技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

アトピー性皮膚炎治療における抗体医薬の位置づけと薬物治療の変化

アトピー性皮膚炎治療における抗体医薬の位置づけと薬物治療の変化

東京都 開催 会場 開催

開催日

  • 2018年9月14日(金) 10時00分 17時15分

プログラム

第1部. アトピー性皮膚炎診療ガイドラインに基づく治療法と今後の展望

(2018年9月14日 10:00〜12:00)

 アトピー性皮膚炎診療ガイドライン2016年版は、小児から成人まですべての重症度を対象に国内外の新知見を加えて作成された。基本的な治療法から重症かつ難治性の治療法に至るまで記載しており、スタンダードな治療法として日常診療で役立っている。今回新たに加えられた知見をいくつか紹介するとともに、現状の治療法の問題点を列挙していく。今年に入って国内では10年ぶりとなる新しい治療薬デュピクセント (生物学的製剤) が発売になった。投与開始16週のEASI – 75は51%と高い有効性を示している。さらに新規の生物学的製剤ネモリズマブの治験が当大学においても開始されており、短期間の有用性を報告したい。とくに睡眠障害をきたす程の強いかゆみの治療薬として役立つものと期待している。今後新規の治療薬が順調に進行すると、近い将来重症のアトピー性皮膚炎患者を外来診療で容易にコントロールできる時代が来るかもしれない。

  1. アトピー性皮膚炎診療ガイドライン2016年版
  2. アトピー性皮膚炎のスタンダードな治療法
  3. 重症かつ難治性アトピー性皮膚炎の治療法
  4. とくに入院療法の有用性と安全性の検証
  5. 新しい治療薬デュピクセント (生物学的製剤) の有用性
  6. 新規の生物学的製剤ネモリズマブの治験状況
  7. 今後の期待できる新薬に関して
    • 質疑応答

第2部. アトピー性皮膚炎治療における抗体医薬の位置づけと今後の展望

(2018年9月14日 12:45〜14:45)

 多くのアトピー性皮膚炎患者の症状はガイドラインに則った適切な治療によって、長期間良い状態に維持され、寛解も可能である。しかしながら、国内で最初のガイドラインが作成されてから十数年を経た今でも症状が遷延し、生活の質の低下や社会生活に支障をきたしている患者が存在し、現在のアトピー性皮膚炎診療の抱える課題に直面する。本講演ではアトピー性皮膚炎診療の現状と課題に加え、新規抗体医薬に期待される役割、適用となる患者を概説し、今後の展望を総括する。

  • アトピー性皮膚炎の治療法・治療薬の変遷
  • 現在のガイドラインに基づく、重症アトピー性皮膚炎患者を寛解に導く方法
  • 外用剤を中心とした既存治療の課題
  • 新規抗体医薬の効果
  • 新規抗体医薬の適用となる患者像
  • アトピー性皮膚炎治療の今後の展望
  • 質疑応答

第3部. アトピー性皮膚炎治療薬の医療経済評価

(2018年9月14日 15:15〜17:15)

 2016年4月より費用対効果評価の試行的導入が始まり、現在中医協では2019年4月からの本格導入に向けた検証作業が進められています。今後の新規医薬品の薬価交渉戦略においてはこうした動向を意識した考え方を取り入れる必要があると考えられます。本講座ではアトピー性皮膚炎治療薬の医療経済評価を実施する上でのポイントを、試行的導入に関する中医協におけるこれまでの議論や最新の費用対効果評価方法の紹介も織り交ぜながら、わかりやすく解説します。

  1. 費用対効果評価の試行的導入
    • 試行的導入の概要
    • 本格導入に向けた昨今の動向
  2. 医療経済評価の基礎
    • 医療経済評価とは
    • 主な分析手法
    • 質調整生存年 (QALY) とは
    • 分析モデルの種類
    • 増分費用効果比 (ICER) の考え方
    • 感度分析
  3. アトピー性皮膚炎治療薬の費用効果分析
    • アトピー性皮膚炎治療薬の追加的有効性・安全性とは
    • 先行研究の紹介と解説
    • 質疑応答

講師

  • 向井 秀樹
    東邦大学医療センター大橋病院 皮膚科
    客員教授
  • 田中 暁生
    広島大学 大学院 医歯薬保健学研究科 皮膚科学
    准教授
  • 井上 幸恵
    クレコンメディカルアセスメント株式会社
    ダイレクター

会場

株式会社 技術情報協会
東京都 品川区 西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
株式会社 技術情報協会の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 60,000円 (税別) / 64,800円 (税込)
複数名
: 55,000円 (税別) / 59,400円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 55,000円(税別) / 59,400円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 60,000円(税別) / 64,800円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 110,000円(税別) / 118,800円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 165,000円(税別) / 178,200円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/7/19 非無菌医薬品の環境モニタリングおよびリスクアセスメント実施手順 オンライン
2022/7/19 改正GMP省令対応 GMP入門講座 オンライン
2022/7/19 体外診断用医薬品の開発から市場までのストーリー作成とプロトコル作成のポイント オンライン
2022/7/19 吸入・経鼻剤の製剤設計と生物学的同等性の評価について 東京都 会場
2022/7/20 体外診断用医薬品の開発から市場までのストーリー作成とプロトコル作成のポイント オンライン
2022/7/20 オーファンドラッグの開発戦略と事業性評価の考え方 オンライン
2022/7/20 有害事象と医薬品の因果関係評価について オンライン
2022/7/20 わかりやすい新倫理指針と個人情報保護法および最近の院内治験の現状と動向 オンライン
2022/7/20 再生医療等製品申請における生物由来原料基準の要件とカルタヘナ法対応 オンライン
2022/7/21 改正GMP省令に対応したQA業務(ハード・ソフト)とGMP文書管理/作成・教育訓練実施 (全4コース) オンライン
2022/7/21 医薬品品質試験への実用化にむけたラマン分光法とデータ解析 オンライン
2022/7/21 基礎から学ぶQCとQAに求められる分析法バリデーションとその関連知識 オンライン
2022/7/21 GMP作業者に対する効果的な教育訓練実施と教育カリキュラム策定 (アーカイブ配信) オンライン
2022/7/21 製薬用水の管理と設備/設計・バリデーション/設備適格性評価 オンライン
2022/7/21 Excelで可能な医療用医薬品の販売予測の方法 オンライン
2022/7/21 各規制/当局 (MHRA・WHO・FDA・PIC/S) が要求するGxP データインテグリティ (DI) 適合への実践的対応 オンライン
2022/7/21 品質リスクマネジメントの具体的な実施方法セミナー (医薬品) オンライン
2022/7/22 治験薬GMP入門 オンライン
2022/7/22 新添加剤承認申請に求められる安全性データと申請資料作成 オンライン
2022/7/22 暴露許容値 (ADE/PDE) 設定の基礎知識とその活用方法 オンライン