技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

AI創薬で取得すべき特許とその権利化

AI創薬で取得すべき特許とその権利化

~保護範囲はどこまでか ・日米欧におけるAI発明の取り扱いとは~
東京都 開催

開催日

  • 2018年8月30日(木) 10時00分 17時00分

プログラム

 創薬にAIを応用することが俄かに注目されるようになってきた。AIの創薬への応用は、前世紀からみられたものであるが、計算速度の上昇と、自律的AIの普及が創薬においてもパラダイムシフトを起こし、2010年以降のシーズの枯渇が露見したこと相まって注目されるに至っているといえる。
 本講座では、AI創薬について一度立ち止まって整理し、関連する法的問題も整理・俯瞰し、他方で、AI利用技術の例を検討し、取得しておくべき権利を日本を含むグローバルな視点で検討することを目的とする。 また、そのために、必要となるR&D戦略や、規制 (Regulations) 対応も併せて検討し、AIを利用した複眼知財戦略を受講者の皆様と一緒に考えたい。

  1. AI創薬について
    1. 創薬
    2. AIについて
    3. AI創薬 (総論)
    4. AI創薬 (各論)
      1. ドラッグ・リポジショニング
      2. ビッグデータ創薬
      3. リード化合物の最適化
      4. タンパク質相互作用と標的分子の予測
      5. 臨床データとAI
      6. リアルワールドデータ (RWD) とAI
  2. 知的財産とAI
    1. 知的財産と知的財産権
    2. 特許
    3. 知財としてのビッグデータ・臨床データ
    4. AI創薬の特許とその問題点
    5. AI創薬特許 (各論;1.4の各例を検討)
    6. 各国におけるAI発明の取り扱い
      1. 主要国 (日米欧) における審査基準
      2. 主要国 (日米欧) における裁判例
      3. 主要国以外の状況
  3. 知財戦略・ポートフォリオ・ランドスケープ
    1. 知財戦略とAI
    2. 知財ポートフォリオ・ランドスケープとAI
    3. 戦略策定の肝
  4. 規制・プライバシーとAI・IT技術
    1. レギュラトリーサイセンス
    2. 規制とイノベーションとAI
    3. 個人情報保護とビッグデータ・臨床試験
  5. まとめ
    1. AIベースの知財戦略~向こう20年を見る
    2. ブレスト・タイム 事例を見て考える
    3. まとめ Q&A項
    • 質疑応答

講師

  • 馰谷 剛志 (駒谷 剛志)
    山本秀策特許事務所 特許部門 (化学・バイオ・医薬)
    リーダー / 弁理士 (侵害訴訟代理付記)

会場

株式会社 技術情報協会
東京都 品川区 西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
株式会社 技術情報協会の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,000円 (税別) / 54,000円 (税込)
複数名
: 45,000円 (税別) / 48,600円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 45,000円(税別) / 48,600円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 54,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 97,200円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 145,800円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2019/2/18 AIエンジニア講座 大阪府
2019/2/18 医薬品の開発・マーケティング・プロモーションにおけるKOLドクターの選定・評価とコンプライアンス上の留意点 東京都
2019/2/18 機械学習によるデータ分析の正しい進め方と評価方法 東京都
2019/2/18 先発品企業のためのジェネリック対抗の落とし穴と製品マネジメント戦略 東京都
2019/2/18 経皮吸収製剤における評価と生物学的同等性試験のポイント 東京都
2019/2/19 製薬共用設備における毒性学的評価による洗浄バリデーション 東京都
2019/2/19 スパースモデリング入門 東京都
2019/2/19 医薬品ライフサイクルマネジメントのための特許の基礎知識と戦略的活用 東京都
2019/2/19 やさしいGMP超入門 (2日間) 東京都
2019/2/20 洗浄バリデーションの基礎と残留許容値、回収率設定の科学的根拠の示し方 東京都
2019/2/20 ディープラーニングの基礎の考え方と実践のコツ 東京都
2019/2/20 AI / IoT技術における日本・海外の特許動向と特許化のポイント 東京都
2019/2/21 機械学習による画像物体認識の仕組みと最新動向 東京都
2019/2/21 例文で解説するGMP文書や海外当局査察で頻出する英語表現 東京都
2019/2/21 ICH-E6 (R2) ・データインテグリティ要求をふまえた臨床開発における資料の電子化保管、管理の留意点とCSV・信頼性保証 東京都
2019/2/21 バイオ医薬品 / 抗体医薬品の精製工程と次世代精製技術の研究開発動向 東京都
2019/2/22 マテリアルズ・インフォマティクスの活用事例 東京都
2019/2/22 細胞培養の基礎と品質管理/トラブル対策 東京都
2019/2/22 認知症治療薬開発の現状と今後必要とされる薬剤の開発 東京都
2019/2/25 研究者・技術者のためのパテントマップ入門 東京都

関連する出版物

発行年月
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例
2018/11/30 希少疾患用医薬品の適応拡大と事業性評価
2018/10/8 P&G 技術開発実態分析調査報告書
2018/10/8 P&G 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2018/9/28 腸内細菌叢を標的にした医薬品と保健機能食品の開発
2018/8/31 がん治療で起こる副作用・合併症の治療法と薬剤開発
2018/7/31 医薬品・医療機器・再生医療開発におけるオープンイノベーションの取り組み 事例集
2018/6/29 医薬品グローバル開発に必要な英語実務集
2018/5/31 “人工知能”の導入による生産性、効率性の向上、新製品開発への活用
2018/5/18 創薬のための細胞利用技術の最新動向と市場
2018/1/30 バイオ医薬品のCTD-Q作成 - 妥当性の根拠とまとめ方 -
2017/9/29 疾患・病態検査・診断法の開発
2017/8/31 きのこの生理機能と応用開発の展望
2017/6/21 体外診断用医薬品開発ノウハウ
2014/11/15 医薬品メーカ20社〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/11/15 医薬品メーカ20社〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/30 キヤノン〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/30 キヤノン〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/25 有機EL〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/25 有機EL〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)