技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

次世代自動車における熱マネジメント技術

次世代自動車における熱マネジメント技術

東京都 開催

概要

本セミナーでは、駆動方式の変遷や今話題の48V化の動向をおさえながら、次世代車に求められる空調システム・熱マネジメントについて詳解いたします。

開催日

  • 2018年5月29日(火) 13時30分 16時30分

受講対象者

  • 自動車の熱マネジメントに関わる設計者や評価者
  • 熱マネジメントに関係する材料の開発者
  • 自動車の空調および冷却系の開発者

修得知識

  • 自動車の熱マネジメント技術
  • 排熱回収技術
  • 自動車の駆動源変遷とその課題
  • 熱マネジメントに関わる材料技術

プログラム

 地球温暖化防止や資源保護の観点から、さらなる自動車燃費の改善が要望されている。自動車用ガソリンエンジンの熱効率はせいぜい40%で、大半が熱として捨てられている。エンジン単体の改良が限界を迎えつつある現在、これらの損失を回収して使う必要が出てきている。
 本セミナーでは、自動車の駆動源変遷を説明するとともに、今後、ますます重要になる熱マネジメントおよび関連する材料についても解説する。 また今後普及が予想される自動運転の時代に必要な熱マネジメントもあわせて説明する。

  1. 地球からの要請
    • 温暖化
    • CO2排出量
    • クルマからのCO2排出量
    • 化石燃料
    • オイルコスト
    • 3.11インパクト
    • 再生可能エネルギ
    • 自動車の燃費改善
    • 規制
  2. 自動車の駆動源変遷
  3. エンジンの効率改善
  4. 過給ダウンサイジング
  5. 欧州の駆動源変遷
  6. クリーン・ディーゼル
  7. ハイブリッド車の分類
  8. PHV、EV、FCV
  9. EVの普及
  10. CO2排出量比較
  11. EVの課題
  12. 48Vハイブリッドとは
  13. 駆動源変遷と冷却系/エアコンの変化
  14. EV用・ハイブリッド車用エアコン
  15. モータ・インバータ冷却
  16. クリーン・ディーゼル車の補助暖房
  17. CO2冷媒のエアコン
  18. 熱マネジメント
  19. エアコンの改善
  20. 自動運転
  21. 今後の熱交換器の改善
  22. 熱負荷、空調快適性、温冷感

講師

  • 原 潤一郎
    カルソニックカンセイ株式会社 環境技術開発グループ
    シニアエキスパートエンジニア

会場

ちよだプラットフォームスクウェア
東京都 千代田区 神田錦町3-21
ちよだプラットフォームスクウェアの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 44,444円 (税別) / 48,000円 (税込)
複数名
: 19,907円 (税別) / 21,500円 (税込)

案内割引・複数名同時申込割引について

シーエムシーリサーチからの案内をご希望の方は、割引特典を受けられます。
また、2名以上同時申込で全員案内登録をしていただいた場合、2名様目以降は半額 (税込 21,500円)となります。

  • Eメール案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 39,815円(税別) / 43,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 59,722円(税別) / 64,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 79,630円(税別) / 86,000円(税込)
  • Eメール案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 44,444円(税別) / 48,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 88,889円(税別) / 96,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 133,333円(税別) / 144,000円(税込)

アカデミック割引

  • 1名様あたり 13,889円(税別) / 15,000円(税込)

学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。

本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2019/2/22 自動運転のための画像処理を中心としたセンサフュージョン技術 東京都
2019/2/25 自動車用遮音・吸音材料の設計、適用方法と車室内の防音設計 東京都
2019/2/25 自動車用CFRP・CFRTPの最新動向と、CFRTPの自動車適用技術開発プロジェクト 東京都
2019/2/26 自動車用パワーエレクトロニクスの基礎と技術動向 東京都
2019/2/26 自動運転の現状および完全自動運転を可能にする技術動向と応用展開 東京都
2019/2/27 ディスプレイ用光学フィルムの技術動向と開発のポイント 東京都
2019/2/28 熱可塑性CFRPプリプレグの作製、成形加工と耐久性向上 東京都
2019/3/4 自動車分野における吸音・遮音のメカニズムと材料開発の指針 大阪府
2019/3/6 コネクテッドカーの展望と求められるセキュリティ対策 東京都
2019/3/6 AEC-Q100やJEITA ED-4708を中心とした車載用半導体信頼性認定ガイドライン 東京都
2019/3/7 自動車触媒のナノ粒子材料と物性、評価法の基礎 東京都
2019/3/8 モータ駆動システムにおける磁性材料の要求特性と活用技術 東京都
2019/3/8 車載用パワー半導体のパッケージ技術 東京都
2019/3/12 車載用イメージセンサ・カメラの業界・技術動向と用途展開 東京都
2019/3/13 自動車室内の熱マネジメント技術と快適性向上 東京都
2019/3/14 車載用DC-DCコンバータとインダクタ・トランスの設計 東京都
2019/3/19 誘導モータの技術と実用動向 東京都
2019/3/19 車載カメラを用いた画像認識技術及び制御技術 東京都
2019/3/19 車載カメラ、ディスプレイの技術・市場動向 東京都
2019/3/19 リチウムイオン2次電池・次世代電池の課題を解決する新規な電池理論 東京都

関連する出版物