車各社および電池各社の戦略
  • 業界間競争力
  • 安全性の課題
  • 認証試験とビジネス
  • 次世代電池の可能性と展望
  • 日本の目指す方向

プログラム

 自動車の電動化の加速をもたらしたきっかけは、1990年に発効した米国CA州のZEV規制でした。その後、欧州CO2規制が、それに拍車をかけることになりました。さらに、2015年にVWが引き起こしたディーゼル排ガス不正問題によって、欧州自動車各社は一層、電動化への舵を大きく切った格好になっています。この大波の下、日欧米韓の自動車各社の戦略も次第に明確化され、投資規模も莫大な方向に向かっています。自動車各社の開発にとって、電池技術開発戦略や調達戦略が極めて重要になってきました。
 一方では、車載用電池の事故の歴史も多々あり、現在も発生しているのが実態です。そのような中、欧州から発せられた国連規則のECE R – 100 Part2では、車載パック電池での過充電や圧壊、外部短絡試験の法規化により、安全性や信頼性を担保することが義務付けられています。2016年7月から認証取得義務化が施行され、自動車業界や電池業界にとっては新たな開発負荷が加わりました。短期間で試験から認証まで可能なビジネスモデルが日本でも実現され、各業界の開発に対して手助けとなっています。
 さて、次世代電池として最も有力視されている全固体電池は本当に実現できるのでしょうか?その期待と可能性、反面、解決すべき課題についても紹介し、今後の展望についても述べることにします。
 自動車の電動化シフトと個社戦略、および電池業界の生き残り戦略等、激動の最中にある各業界の思惑と展望、技術的な課題、および知られざる実態についても解説します。

  1. 自動車電動化を取り巻く動向
    1. ZEV規制、NEV規制、欧州CO2規制強化
    2. 国内外のプロジェクト動向
    3. バッテリーシステム市場の動向
  2. EV、PHEV、HEVの実例と今後の展望
    ~ 自動車各社の戦略を含めて ~
    1. トヨタの事例
    2. ホンダの事例
    3. 日産の事例
    4. 三菱・マツダの事例
    5. 海外企業の動向
    6. エコカー開発におけるグローバル競争力の比較
  3. EV、PHEV、HEV用蓄電池システムの技術動向
    1. 電池業界の動き
      1. 各国における電池業界の状況
      2. 電池開発におけるグローバル競争力の比較
      3. 上位トップ5の位置づけ
      4. 角型金属缶タイプとラミネートタイプへの取り組み
    2. EV、PHEV、HEV用蓄電池システムの技術動向
      1. リチウムイオン電池
      2. 電池システム技術と安全性
  4. 車載用電池の事故、リコールの事例
  5. EVとバッテリー関連機器法規制と安全認証の動向
    1. 欧州、北米、中国、日本、その他
    2. 国連規則UN ECE R100 – 02.Part2による認証義務化とその対応
    3. 認証試験とその条件
  6. 次世代電池技術の展望
    1. リチウムイオン空気電池
    2. 全固体電池
  7. 質疑応答 (適宜)

会場

江東区産業会館

第5展示室

東京都 江東区 東陽4丁目5-18
江東区産業会館の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 23,139円(税別) / 24,990円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 43,750円(税別) / 47,250円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 69,417円(税別) / 74,970円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 92,556円(税別) / 99,960円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 138,833円(税別) / 149,940円(税込)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2019/6/26 自動運転技術の現状と今後の法的課題 東京都
2019/6/27 リチウムイオン二次電池用セパレータの設計と耐熱性向上 東京都
2019/6/27 車載用LIBの急速充電性能と材料技術の最新動向 東京都
2019/6/27 自動車用防振ゴムの劣化メカニズムと耐久性試験・寿命予測 東京都
2019/6/28 リチウムイオン電池・電気二重層キャパシタのバッテリマネジメントとセルバランス 東京都
2019/6/28 車載用イメージセンサ・カメラの業界・技術動向と用途展開 東京都
2019/7/2 車載機器・部品の信頼性向上を実現する放熱・耐熱技術 東京都
2019/7/4 蓄電池の資源循環技術と国内外の法規制 東京都
2019/7/5 リチウムイオン二次電池のデンドライトの生成・成長機構、その観察と対策 東京都
2019/7/10 自動車用塗料の新しいニーズと開発事例 東京都
2019/7/10 次世代自動車における熱マネジメント技術 東京都
2019/7/10 LiDARによる自己位置推定技術 東京都
2019/7/11 リチウムイオン電池の劣化診断技術 東京都
2019/7/11 電気自動車 (EV) におけるパワーエレクトロニクス及びそのコンポーネント技術の現状把握と将来展望 愛知県
2019/7/11 ADAS (先進運転支援システム) 用センサの技術動向と今後の展望 東京都
2019/7/12 全固体電池超入門 東京都
2019/7/19 周辺環境センシング技術と悪天候対応 東京都
2019/7/19 スラリーの分散・調製技術と分散状態評価 東京都
2019/7/23 自動車排ガス浄化触媒材料の評価・解析と高機能化 東京都
2019/7/24 クルマのEV化・自動運転化および、モビリティサービス化 (CASE/MaaS)を実現する技術・事業戦略 東京都

関連する出版物

発行年月
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例
2019/1/31 マテリアルズ・インフォマティクスによる材料開発と活用集
2018/11/30 EV・HEV向け電子部品、電装品開発とその最新事例
2018/10/31 リチウムイオン電池における高容量化・高電圧化技術と安全対策
2018/8/1 全固体リチウムイオン電池の展望
2018/7/31 全固体電池の基礎理論と開発最前線
2018/6/30 ADAS・自動運転を支えるセンサーの市場動向
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2018/2/28 全固体電池のイオン伝導性向上技術と材料、製造プロセスの開発
2018/2/26 再生可能エネルギーと大型蓄電システムの技術と市場
2018/2/23 2018年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2017/11/30 次世代電池用電極材料の高エネルギー密度、高出力化
2017/11/17 2018年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2017/8/25 2017年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2017/5/31 車載センシング技術の開発とADAS、自動運転システムへの応用
2017/5/25 EVに最適なバッテリーマネジメント技術と市場
2017/4/27 実務対応・LiBの規格と安全性試験のEV対応 2017
2017/4/21 2017年版 蓄電池・キャパシタ市場の実態と将来展望
2017/3/10 ZEV規制とEV電池テクノロジー
2017/2/24 2017年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望