技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

Visual SLAM : 応用編

Visual SLAM : 応用編

~単眼カメラ, RGBDカメラを用いたvSLAM / センサーフュージョンに基づくvSLAM / 3次元計測全般の技術動向~
東京都 開催

開催日

  • 2017年12月15日(金) 10時30分 16時30分

プログラム

 本セミナーでは、3次元計測やロボットの自動制御、拡張現実感の基盤技術として利用されるVisual SLAM (vSLAM) の技術を解説します。単眼カメラ (RGBカメラ) を用いるvSLAMとRGBDカメラを用いるvSLAMに関し、それぞれの基本原理、従来取り扱われてきた技術課題、最新の技術動向を説明します。
 また、HololensやGoogle Tangoにも用いられているIMUなどを用いたセンサーフュージョンに基づくvSLAMの技術動向も解説いたします。最後に、vSLAMの関連研究であるオフライン型 (バッチ型) の3次元計測技術とvSLAMの違いを解説し、3次元計測技術全般の技術動向を紹介します。
 本セミナーは、画像処理及びカメラ幾何の基本的な知識があり、vSLAMや3次元計測の技術動向を知りたい人を対象とし、実務における問題解決を目指せるための知識を身に着けることを目的とします。

  1. vSLAMの原理
  2. 単眼カメラを用いたvSLAMの技術動向
  3. RGBDカメラを用いたvSLAMの技術動向
  4. センサーフュージョンに基づくvSLAMの技術動向
  5. vSLAMとオフライン型 (バッチ型) の3次元計測の違い
  6. 3次元計測全般の技術動向

講師

会場

オームビル
東京都 千代田区 神田錦町3-1
オームビルの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 47,000円 (税別) / 50,760円 (税込)
1口
: 59,000円 (税別) / 63,720円 (税込) (3名まで受講可)
本セミナーは終了いたしました。

関連する出版物

発行年月
2015/8/17 防犯・監視カメラ〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2015/8/17 防犯・監視カメラ〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/3/7 画像処理・画像符号化・画像評価法
2013/8/2 HLAC特徴を用いた学習型汎用認識
2013/6/21 機械学習によるパターン識別と画像認識への応用
2013/6/1 画像診断機器(磁気共鳴) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/6/1 画像診断機器(磁気共鳴) 技術開発実態分析調査報告書
2013/3/29 3次元物体認識手法とその応用 (カラー版)
2012/10/25 電子写真装置の定着技術 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2012/10/25 電子写真装置の定着技術 技術開発実態分析調査報告書
2012/6/20 画像復元・超解像技術の基礎と応用
2012/4/20 デジカメ主要8社の静止画信号処理技術 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2012/4/20 デジカメ主要8社の静止画信号処理技術 技術開発実態分析調査報告書
2011/2/4 入門 画質改善・画像復元・超解像技術
2010/11/15 防犯・監視カメラ 技術開発実態分析調査報告書
2010/11/10 高ダイナミックレンジ画像処理技術とMATLABシミュレーション
2010/9/24 JPEG XR画像符号化方式と性能評価
2010/2/22 画像理解・パターン認識の基礎と応用
2009/9/16 H.264 / MPEG-4 AVC 拡張規格・応用例・最新動向
2008/3/26 劣化画像の復元・ノイズ除去による高画質化