技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

イオン伝導性ナノファイバーの電解質特性と全固体型二次電池用電解質の開発

イオン伝導性ナノファイバーの電解質特性と全固体型二次電池用電解質の開発

東京都 開催

開催日

  • 2018年9月10日(月) 13時30分 16時30分

受講対象者

  • 電池材料、固体電解質膜に関心のある技術者、開発者、研究者

修得知識

  • ナノファイバーの特性
  • ナノファイバーの機能 (物性、伝導性など)
  • ナノファイバーを用いた燃料電池や全固体二次電池の展開とその可能性

プログラム

 環境問題、エネルギー問題の解決に資する研究領域として固体電池がある。例えば、Li二次電池は電解質に有機液体を用いているため、安全性や成型性に問題があり、その固体化が望まれてきた。固体電解質膜として有機高分子を用いた研究が数多く行われてきたが、必ずしも実用化に繋がる材料開発には至っていない。
 我々は、ナノファイバーが持つ特性 (超比表面積効果、ナノサイズ効果、超分子配列効果) を利用することにより、これまでにない高分子形固体電解質膜の開発が可能であることを報告してきた。既に燃料電池用の電解質膜としてプロトン伝導性ナノファイバーフレームワークからなる電解質膜において、伝導性、ガスバリア性、安定性、薄膜化を著しく改善できることを明らかにしている。
 本セミナーでは、リチウムイオン伝導性ナノファイバーフレームワークからなる新しい全固体型Li二次電池に関して、コンセプト、作製法、リチウムイオン伝導性、電池特性について紹介する。

  1. ナノファイバーの特性とそのイオン伝導性
    1. ナノファイバーの合成
      • エレクトロスピニング法についての解説
    2. ナノファイバーの物性
      • ナノファイバーが持つ化学的、物理的特性
    3. ナノファイバーの伝導性
      • ナノファイバーを用いてイオン伝導性を向上させるための考え方
  2. イオン伝導性ナノファイバーフレームワークを用いた全固体型Li二次電池の開発
    1. これまでの全固体型Li二次電池の現状
      • 高分子材料、無機材料の問題点
    2. ナノファイバーからなる新奇全固体型Li二次電池の開発
      • リチウムイオン伝導性、輸率、デンドライド抑制、薄膜化などの問題解決に向けた取り組み
  3. 今後の展開

講師

  • 川上 浩良
    首都大学東京 都市環境学部 環境応用化学科
    教授

会場

ちよだプラットフォームスクウェア

ミーティングルーム 5F 503

東京都 千代田区 神田錦町3-21
ちよだプラットフォームスクウェアの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 44,444円 (税別) / 48,000円 (税込)
複数名
: 19,907円 (税別) / 21,500円 (税込)

案内割引・複数名同時申込割引について

シーエムシーリサーチからの案内をご希望の方は、割引特典を受けられます。
また、2名以上同時申込で全員案内登録をしていただいた場合、2名様目以降は半額 (税込 21,500円)となります。

  • Eメール案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 39,815円(税別) / 43,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 59,722円(税別) / 64,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 79,630円(税別) / 86,000円(税込)
  • Eメール案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 44,444円(税別) / 48,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 88,889円(税別) / 96,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 133,333円(税別) / 144,000円(税込)

アカデミック割引

  • 1名様あたり 23,148円(税別) / 25,000円(税込)

学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。

本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2019/8/26 固体高分子形燃料電池の基礎と最新の研究開発動向および解析技術 東京都
2019/8/27 リチウムイオン二次電池用セパレータの耐熱性向上と安全性試験 東京都
2019/8/27 リチウムイオン二次電池工学セミナー 東京都
2019/8/27 次世代自動車に求められる蓄電技術とEV用超急速充電技術 東京都
2019/8/29 リチウムイオン電池の安全性確保と国内外の関連規制動向 東京都
2019/8/29 リチウムイオン2次電池・次世代電池の課題を解決する新規な電池理論 東京都
2019/8/30 全固体リチウム電池の基礎と最近の研究動向 東京都
2019/8/30 測定技術 パワエレにおける評価項目と測定技術 神奈川県
2019/9/3 セルロースナノファイバーの基本特性と樹脂複合化による実用化展開 大阪府
2019/9/4 最前線でのLi-ion電池に対する容量劣化 (SOC) 評価技術 東京都
2019/9/5 リチウムイオン電池材料の開発動向と安全性・寿命解析技術 大阪府
2019/9/11 二酸化炭素削減対策技術 東京都
2019/9/11 エンジンを搭載した電動車両における排気熱発電システムの実用性 東京都
2019/9/12 全固体二次電池の作製と無機固体電解質における粒界・界面抵抗と評価 東京都
2019/9/13 全固体電池の展望と電極・固体電解質界面の設計 東京都
2019/9/13 リチウムイオンバッテリーの長期安定利用に向けた、マネジメント・セルバランス技術 東京都
2019/9/18 最新事例セルロースナノファイバーのプラスチック複合化技術 東京都
2019/9/26 スラリー調製・分散評価の要点 東京都
2019/9/27 全固体電池の界面設計とイオン伝導性向上 東京都
2019/9/27 インピーダンス、パルス測定の基礎とリチウムイオン二次電池のデータ解析のポイント 東京都

関連する出版物

発行年月
2019/1/31 マテリアルズ・インフォマティクスによる材料開発と活用集
2018/10/31 リチウムイオン電池における高容量化・高電圧化技術と安全対策
2018/8/1 全固体リチウムイオン電池の展望
2018/7/31 全固体電池の基礎理論と開発最前線
2018/3/30 熱利用技術の基礎と最新動向
2018/2/28 全固体電池のイオン伝導性向上技術と材料、製造プロセスの開発
2018/2/26 再生可能エネルギーと大型蓄電システムの技術と市場
2018/2/23 2018年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2017/11/30 次世代電池用電極材料の高エネルギー密度、高出力化
2017/11/17 2018年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2017/9/29 触媒からみるメタン戦略・二酸化炭素戦略
2017/9/22 2017年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望
2017/8/25 2017年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2017/7/21 2017年版 スマートコミュニティ市場の実態と将来展望
2017/5/26 2017年版 HEMS市場・関連機器の実態と将来展望
2017/4/27 実務対応・LiBの規格と安全性試験のEV対応 2017
2017/3/24 2017年版 スマートエネルギー市場の実態と将来展望
2017/3/10 ZEV規制とEV電池テクノロジー
2017/2/24 2017年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2017/1/27 2017年版 太陽光発電市場・技術の実態と将来展望