技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

研究開発に役立つ特許情報分析

研究開発に役立つ特許情報分析

東京都 開催

概要

本セミナーでは、特許データベースの使い方、目的に応じた特許の解析手法と解析事例を紹介しながら、知財情報解析 (IPランドスケープ) をわかりやすく説明いたします。

開催日

  • 2018年5月30日(水) 12時30分 16時30分

受講対象者

  • 製造業務に携わる若手技術・研究者
  • 企業及び大学の知財担当者
  • 知財の活用を考えている方
  • 企業戦略を考えながら開発を進めたい方
  • 儲かる技術を開発したいと考えている方

修得知識

  • 研究者開発者にとって、最低限必要な知財の知識
  • 特許調査方法及びその重要性
  • 特許制度の概要
  • 様々な目的に応じた特許分析手法
  • 特許データベースについて
  • 他社特許からアイデアを産む方法

プログラム

 特許情報を分析すると、イノベーションのネタ (新規技術) 、研究開発テーマ、発明者の開発動向等の様々な有益な知見が得られます。さらに、特許情報解析の目的は、技術動向の把握、競合会社の開発動向調査、新規用途探索のための調査、特許活用先又は技術提携先の探索、重要特許の自動抽出など多岐にわたり、それぞれの目的に応じた解析方法がありますので、目的別に分析手法や適用事例を解説します。
 本講座では、知財の初心者の方でも分かり易くご理解いただくよう、知財の基本的な知識や特許データベースの使い方を説明したうえで、目的に応じた特許の解析手法と解析事例を紹介しながら、知財情報解析 (IPランドスケープ) を分かりやすく説明します。

  1. 特許情報解析の概要
  2. 知的財産の基礎知識
    1. 知的財産の基礎知識
    2. 特許情報の収集 (国内外の特許データベース等)
    3. 特許情報以外の活用
      1. 意匠情報・商標情報の活用
      2. 学術文献情報の活用
      3. 企業情報・市場情報の活用
    4. 特許マップ及びテキストマイニングの基礎知識
  3. 目的別の特許情報解析
    1. 技術動向分析・競合分析
    2. M&A候補、アライアンス先の探索
    3. 自社技術の新分野への適用
    4. 新技術の探索 (イノベーションのネタ探し)
  4. 適用事例の紹介 (事例は多少変更する場合がございます)
    1. 明治の乳酸菌特許
    2. ジレット出願戦略
    3. テキストマイニング適用事例
    4. ドローン業界の動向分析
    5. サントリーを取り巻く競合分析
    6. 新興国の知財情報の収集と分析
    7. 自動運転技術の動向分析
  5. まとめ
    1. 経営戦略・事業戦略に役立つ分析をするために
    2. 質疑応答

会場

江東区産業会館

第1会議室

東京都 江東区 東陽4丁目5-18
江東区産業会館の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 23,139円(税別) / 24,990円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 43,750円(税別) / 47,250円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 69,417円(税別) / 74,970円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 92,556円(税別) / 99,960円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 138,833円(税別) / 149,940円(税込)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2018/10/22 研究開発体制の再編とイノベーションを生む研究所の作り方 東京都
2018/10/22 研究開発ポートフォリオの軸設定と仕組み構築およびマネジメント手法 東京都
2018/10/23 IPランドスケープの手法と効果的な活用の仕方 東京都
2018/10/24 潜在ニーズの見える化、新製品開発への応用 東京都
2018/10/25 AI / IoT 開発競争を勝ち抜くための海外特許動向と発明発掘・権利化のポイント 東京都
2018/10/26 研究開発テーマにおける費用対効果の考え方とその算出方法 東京都
2018/10/29 開発新薬の市場性/事業性に関する経営層への“説明説得”と売上予測・PJ評価 東京都
2018/10/29 技術開発のためのロードマップ作成手法と実践的な活用方法 東京都
2018/10/29 経営層を説得できる・納得させる研究開発テーマのマネジメントとプロセス・評価の見える化 東京都
2018/10/30 研究開発部門のマネジメント術・組織力UP特別セミナー 東京都
2018/10/30 企業人が使う機器分析入門 東京都
2018/11/7 新規事業テーマの発掘とその進め方 東京都
2018/11/7 技術者に必要な経済性工学とその実践 愛知県
2018/11/8 後発で勝つための知的財産・事業参入戦略 愛知県
2018/11/9 知財 (IP) ランドスケープの分析、評価、活用法 東京都
2018/11/9 技術広報・技術コミュニケーションの全体像と具体的活動 東京都
2018/11/13 自分で出願できますか? 権利化できますか? 東京都
2018/11/14 オープン&クローズ戦略と知財マネジメントの実施 東京都
2018/11/16 再生医療、細胞治療における細胞培養技術の特許戦略 東京都
2018/11/19 『自社保有技術』の棚卸し&『コア技術』の明確な定義・設定プロセスと強化手法 東京都

関連する出版物

発行年月
2018/10/8 P&G 技術開発実態分析調査報告書
2018/10/8 P&G 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2018/9/28 コア技術を活用した新規事業テーマの発掘、進め方
2014/7/30 キヤノン〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/30 キヤノン〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/25 有機EL〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/25 有機EL〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/15 化粧品13社〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/15 化粧品13社〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/10 芳香剤 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/10 芳香剤 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/6/1 パテントマップの全知識 (増刷改訂版)
2013/12/20 紙おむつ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/12/20 紙おむつ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2013/10/20 TI〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/10/20 TI〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書
2013/9/25 マシニングセンタ 技術開発実態分析調査報告書
2013/9/25 マシニングセンタ 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/8/13 不織布〔2013年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/8/13 不織布〔2013年版〕 技術開発実態分析調査報告書